2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 手を挙げる挨拶 | トップページ | 【手話158】ろう学校を守ろう »

2007年6月 9日 (土)

商談会

電気屋さんにおける関東と関西の違いについて考えてみたいと思います。

基本的に関東では表示された値段とポイントで買う人が多いですが、関西人はとりあえず値切ってみる人が多いようですね。 今では関西にも関東資本の家電量販店が続々と進出しているのでこの違いは無くなってきているみたいですが。 そして関西の電気屋さんは店員さんが寄ってくるのが早い気がします。これも気のせいかもしれません。

それ以外に京都に来てから電気屋さんの店内やチラシを眺めていて関東の電気屋さんにはない言葉が踊っていることに気がつきました。 それは…

「商談会」とか「大商談会」

商談と言えば会社の営業とか、車のディーラーのイメージを持っていたのですが、 関西の電気屋さんでは結構商談と言う言葉を使っています。じっくり話して納得してから購入する関西の気質に合わせたものなのでしょうか。 何気ないことなので1年くらい気がつかなかったのですが、そう言えば関東の電気屋では見たことがなかったなぁ、 ということでネタにしてみました。

ちなみにウメはよほどのことがない限り電気屋では値切りません。恥ずかしいわけではないのですが…。そんな良いお客さんなのです。

« 手を挙げる挨拶 | トップページ | 【手話158】ろう学校を守ろう »

家電製品」カテゴリの記事

コメント

どうやらニュアンスとしてはそのようですよ。「お客様とゆっくり話しますよー」という意味も込められているようです。ウメはあまり長い時間店員さんとは放さないタイプ。いつも買うときは商品を決めていきますからね。
最近はポイント制のお店も増えてきて、値切り戦術も、値切られる方もややこしくなってきています。

商談会=値切るチャンスをくれている、と私は理解してしまいましたが、そうなのですか?

家電製品店で値切っちゃうとポイントに影響があると思うのです。ポイントを取るかその場で直安くしてもらうか・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 手を挙げる挨拶 | トップページ | 【手話158】ろう学校を守ろう »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: