2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 2007年6月17日 - 2007年6月23日 | トップページ | 2007年7月1日 - 2007年7月7日 »

2007年6月24日 - 2007年6月30日

2007年6月30日 (土)

原爆はしょうがない?

今日、長崎出身の久間防衛相が講演で、第二次世界大戦中のアメリカによる広島・長崎による原爆投下を、 「間違えると北海道までソ連に占領されていた。原爆も落とされて長崎は本当に無数の人が悲惨な目にあったが、『あれで戦争が終わったんだ』 という頭の整理でしょうがないなと思っている」と発言し、物議を醸しています。

安倍首相は問題にはしないとしているらしいですが、野党を始め関係各所から抗議が殺到しているそうな。 原爆投下については様々な考えがあり、大臣が言ったような考え方をする方もいると思いますし、それを否定するのもどうかと思いますが、 現職の大臣、しかも防衛相がこのような発言をするのはいかがなものかと思います。

どうも終戦が遅れて、ソ連に占領されることをおそれていたみたいですが、ではアメリカに占領されたから結果的によかったのか。 現在のロシアの人にもよい印象を与えないと思います。

それにしても安倍内閣の閣僚さんたちは次から次へと話題提供してくれますね。そのほとんどが決してよい意味ではないのですが、 社会保険庁年金問題といい、政治不信を次々に招いているような気がします。

また出ちゃいました

昨日の金曜日は疲れていたからか、布団にも入らずいつの間にか寝てしまっていました。休み前なのでまぁいいのですが、 もったいない夜の過ごし方です。

夜の1時くらいに目が覚めてトイレに行き、ベッドをおろして麦茶を飲んで寝ようかと思ってふと風呂場の方を見ると、怪しい黒い影が・・ ・。そうです、またしても出やがったのです、ヤツが・・・。最近蒸し暑い日が続き、 さらにちょっと生ゴミをそのままにしてしまったので出てきてしまったのでしょう。

寝ぼけ眼をこすりながらすぐさま科学の力に頼るべく殺虫剤を握りしめ、ヤツに吹きかける。 のたうち回るヤツに向かってこれでもかと吹きかける!こういうときに殺虫剤を用意しておいてよかった~。 前回登場したときは小さめのヤツだったのですが、今回はしっかり成虫。うーん、どこから紛れ込んで来やがったのか・・・。

クスリで弱まったヤツを前に、最後はどうしてくれようか迷ってしまいました。というのもウメは新聞を取っていないので、 最後の一撃を加えるものがありません。しばらく呆然としていると目に入ったのは読み終わった電化製品のカタログ。よし、これだ! と思って気合いを入れてつぶさないように「エイヤー!」と打撃を加えてやりました。

そのあとティッシュで包んでポイ。次の日の朝、近くの薬局に開店と同時に行き、バルサンとコンバットを購入、 家に帰ってコンバットをばらまきバルサンを炊いて避難しました。これで一網打尽・・・もうウメハウスではヤツを見かけるわけにはいきません。

焼いただけの料理

ウメの作る料理はゆでるだけとか焼いただけとか手の込んでいないものが多い料理とは言えないものが多いです。そもそも包丁を使わないことが多いので、手を抜きすぎという話もあると思うのですがね(^_^;)今回も食材を焼いただけの2品をご紹介したいと思います。

20070618185908

こちらは牛カルビとニンニクの芽を和えた味付けカルビパックを焼いて、どんぶりご飯に乗っけたものです。名付けて牛カルビニンニクの芽丼!!!(そのまんま)パックを開けてフライパンで焼いただけ。

20070625190428

こちらは包丁を使いました。タマネギを適当に刻んで混ぜて入れてあります。で、お肉の方は、えーとカレー風味のパン粉をまぶしたポークカツレツ風・・・だったでしょうか。ほんのりカレーの味が付いていて、豚肉も案外柔らかくできておいしかったです。

ただ色がものすごい黄色になったのと、油っこくなった(多めの油で焼いてくださいと書いてあったので・・・)のが気になりましたかね。これも炊きたてのご飯と一緒にいただきました。

あぁ、写真を見てもあんまりおいしそうじゃないですねぇ。自分で凝った料理を作るのはいつになるのでしょうか、まったく。

2007年6月29日 (金)

脳内メーカー

面白いサイトを見つけたのでご紹介します。「脳内メーカー」というサイトで、自分の名前を入れるだけでその人の脳内図を作成してくれるというものです。ネット上で話題を呼び、時間帯によっては繋がりにくいこともあるくらいの人気だそうな。

と、いうわけでウメもさっそくやってみました。本名を入れましたよ。

Image

うぅーーーん。そんなにウメにはウソが多いのでしょうか。でもなんとなく当たっているような気がします。面白いですね、コレ。 残念ながら恋愛に関することほとんど無い模様です。

ウメの場合は「電」の文字がたくさんあれば当たっていた!って言えるんですけどね。皆さんも是非やってみてくださいな!

文を閉じる

読み取り通訳の時に困ってしまうのが、文章の終わりをどうするかということです。ただ手話を見ているだけなら頭の中で適当に補完して意味を成り立たせることはさほど難しくはないと思うのですが、読み取って日本語に通訳しているときはしゃべっている日本語をどう終わらせるかが読み取り通訳のポイントのような気がします。

手話が読み取れていない訳じゃない、意味をつかんでいない訳じゃないのに、どうも文をうまく閉じることが出来ない。そんな経験って通訳者なら誰でもあるような気がします。

手話と日本語の語順が違うこともありますし、手話でははっきり述語を出しているときでも日本語では出さない方がスマートだったりする時もあります。なんでもそのまま読みゃいいってもんじゃないですよね。

読めてはいるのに文末に自信がなかったり、曖昧な終わり方だったりすると、聞いている方は「ん?何を言ってるの?」ってことになりかねません。「終わりよければ全て良し!」ではありませんが、聞いている方の感覚としてははじめよりも終わりの方が印象に残るものですよね。

通訳をしながら適度に文を閉じて、なおかつ次の文にもうまくつなげる・・・そんな読み取りが自由に出来たら一人前の通訳なのかなぁと思ったりします。まずは意識をして文を閉じる訳をしてみようと思う今日この頃です。ついダラダラ続けてしまうので・・・。

【手話164】ビアガーデンで語らう

再生されない方はこちら

ダウンロードはコチラを右クリック

夏と言えばビアガーデンでしょうか。仕事帰りのサラリーマンがたくさんいらっしゃいました。手話での語らいは楽しいものです。
(4分59秒)

聴力回復実験

読売新聞のニュースで厚生労働省の研究班が様々な細胞に分化する幹細胞を難聴のラットの内耳に移植し、聴力回復に成功したというものがありました。記事では難聴やメニエール病の治療法の開発に道を開くとされています。

音を脳神経に伝える内耳には、音を電気信号に変えるのに必要な細胞(線維細胞)と信号をセンサーのように感知する細胞(有毛細胞)がある。難聴は、こうした細胞が何らかの原因で死んでしまって起こる。しかし、センサー役の有毛細胞に幹細胞を移植しても、聴力は回復しなかった。有毛細胞が生きていて、線維細胞だけが死んでいる難聴に着目。線維細胞を人工的に死滅させたラットの内耳に、骨髄から採取した幹細胞を移植し、聴力が回復するか試した。

実験の経過についてこう記されていました。そうすると幹細胞の生着したラットの聴力回復割合が高かったそうです。実験をした室長さんによると、音を感じる細胞や神経が生きていれば、幹細胞の移植で聴力が回復するかもしれない、と話しているそうです。

さて、ろう者の皆さんはどのようにお感じになりますか?もしかしたら、将来細胞移植手術を受けて聴力を回復させる、なんてことが始まるのかもしれません。

ウメは偉そうなことは言えませんが、この実験の根本の考え方は「失った聴力を回復させる」という聞こえる人の立場の医学に基づいたものですよね。もちろん、それが悪いことではないですし、それで喜ぶ人もたくさんいるのですが、そうではなく、ろうであることに誇りを持っている人がいることも、こういった人たちに知っていただければと思うのです。

「聞こえない」こと一つをとっても様々な考え方があることを・・・。

2007年6月28日 (木)

トスポ君

20070620180557

おもいっきり逆光になってしまいましたが、日本テレビ系列で放送されているダウンタウンDXで出てくるポスト型のキャラクター、トスポ君です。京都駅八条口のアバンティ地下一階にいました。

街で見かけた芸能人の情報を書き込んでこれに入れると、面白い場合は番組で紹介されるって感じのコーナーです。京都にも何気に芸能人が潜んでいそうなので、けっこう投稿があるのでしょうか。

ウメは芸能人を見かけることはほとんどありません。あんまり都会に出ないというのもあるのですが、運がないのでしょうか・・・。新幹線に乗るとき、ホームで待っていて新幹線が入ってくるとグリーン車は必ず目を凝らして見ますが芸能人は見つかりません(^_^;)

やはり東京さいかねーと芸能人っつーもんは見られねーんだべか。

メガネ拭きで

そう言えばずいぶん前に、メガネ拭きで洗顔をすると泡がクリーミーになってお肌がスベスベになるなんてことをテレビで見て、結構流行っていたと思うのですが、実践されている方はいますか?

お肌の曲がり角が近づいているウメにとっては気になる情報でもあったりするのですが・・・。

メガネ拭きってすごいですよね。だってメガネレンズに傷を付けずに汚れが取れるんですから!(当たり前)他にも色んなものを拭けますし。

クラシック200曲

20070321165529

ウメはDVDとかあまりレンタルはしないのですが、何かの時のために家の近くのツタヤの会員になっています。実際に1年間に1回借りるか借りないか位の頻度というありがたくないお客なのですが、とりあえず会員です。

先日その会員カードの更新のお知らせが自宅に届いており、特典としてセル(販売)商品500円引きというものがついていました。どちらにしても更新するつもりだったので、更新ついでに何を買おうかなぁと迷っていたところ、このアルバムが目に付いたのです。

これは東芝EMIから発売されている「ベスト・クラシックス」といういわば有名クラシックの詰め合わせ。ウメみたいな初心者にはうってつけ、さらに100曲も入っていて3,000円はお買い得、ということで特典を利用して購入しました。

しかし、購入した後に自分が買ったCDは「2」(右側のほう)だったことに気がついて、「1」を買わなかったことの衝撃と後悔の念がウメを悩ませました。「おぉ、なぜ気づかずに2を買ってしまったのだ!」

こういう詰め合わせ製品ってだいたい「1」の方が有名な曲が入っていたりしますよね。そういうわけでシャクなので、数日後に特典も付かない他のCDショップで「1」(左のほう)を買ってしまいました。これでウメの手元にはあっという間に200曲のクラシックスが。

パソコンに取り込んでランダム再生すると、非常に優雅でセレブリチーな気分になれます。さすがクラシックの詰め合わせ、どこかで聞いたことがあるものばかりで飽きもこない名曲揃い。これから時々はクラシックに癒されたいと思います。

ルー語変換

最近芸能人のルー大柴さんがフィーチャーされているそうです。NHKみんなのうたでも流れている「MOTTAINAI」という歌を始め、彼の妙な英語混じりの独特な話し方が面白く感じる若者が多いということで、「ルー語」とも呼ばれているそうです。

そこで「ルー語変換」という面白いサイトを見つけました。これはホームページをルー語に変換してくれるサイトです。紹介文には「ルー大柴さん 公認! URLや文章を ルー的ジャパニーズにトランスレートゥ!します。
例えば 安倍総理の 就任会見 や 名作 走れメロス や 注文の多い料理店 はいかがでしょう。 ニュースをトゥギャザーする のもなかなかです。 でも自分や友達、好きな芸能人のブログを変えてみるのが一番おもしろいです。」
とありました。

というわけで、デイリーウメダスの紹介文をトランスレートゥ!してみました。

元の文:電気屋勤務・「国リハ」の学生を経て、今は聴覚障害に関わる仕事をしています。手話やら家電やら色んな事を書いています。 毎日更新・手話動画がウリでござんす。

ルー語:電気屋サービス・「国リハ」のスチューデントを経て、今は聴覚ダメージに関わるワークをしています。サインランゲージやらホームテレフォンやら色んな事を書いています。 毎日更新・サインランゲージ動画がウリでござんす。

なんだかよくわからない文になりましたが、手話がサインランゲージに変わっているのにはなかなかやるなと思いました。

トゥギャザーしようぜ!

2007年6月27日 (水)

夏の風物詩

20070623193723

ネギが多すぎて分からないと思いますが、ざるの中に入っているのは冷や麦でございます。しかもあの有名な揖保の糸 (異母の意図という怪しい変換がされました)でございます。それをいつものようにフライパンで湯がいて流水で締めたらできあがり。

家に常備してあったヤマキのめんつゆでおいしくいただきました。ネギを切りすぎて麺が見えないくらいになってしまいましたが…。 冷や麦やそうめんと言えば数本だけ入っている色つきの麺を兄弟で取り合いしました、というかほぼ100%兄に取られていました。 あれって味が違うわけでもなく、なぜ入ってるのでしょうか。そして子どもたちはなぜアレを争うようにとるのでしょうか…。 ウメもたくさん泣かされました。

今回もざるの上の方にちょこっとピンクの麺が見えていますが、何も考えずにあっさりいただいてしまいました。 冷や麦200gを一気に湯がいて食べたのですが、味に変化が無くて飽きてしまいましたね。 本当はショウガ等を入れて味にアクセントを出した方がいいんですよね、きっと。

これから冷や麦やそうめんがおいしくなる季節。おいしい食べ方を知っている方がいたら教えてくださいね。

ミックスフライ定食

20070615182906

ウメの近くの定食屋の「街かど屋」のミックスフライ定食です。 +70円払って味噌汁を豚汁にグレードアップしました。ミックスフライの内容は鶏の竜田揚げと海老フライ、 そしてなぜか長めのソーセージです。なぜかミックスフライにソーセージです。

こういう定食屋に行くとついつい好きなものを食べてしまいますが、時にはお魚だったり、お野菜だったりを食べないといけませんよね。 この時も付け合わせのキャベツをもりもり食べ、お豆腐やらお味噌汁やらで大豆を摂りましたが、好きなものばかりではいけません。

一人暮らしの家の近くに定食屋があると便利です。毎日通うわけにはいきませんが、ほどよく通い詰めたいと思います。

さすがに67億は

クリーニングに洋服を紛失されたらいくらの賠償を求めますか?

まぁほとんどの人はその洋服の金額が補償すれば納得できると思うのですが、裁判大国アメリカではビックリな人がいたそうです。クリーニング店に自分のズボンを紛失された人が、店主を相手取って約67億円の損害賠償を求める裁判を起こしたそうですよ。

ズボン1つで67億円です。どんなに高級なズボンでも100万円とかがせいぜいでしょう。そうだとしても5000倍以上にふくらんでいます。その人はなんと現役の判事さんで、なんでも「お店の満足保証の看板が偽りで、消費者保護条例に反する。長期にわたる紛失の精神的被害として」67億円の賠償を請求していたとのことです。ちなみに1日あたり1500ドル、約20万円弱。

ズボンが無くなったからといってどのくらいの精神的被害があるのでしょうか。金銭感覚を疑います。はぁ。アメリカってすごい。

アメリカのメディアでも疑問の声がわいていたそうなのですが、連邦地裁もこの訴えを退けたそうです。はぁ・・・よかった。アメリカは「コーヒーが熱すぎる」で賠償を命令する判決が出ちゃう国ですが、さすがにこれは無かったようですね。

この人の頭の中をのぞいてみたい。嫌がらせだったのかなぁ・・・、相当頭に来たのかなぁ。

ボーナス返せ!

政府が年金記録漏れ問題(「年金記録もレモン代」と変換されてしまいました(^_^;))の責任を取るために、社会保険庁の全職員17,000人を対象に、夏のボーナスの自主返納を求めることを決めたそうです。その他にも安倍首相をはじめ、官房長官、厚生労働省、副大臣、政務官もボーナスを返納するとか。

社会保険庁長官は自分の夏のボーナスの全てを返納し(270万円!ウメの○倍!)社会保険庁の職員に5%~50%までの自主返納を呼びかけるということ。

やっぱり公務員って良いですよねぇ。”自主”返納でいいんですから。要するに返したくなけりゃ返さなくても良いってことですもんね。これでは責任の所在などが明らかになるわけがありません。

普通の会社ならトラブルが起きて業績が悪くなればボーナスカットは当たり前ですよね。自主返納どころか強制的にカットですよ、カット。社会保険庁の職員さんも、多くの方はまじめに働いているでしょうし、おそらく一部の無能な人たちの指示によって台帳を破棄したりしてしまったのでしょう。

そういうところを考えないで、とりあえず「責任を感じて呼びかけました」的な対応はなんだか腑に落ちませんな。自分たちの給料がどこから出ているのか、もう一度考えていただきたいと思います。ホントに。

まだ強制的に5%カットの方が良いような気がします。カットされる方も被害(?)は少なくて済みますし。でも今回の自主返納でも「関係ないー」って返さない人も多いんでしょうねぇ。はぁ。

2007年6月26日 (火)

パイナップルスライサー

gf_E4

パイナップルの缶詰を1缶全て食べてしまい、後で胃が痛くなるウメです。

ウメが1年間に食べるパイナップルの7割は缶詰のパイナップル、残り3割は酢豚に入っているものに偶然当たったり(ウメは酢豚のパイナップルは許せます)どっかのコース料理のデザートに出てきたり、って感じです。缶詰のパイナップルを全て食べ、シロップまで飲みきったときの達成感は、メタボリックの恐怖をも上回ります(笑)

さて、そんなわけでパイナップルの果実を購入することはまずないだろうウメなのですが、ちょっと面白そうなものを発見しました。その名もそのまま、パイナップルスライサー。Amazonで販売されており、お値段は4,000円前後だそうです。

写真を見ていただければどんな商品かはおわかりですよね。そう、パイナップルの中身をくりぬくためだけの商品みたいです。ワインのコルク抜きの要領でくるくる回し、パイナップルの実だけをボンっとくりぬきます。ちなみにこの製品に近い大きさの完熟していないパイナップルにのみ使用できるというニッチな製品です。

使い方はまずパイナップルの上部を水平に切り落とし、スライサーを芯の上からまっすぐに差し込みます。そしてハンドルを回しながら押し込み、最後に引っ張り出すと、写真のように美しく取り出せるわけです。ちなみに取りだした方の果実はらせん状に切れているそうです。真ん中のは芯が残ります。

くりぬいた果実はおいしくいただくとして、皮の方を器にしてシャーベットやらフルーツポンチなんかに使うと面白そうです。なんか南国のデザートって感じでしょうか。オサレ~。どこかで生のパイナップルとこの器具に出くわすことがあったなら(なさそうだ)絶対にやってみたいと思います。

手の込んだ迷惑

携帯電話やパソコンに送られる迷惑メールっていうものは相変わらず迷惑ですよね。 パソコンの場合はソフトやプロバイダーのフィルター機能を使ってある程度防御できますが、携帯メールの場合はアドレスを長くするか、 アドレスを変えたくない場合はドメイン指定機能を使うしかありません。

ウメの携帯メールアドレスは短めなので、そのままにしておくと大量の迷惑メールが届きます。 しかしパソコンのアドレスに届いたメールを携帯に転送してすぐ分かるようにしてあるので、 ドメイン指定受信機能を駆使して迷惑メール業者があまり使わないようなドメインだけを転送できるようにしています。

かつて迷惑メールのドメインは、co.jpとか、.com、.ne.jpなど、一般的なものが多く、 その辺りのドメインを拒否しておけば事足りたのですが、最近では.netや.or.jp、 中には教育機関のドメインである.ac.jpを使って(偽装して)迷惑メールを送りつけてくる業者がいます。 そうなると携帯電話のドメイン指定受信機能だけでは対応しきれず、迷惑メールを受信してしまいます。

しかもタイトルが「ご連絡」だったりするともうやっかい。とりあえず一度は開いてしまうのでムッとしてしまうのです。 さらに一斉に送りつけているらしく、他の携帯電話の宛先も表示されたまま…。と、 いうことは自分のメールアドレスも他の人に表示されていると言うことで、良い気がしません。 迷惑メールを送りつける業者に倫理を求めるのもバカバカしい話ですが、これはあんまりですよね。

仕方がないので、パソコンからの転送メールはタイトルと送信者だけがわかるような転送設定にして、 携帯電話のドメインして受信を厳しくしました。まぁこれでも不便があるわけではないのですが、 パソコンからケータイに直で送れない場合もあるのでやっぱり面倒。

ったく、なんとかならんかね!

久しぶりのメール

携帯電話のアドレス帳に入っている友人の中で、常に連絡を取っている人ってどのくらいいますか?最近1ヶ月にメールをした人は登録した人の中でも限られていると思います。でも普段メールをしない人でも連絡先を知っているっていう安心感でつながっている感じがしますよね。

ウメもそんなアドレス帳を登録してはいるものの連絡をずっと取っていない人がいます。結構多いかもしれませんね。連絡をしないからってわざわざ消すような間柄ではないですし、いつか連絡が来たらそれはそれでまたやりとりが出来ればな、と思う人ばかりです。

つい最近、ずっと連絡を取っていなかった人から連絡が来てビックリしたことがあります。それも2人。一人は高校の友人、もう一人は大学の友人です。メールをもらったとき、携帯の画面に向かって「おぉー久しぶり!」と叫んでしまいました。当然、伝わるわけ無いのですが。

それぞれ数年ぶりのメールと言うことで、どことなくぎこちなさもあり、新鮮さもありで楽しくやりとりをしました。お互いの近況を話したりで、メールだけでも元気そうなことがわかったということでうれしさがこみ上げてきます。これをきっかけに少しはマメに連絡を取ろうかな、と思ったりもするのです。以前は年賀状くらいでしかそう言ったことができませんでしたが、今は便利になりましたよね。

携帯電話のアドレスを変更すれば、アドレスに登録している人にはメールをするきっかけができるのですが、それも面倒ですし、知らぬ間に相手のアドレスが変わっていることに気がついた時には哀しい気持ちになっちゃいます。

切手ののり

郵便物を送ることも少なくなりましたが、仕事では今でも切手を貼って郵便物を送ることがよくあります。切手と言えば湿気を加えれば封筒やはがきなどにくっつく仕組みになっていますよね。みなさんはどうやって湿気を加えていますか?

ほとんどの人はなめていると思います。ベロ・・・いや舌でペロリンチョとなめて封筒にペタって言う人が多いでしょう。ちょっとセレブな人やお仕事で使っていてなめるわけにはいかない人は海綿(スポンジにしめらせるヤツ)を使ったりするのでしょうかね。もしくは霧吹きを使っている人もいたりして!?

その切手ののりの成分、なめることが多いのでちょっと気になって調べてみました。昔はでんぷんを分解して作られたデキストリンというものが使われていたそうなのですが、今は郵便局が新開発した「PVAのり」というものが使われているそうです。PVAとはポリビニール・アルコールの略でいかにも科学な感じがしますが、人間には無害だそうな。

これを最初に使ったのは日本の切手だそうなのですが、今では全世界の切手で使われているそうです。日本人の発明は素晴らしいですねぇ。

【手話163】免許と車の話 後編

再生されない方はこちら

ダウンロードはコチラを右クリック

本当は軽自動車の良さを熱く語ろうと思っていたのですが、なんだかよく分からないままグダグダになってしまいました・・・。
(3分46秒)

2007年6月25日 (月)

シニア向けはイヤ

f882ies_gold 

いやーケータイっつーもんはずいぶん小さくなって色んな機能がついたもんだ。 電卓やらカメラやらアドレス帳やらゲームやらワンセグやらGPSやら音楽やら、そんなの使いこなせねぇ、こちとら江戸っ子でぃ!

…とまではいかないでしょうが、最近の高機能な携帯について行けないおじさまおばさまは多いことでしょう。 でもこれだけ携帯が普及してしまうと持たないのもなんか不便な世の中になってしまいました。これからの高齢化社会、 安全のためにも携帯電話を持つことは良いと思うのですが、誰にとっても使いやすい携帯電話ってなかなか発売されません。

携帯電話各社から「シニア向けケータイ」ということで、ボタンの文字を大きくしたり、 機能を削ってわかりやすくしたりしているケータイが発売されています。 究極なのは液晶画面までなくして一般電話の子機みたいな感じにしたものまでありますよね。

しかし、そういったシニア向けケータイが意外と普及していないようです。とある調査では40歳以上では4.8%、60代でも14.5% の人しか利用していないそうです。やはり思いっきり「シニア向け」 とされているケータイは自分がいかにもシニアという感じがしていやなのでしょうか。そう言えばウチのお母様も(年齢的には結構行っている) 「シニア向けはちょっとねぇ」とのたまっておりました。でも文字は大きめの方が良いとか、ボタンは大きい方が良いとか、 結構うるさかったような…。

やはり思いっきりシニアシニアしているものではなく、スタイリッシュでオサレなんだけど、 使いやすい工夫がされているケータイがいいんでしょうね。それをかっこよく使いこなすナイスミドルに皆なりたいのです、きっと。

1歳の子よりも

同居している女性の長男(1歳)を殴り、意識不明の重体にさせたとして20歳の男が逮捕されたそうです。 この男は自宅で長男の顔を数回殴ったそうな。なんでも「食事前のあいさつができなかったので殴った。しつけだった。」と話しているそうな。

1歳の子どもに食事前のあいさつをさせようというのもすごいですが、 それが出来ないから殴ってしつけるってどういう神経しているんでしょうか。殴ったらあいさつをすると思ったのか? いやそんなわけないでしょう。

20歳の男の方をしつけしないといけませんね。そもそもこの長男の親は気づかなかったのでしょうか。それとも 「愛する彼のやることだから…」なんて見過ごしていたのでしょうか。もしそうだったら、二人とも子どもを育てる資格なんてありませんね。

それにしても、殴れば済む話じゃないってことはフツーの大人ならわかりそうなのに…。まぁ子育てが大変なのは分かりますが…。

【手話162】免許と車の話 前編

再生されない方はこちら

ダウンロードはコチラを右クリック

あまりに暑くてダラダラ話していたら長すぎました。前後編に分けてお送りします。前編は免許を取ってから中古車に乗る話。
(4分46秒)

消費者にも問題?

北海道の食肉加工会社「ミートホープ」の偽装問題が世間を賑わしています。加ト吉や生協の加工肉にも表示されている成分とは違った物が入っていたそうで、品質管理の再徹底がこれを機に求められますね。だって、牛肉として販売しているのに実は豚肉だったって・・・しかも牛肉に見せかけて血を混ぜて赤くしていたりしたそうな・・・。

昨日、北海道警がミートホープなど、関係各所に家宅捜索を行ったそうですね。捜査によれば、社長さんの指示による会社ぐるみの偽装工作だったそうな。記者会見でも社長はウソを言っていたそうなのですが、隣にいた社長の息子の取りなしでやっと本当のことを言った、って報道されていました。社長の息子さんには良心がまだあったようですね。

捜査に立ち会った社長は「業界全体の体質も(警察に)説明しなきゃいかんと思うし、販売店も悪いし、半額セールで喜んで買う消費者にも問題がある」と話したそうです。そりゃー、最初はいろいろな事情があって好んで偽装したわけでもないでしょうが、自分がやったことを棚に上げて消費者まで問題呼ばわりする神経はどうかと思いますねぇ。本当に反省しているのでしょうか・・・。「もちろん私が一番悪いんですけども…消費者自体も安いものばかり求めるから」とも言っているそうで。

その他にも社長さんは、偽装は工場長からの求めだったとか、豚肉と牛肉が混ざっただけとか、偽装の現場にいたわけじゃないとか、ずいぶんなことを言っていらっしゃるそうですね。社長さん、これ以上言うと「口は災いの元」になりかねませんよ!

安全な物と信じて食べていた人たちを裏切る行為・・・。もちろん、この会社だけが悪いわけではないのでしょうが、改善されるのはいつになることでしょうか。

でも食べていた人は気づかなかったんですね。

新聞編集は難しい

毎回お仕事で新聞を作っているのですが、その工程には様々なコツといいますか技術といいますか知識が必要です。情報集めから記事作り、レイアウト、校正、といろんな過程を経て新聞はできあがるのですが、ウメはまだまだ未熟なのでいろいろやらかしてしまいます。

ウメが苦手なのはレイアウト。少しでも読みやすく、目に付くようなレイアウトを考えるのですが、時間も限られていますし、いろんな制約があるのでなかなかコレだ!というものが思い浮かびません。新聞独特のルールもいろいろあって、それを守りつつ、なのでさらに難しいのです。

新聞編集については、このページが参考になりました。自分でインターネットで調べてこのページを見ては勉強したものです。ただ、ここでダメと書かれていることを今でもやってしまったりするのですがね・・・。特に新聞の1段が横に切れてしまう「ハラキリ」をやってしまいます。

皆様は何気なく見ている新聞ですが、こんなルールがあるんですよーってことでご紹介してみました。読んでみるとかなり勉強になりますよ!わかりやすい文章で書いてありますので、地域の機関紙や町内会新聞を作っている人にもおススメです!

2007年6月24日 (日)

キャプテン☆ドみの

TBS系列で土曜夜8時から放送されている「キャプテン☆ドみの」って見たことがありますか?みなとみらいにあるう巨大セットにアトラクションが組まれて、ゲストチームとみのもんた率いるレギュラーチームが対決する、というシステムです。

東京フレンドパークとSASUKEを足して3で割ったような感じでしょうか。コンセプトとしてはおそらく家族みんなでゲーム感覚で見られるバラエティ番組を目指しているのだと思います。キャプテンにみのもんたを起用したのが目玉だと思うのですが、フツーに考えると「必要か?」と思います。しかも眠そうにしてるし。

んでこの番組、たまーに見るのですが、企画が安易であんまり面白くないなぁと思います。ゲーム内容がコロコロ変わる番組っておそらく視聴率が取れなくてもがいているんだなぁと思いますが、この番組もそんな感じ。気軽に見られますが、面白いのだろうか・・・と思ってしまいます。

視聴率も取れていない模様。しかしウワサには1億円かけて大型セットを作っちゃったし、みのもんたを起用しちゃって気合いを入れちゃったもんだからやめるにやめられない・・・なんていう話も。最近ではお笑い芸人を起用して無理矢理面白くしようとしてますが・・・なんだかなぁ。

テレビの企画って難しいですよね。あれだけ色んな番組があるのですからたまには外れますね。

倉敷ラーメン

20070522001009

岡山に行ってきた友人からもらった「星野仙一ふるさと倉敷ラーメン」です。いや、中身はいたって普通のしょうゆラーメンでおいしくいただいたのですが、パッケージにインパクトあり!ですね。

ウメは昨年星野仙一さんにお会いしているので、親近感がわきました。考えてみれば星さんは倉敷出身なんですね。倉敷商業時代に甲子園に出た・・・なんてプロフィールも調べましたっけ。

こうやってタイアップをして少しでも売れるようにするんですねー。もっと頑張って星野さんの顔の形が描いてあるなるととか入っていれば面白いんですけどね。

関越道⇔中央道

mainimg01

首都圏の外周を結ぶ「首都圏中央連絡自動車道」…要するに圏央道が延伸し、あきる野ICから八王子ジャンクションがつながりました。 これで関越道と中央道が都心を経由せずにつながったと言うことです。

ウメにとっても、圏央道の「圏央鶴ヶ島IC」が実家への最寄りICということで、かなり便利になりそうな気がします。 仮に京都から車で実家に帰るとすれば名神高速→中央道→圏央道のラインでほぼ家の近くまで高速道路で行くことが出来ます。

大学生の時は神奈川に住んでいて、実家に帰るときに混雑した国道16号を使っていました。 圏央道が出来れば便利だなぁと思っていたのですが、着々と伸びているようですね。 あきる野近辺では周辺住民とのトラブルもあったみたいですが…。環境問題に配慮しつつ延伸が進んでくれれば便利になるのかなぁと思います。

いつかは埼玉を横断して埼玉県の横の交通の要になってくれればと思います。

 

« 2007年6月17日 - 2007年6月23日 | トップページ | 2007年7月1日 - 2007年7月7日 »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: