2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 500円値上げ | トップページ | 【手話167】手話でもN700系を語る »

2007年7月11日 (水)

宿題はネットで

内閣府が発表した調査で、小中高生が宿題の答えを調べるのにインターネットを活用している実態が明らかになったそうです。なんでも、 ネットを利用している小学生のうち3分の2、中学生・高校生では約半分が「ネットで学校の宿題の答えを調べている」そうな。

しかも小学生のネット利用内容で回答が一番多かったのが「宿題を調べる」だったそうです。次いで「ホームページやブログを見る」、 「メールをする」となっているとのこと。まぁこの回答は妥当なところでしょうか。ちなみに気をつけていることは 「あやしげなリンクをクリックしない」、「むやみにダウンロードしない」だそうです。

確かに、手軽に知りたい情報を入手できる手段としてインターネットは非常に便利ですし、宿題の答えも載っているでしょう。 ウメだって小学生の時にネット環境があったら絶対に、ぜーったいに!ネットで答えを調べているでしょうねぇ。あぁ、 時代の移り変わりというのでしょうか。

このニュースを聞いたとき、小学校の夏休みの自由研究の時に複数の歴史の本を参考にして、 模造紙をつなげて長い長い年表を作ったことを思い出しました。本から調べるのも大変だったし、マジックで書き書きするのも大変でしたが、 なんだかやり遂げた!って感じがしたのを覚えています。(と、いうのも、ウメは手先が不器用なので工作関係は無理、昆虫関係は苦手と、 自由研究には苦労したのです)

それがネットを使えばヒョヒョイって調べられるんですもんね。小学生だけに言えることではないですが、 調べたものをもとにして有効に活用したり、ネットに載っているものがどういうものか判断する力がつけばよいのですが、 ネットで調べたものをそのまま真実と思ってしまったり、自分の考えにしてしまったりしないかどうか心配です。 時代の移り変わりと共に手段は変われど「自分で考える」という力が一番大事なんじゃないかなぁ、 と珍しくまじめなことを思っていたりするのです。

そんなことを言いつつ、ウメからネットが取り上げられてしまったら廃人になってしまいそうで心配です。そんなデジタル人間のウメです。

« 500円値上げ | トップページ | 【手話167】手話でもN700系を語る »

勉強します!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 500円値上げ | トップページ | 【手話167】手話でもN700系を語る »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: