2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« シンジラレナイ | トップページ | つぎ方 »

2007年2月21日 (水)

介抱しました

先日酒を飲んだくれた友人を介抱する機会がありました。お店から友人の家まで、友人の肩を支えながらふらふら道を歩いたり、時にはともに転んでしまったり、普通に歩く三分の一の速度でゆーっくり家まで送り届けて参りました。

実は酒に酔った人の介抱をしたのは初めてで、要領があまりわからなかったのですがまぁ無事に送り届けることができたので良いのでしょうか。でも本人は何回も転んでいたのでアザができていないかどうか心配です。

こんなことを思ってしまうと失礼なのかもしれませんが、本人の力が及ばなくなると人間ってすんごく重いんですね。力を使いました。ウメの場合は良い運動になるなぁで済みましたが(介抱慣れしている人ならもっとコツをつかんでいるのかもしれない・・・)たとえばコレが毎日の介護だったりすると、「介護疲れ」って本当にあるんだなぁ、と思ってしまったわけです。

ちなみに介抱されるほどベロベロになったこともないのです。その前に顔が青白くなってバタン!だと思いますが・・・。

« シンジラレナイ | トップページ | つぎ方 »

ウメのこと」カテゴリの記事

コメント

どれも言葉では言い表せない大変さがあるのだと思います。その誰もを切り捨てることの無い社会…今は逆方向に向かっている気がしてなりません。

所謂「グニャグニャ」に弛緩した状態って介助者には物凄くおもくかんじられますねぇ
それも大変ですが………
拘縮で所謂「カチカチ」の状態や、痙性が強く所謂「キンキン」の状態、アテで所謂「ピラピラ」する状態………
どの状態も各々違った大変さがありますねぇ

公助切捨て自助の時代………

この国の先が心配ですね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シンジラレナイ | トップページ | つぎ方 »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: