2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« ほへと数秘占術 | トップページ | 招き猫マウス »

2007年9月27日 (木)

単語が出てこないとき

ろう者と会話していて手話の単語がどうしても出てこない時ってありません?ろう者同士でも「あれ、なんだっけ、あれ?」っていうことは普通にあると思いますが、私たち手話学習者は日本語は思い浮かんでいて、さらにその手話単語を以前に表出したことがあるんだけれど思い出せない…ウキーって感じな時です。

そんなとき、ウメは良いのか悪いのか臆することなく聞いてしまいます。今日も「フットサル」という単語(どちらかと言えば新しい手話ですかね)がどうしても出てこなくて話し相手のろう者(ちなみに上司です(^_^;))に聞いてしまいました。こういうときの聞き方も、話の流れを断たないようにうまーく聞かないといけないなぁと思います。例えば指文字で聞くにしても「フ・ッ・ト・サ・ル」と一つ一つ区切ったのではろう者にとって読みづらいなんてもんじゃないですよね。ただでさえ自分に何かを聞かれていて構えているのに、妙に区切られた指文字を出されても…って思うような気がします。そういう意味で指文字はスマートに出せた方が良いような気がします。

フットサルの手話単語を聞きたい場合は「ほら、あのサッカーに似ていて室内でやるスポーツ…」というように聞いて、なおかつ相手がフットサルのことを知っていればスムーズですよね。指文字よりもスムーズかもしれません。いずれにしても聞き方って重要だと思います。分からないと思ったら臆することなく聞く、これってろう者の会話ではよく見られますし、聞こえる人の会話と違うところだなぁと思うのであります。

ろう者の皆さんはどういう風に聞かれたら、違和感なく教えられますでしょうかねぇ。わかんないってモジモジされると教えにくいですよねぇ。

« ほへと数秘占術 | トップページ | 招き猫マウス »

手話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ほへと数秘占術 | トップページ | 招き猫マウス »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: