2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 梅雨らしい雨 | トップページ | 続きを見たい »

2007年6月22日 (金)

メール人格

メールというものはろう者はもちろん、聞こえる私たちにとっても便利なコミュニケーションツールとなっていて、生活に欠かせない、と言う人もかなり増えてきていますよね。プライベートでは携帯などで、仕事でも遠くの人と打ち合わせや日程調整をするときに改めて思いますが、メールがないとどれだけ大変だろうと考えさせられます。現に15年前まではほとんど普及していませんでしたね。

メールというのは便利なものである反面、字面に残ってしまうので怖い一面を持っています。直接相手の顔を見ないですし、相手の時間も拘束しない、さらに一方的なコミュニケーションの往復なのでその人が持っている本来の性格と違った面が出てしまうことが往々にしてあるようです。

気軽に書けてすぐに送信できてしまうので、その人の内面が表れやすく、極端な話になるとメールだけに表れる性格もあるそうですね。特にお仕事メールの場合は書き方もドライになりがちで冷たく見られることもあるようです。逆にくだけすぎてもマナーのない人だと思われてしまうので、注意が必要ですよね。

いずれにしても、相手の顔が見えないですし、一方的なコミュニケーションなので、よりいっそうの心配りが必要みたいです。そして文面を深読みしすぎないことも重要とのこと。なかなか難しいですね。

考えてみれば疲れているときには長々とメールしたくないですし、気になる相手にはすぐメールを返しちゃうなど、やっぱり人格が出やすいのかなぁ、と思ったりします。

« 梅雨らしい雨 | トップページ | 続きを見たい »

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

チョットしたことでもメールって考え出すと気になることってありますよね。送る方は手軽だから何も考えていなかったりするけど…。

おひさしぶりです。
確かに人格は出てしまいますね。
ワタシはほんとに単純で鈍感なのでメールひとつで凹んだりしてしまいます・・。
深読みのしすぎなんでしょうけど。
だからこそ自分も気をつけないといけないですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 梅雨らしい雨 | トップページ | 続きを見たい »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: