2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« スーパー通訳はいらない | トップページ | トイレの的で広告 »

2007年6月13日 (水)

敷金バスター

こちらのページに敷金バスターについて書かれてありました。

賃貸マンション・アパートを借りたことがある人なら誰もが払ったことがあるだろう敷金。 これは契約時にあらかじめ大家さんにお金を預けておいて、退出時に部屋の原状回復をするときに利用するお金です。 関東地方では家賃の1~2ヶ月分とされています。

さて、この敷金。ポイントは「預けているお金」ということと「原状回復のために使用する」ということ。 つまり大家さんに払うのではなく、預けておくものなのです。なのでもらうのも領収証ではなく、預かり証となります。 そして部屋の原状回復に使用するものです。原状回復というのは新品にするのではなく、 あくまでも経年劣化を含めてそれなりの状態に戻すという意味。その辺をよく理解しておかないとお金を取られてしまうことになりかねません。

とはいえ、お金は大家さんの手元に渡す訳なので、大家さんも悪気はなく「もらって良いものだ」と思っている人もいますし、 ひどい人だと使い込んでしまう人もいます。それで借りている人とモメるということが起きてきます。泣き寝入りしている人、 また知らないまま返還請求しない人も多いのかもしれません。

そんな時に「敷金バスター」が活躍するそうです。これはNPO法人「日本住宅性能検査協会」の診断士で、 部屋の退去時に独自に部屋の状態を調査し、借り主に代わって敷金の返還交渉もしてくれたりします。ちなみに、テレビ、 冷蔵庫による壁の黒ずみや部屋の鍵の交換、フローリングのワックス掛けは貸し主負担、台所の油汚れや風呂、 トイレの水アカは借り主負担ということです。

こういうことをきっちり判断してくれて交渉もしてくれる人だそうです。実際に円満に解決して利用しないに超したことはないですが、 知っておくと安心かもしれませんね。

« スーパー通訳はいらない | トップページ | トイレの的で広告 »

おすすめ」カテゴリの記事

コメント

crayonさん、今その話を聞いても大変だったなぁと思います。阿漕な大家もいるもんですよね。しかも振り込み手数料をケチるなんて、相当です(^_^;)
どうしても借り主が弱い立場になりがちなので、そこの発想転換をどう進めていくかが重要なんだと思います。それでも価値観の違う人間が契約するのだからトラブルは起きないとは限らないんでしょうけど。

うーん、恐怖の館を思い出しますねぇ・・(笑)
宮廷内人時代のウメさんに通訳者斡旋を依頼したことを思い出します。
 その頃はもうウメダスブログを立ち上げていたのですね。
 恐怖の館の住居期間は6年間、私が入居したときはクロスも畳も新品ではなかった。特にトイレのクロスが4面とも汚れがひどかった。
 クロスや畳はわざわざ新品にするほどではないけど、トイレのはひどいから張り替えてくれと依頼。
 工務店の立会いのもとで張替えをしてくれたのだけど、便器に座っての真正面だけの張替え。
 つまり4面のうち1面だけっすよ!!
 「全面張り替えてくれるんじゃないのですか?」
 「大家さんの指示で4面のうち特に汚れているところだけ張替えということです」
 「は?そうなんですか・・・?ありがとうございます」
 まあ、あれこれ文句を言うとうるさいクレーマーやなと思われたくないし、アパートってさ自分のものじゃないから、まあいいやと思ってたんですよ。
 12月中旬に引越し、お正月を過ぎたあたりに目玉が飛び出すほどの原状回復の請求書が届き、びーっくり!各部屋(トイレも含む)のクロスを全部張替え、畳張替え、フローリング全面張替え、ほぼリニューアルに近い。
 今までアパートを転々し、退出時に敷金はほぼ戻ってきた(差し引かれたのは、私の過失で本棚の角を壁につぶかってクロスが剥がれた箇所、クロス全面張替えだーっ!!と過大請求はなく、5、6千円程度)ので、そういう請求はありえん!と敷金返還請求しますといった内容証明郵便で送ったにも関わらず、請求すると一方的に。
 大家はけっこうしぶとく最後まで返金に応じるつもりはなかったので、結局裁判所で和解調停。
「主文!被告人(大家)は原告(私)に対し、○万円払え!」で完結。
 約束のとおり、指定の銀行に振り込まれたのだが、金額がわずかに違う。
 計算してみたら、振り込み手数料を私が負担する形でちゃっかり差し引かれていたのですよ。
 普通なら、振り込む手数料は相手が負担するのではなく、自己負担のはず。
 わずか手数料のために再び裁判ってことは面倒なので、裁判所書記官に連絡し、被告宅(大家)に電話で「振込手数料は社会常識からみて、あなたの負担になっています。早急に振り込め」ととどめを刺したが、結局振り込みなし。
 これ以上争ってはバカを見ることになるからそのままにしているのだけど、一生忘れられない出来事でした。
 時々、恐怖の館を通ることはあるのだけど、私の入居した部屋はずっと開かずの部屋になっていました。
 リニューアル代金を払わなかったので、リニューアルできずにそのまま放置されているかも知れません。
 あちこち空き部屋が目立っていて、心の中で「あこぎな商売をするからだ!ざまみろ!」と思ったりしています(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スーパー通訳はいらない | トップページ | トイレの的で広告 »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: