2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 赤ちゃん=ヘルメット? | トップページ | 風邪っぴきウメ »

2007年5月18日 (金)

お湯と水の混ぜ具合

ホテルのユニットバスやさほど新しくない一人暮らし用のアパートなどではお風呂でお湯を使うときに、お湯と水を両方出して適温にする仕組みのものがありますよね。ウメも以前そういう部屋に住んでいたことがあります。

あれって油断するとすぐ「アチッ!」ってなったり「冷たっ!」ってなりますよね。自分の部屋で慣れてくればひねる量を手が自然に覚えて職人芸のように絶妙な温度にすることができるのですが、それでも季節によって温度が変わるので気を付けなければいけません。

ましてや慣れないホテルの蛇口で、ユニットバスも狭かったりするとカラダにあつーいお湯がビシャーってかかってイヤァーな思いをするときもあります。あのお湯と水の混ぜ具合、どうしたらうまーくいくでしょうか。ウメは取りあえずお湯を全開にしてからおそるおそる湯に触り熱さを確認してから水を足していきます。意表をつくところではお湯だけで水を混ぜなくても適温だったりするところもありますので。

ウメは一発で適温にできたりすると感動したりしますが、いろいろ悪戦苦闘して適温を見つけ、「フンーフーン」なんてお風呂に入っていると、不意にお湯の方の蛇口の付け根にお肌が当たって「熱っ!!!」ってなこともよくやります。ボケているのでしょうか。

どのホテルでも一発で適温にできる人がいたら「世界ビックリ人間大賞」に出られますね。

« 赤ちゃん=ヘルメット? | トップページ | 風邪っぴきウメ »

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 赤ちゃん=ヘルメット? | トップページ | 風邪っぴきウメ »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: