2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« また出ちゃいました | トップページ | 狙っているパソコン »

2007年6月30日 (土)

原爆はしょうがない?

今日、長崎出身の久間防衛相が講演で、第二次世界大戦中のアメリカによる広島・長崎による原爆投下を、 「間違えると北海道までソ連に占領されていた。原爆も落とされて長崎は本当に無数の人が悲惨な目にあったが、『あれで戦争が終わったんだ』 という頭の整理でしょうがないなと思っている」と発言し、物議を醸しています。

安倍首相は問題にはしないとしているらしいですが、野党を始め関係各所から抗議が殺到しているそうな。 原爆投下については様々な考えがあり、大臣が言ったような考え方をする方もいると思いますし、それを否定するのもどうかと思いますが、 現職の大臣、しかも防衛相がこのような発言をするのはいかがなものかと思います。

どうも終戦が遅れて、ソ連に占領されることをおそれていたみたいですが、ではアメリカに占領されたから結果的によかったのか。 現在のロシアの人にもよい印象を与えないと思います。

それにしても安倍内閣の閣僚さんたちは次から次へと話題提供してくれますね。そのほとんどが決してよい意味ではないのですが、 社会保険庁年金問題といい、政治不信を次々に招いているような気がします。

« また出ちゃいました | トップページ | 狙っているパソコン »

ニュース・時事」カテゴリの記事

コメント

そうですね。国民の代表という意識がなくなってしまっているんでしょうか。
普段光の当たらない人にむけてやるのが本当の政治だと思いますが…。

 政治家、国会議員、特に安部内閣の閣僚の意識が
国民生活から、国民感情・心情から、かけ離れて
いますね。小泉政権から続いている自民党の多勢に
無勢的な感覚。もっと、視線を、国民生活に、高齢者・子供達・障害者に向けて欲しいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« また出ちゃいました | トップページ | 狙っているパソコン »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: