2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 2006年2月19日 - 2006年2月25日 | トップページ | 2006年3月5日 - 2006年3月11日 »

2006年2月26日 - 2006年3月4日

2006年3月 4日 (土)

恋愛頭脳

恋愛頭脳というサイトがありました。このサイトは恋愛観を判定してくれるサイトだそうです。いくつかの質問に答えるだけで自分の恋愛観についてバッサリ切られます。

ウメもやってみました。

>恋愛観レベル「非常識」
★全世代から見たウメさんの… 【恋愛観支持率】 17.5%
【恋愛スタイル】 長期低テンション恋愛型
【印象】 頼り甲斐があると思われています
どこか計算高い、ずるい印象を持たれています
敷居が高くてアプローチしづらそうなイメージがあります
真剣には好きにはなってもらえなさそう、と思われがちです
おもしろくない人、カタブツと思われがちです

【ウメコメント】ウメの恋愛観支持率は大変低いようです。歴代首相の支持率並みです。でもそんなに計算高いわけではありません。あ、「釣った魚にえさはやらないタイプ」と言われます。自分では最初からえさをあげていないつもりなのですが・・・。


ウメさんの恋愛観は、まず一般のそれではありません。付き合った経験も、ドラマも漫画も何もかも参考にせず、まるで地図も磁石も持たずに砂漠を歩くような無謀な恋愛観を保っています。ひとりで砂漠を歩くうちは無害ですが、そこにパートナーができれば、進む方角を巡って衝突し、いずれ別々の方角へ歩いていくことは目に見えています。この偏った恋愛観を個性だと理解してくれる、器の大きなパートナーが見つかることを切に願います。

【ウメコメント】妙に説得力のある文章でした。肝に銘じます。

 <人生における恋愛>
 なかなか良いバランスです。ウメさんにとっては、男女関係にあまり没頭するのは好ましくないようです。ヒマな人や寂しがりやな人と付き合うとトラブルも多そうですが、その気持ちも汲めればさらにウメさんの恋愛観は磨かれることでしょう
<社会における恋愛>
 ウメさんは、恋愛より社会を優先します。恋愛について非常にリアルに捉え、ロマンチックなどという言葉とは掛け離れ、他人事のように自らの付き合いを眺めます。彼氏彼女にしてみれば、本当に自分のこと好きなのだろうかと不安になることが多いことでしょう
<自己犠牲の精神>
 なかなか良いバランス感覚です。多少損得勘定に走りがちな部分も見受けられますが、自分がほどよく傷つかないための防御線としてこの程度はアリではないでしょうか。ウメさんが尽くすタイプの人と付き合えば、共鳴するようにウメさんも自己犠牲側にまわることでしょう
<ルックス>
 あまりに極端な面食いです。または彼氏彼女のファッションに物凄いこだわりがあるのかもしれません。これは彼氏彼女となりうる人の範囲を狭めるだけでなく、付き合ってからの「がっかり」の危険性を増大させます。まるで毎日カレーしか食べない人のように、明日はよくても長期的にはあちこち支障をきたしてくると思われます
<財力>
 かなり財力軽視に偏っています。これは「お金がなくとも好きな気持ちは変わらない」という美しい価値観である一方で、世の中を渡っていくにはやや夢想的な感があります。一般平均よりもかなり無頓着なので、彼氏彼女とここ(金銭面)をポイントにもめないことを祈ります
<安定と刺激>
 かなり安定志向に寄っています。もう若くないのですか?まるで地蔵です。皆が理想としているのはもっと刺激の多い生活のようです。ウメさんが冒険を好まないのならこのままでいいのですが、ウメさんのパートナーが多少冒険志向であったりすれば手を焼くことになりそうです
<駆け引き>
 ウメさんは、一般レベルより遥かに駆け引き重視です。恋愛に頭をカラッポにして向き合えないタイプです。いろいろと小難しく考えているのか、よほど振り回される恋愛に疲れたのでしょうか。女性なら悪女などと呼ばれそうです。相手も駆け引き重視だと泥仕合になりかねないので注意
<許容と束縛>
 ウメさんは、付き合った相手を束縛するようなことは好まないようです。相手に不自由な思いをさせたくないのか、相手に興味がないのか、自分が自由でいたいからなのかはわかりませんが、付き合っていることの「当然」が当然でなくなるリスクを負っていることを感じるべきでしょう
<将来への意識>
 ウメさんは、今日明日よりも、結婚や仕事をひっくるめて将来まで長く見据えています。これは頼もしいことのように聞こえますが、今日明日、つまり一日一日を大切にしない人には1年2年先はありません。ウメさんの彼氏彼女になった人の不満の声が聞こえてきそうです

【ウメコメント】それぞれのコメント、かなり当たっているような気がします。ウメは恋愛に関しては極端なんですかねぇ。

皆さんも是非やってみてください!

高すぎる

今までこのブログでおもしろUSBメモリをいくつか紹介してきました。

USBメモリと言えば手軽にデータを保存、持ち運びできるメディアとして急速に広まっています。値段も数ヶ月単位で安くなってきており、今はフロッピーに取って代わるほどの勢いですよね。

さて、そんな中、ものすごいものが発売されました。

>14カラットゴールドとダイヤモンド5個をあしらった製品で、価格は2950ユーロ(約40万円)。

40万円!!!ヘタな車が買えてしまいます。しかも40万円もするのに容量が明らかにされていないという何とも使途不明な製品です。

これは一般に販売されているわけではなく、展示会用だそうなのですが、仮に販売されたとしても買う人はいないでしょうね。

無題

ラズベリーピンク

とある所用で電子レンジを買いに、学校の近くのジョーシンアウトレットへ行きました。このお店、アウトレット品を販売しているとうたっているのですが、実質新品も多く意外な穴場。とりあえず安く電子レンジを調達しようと向かったのですが、そこでいきなり掘り出し物を発見。

シャープのオーブンレンジ(トースト機能も付いてる)がなんと8,000円ぽっきりだったのです。しかもオサレな「ラズベリーピンク」色。これはかわいいじゃないですか。一緒に選びに行った友人はイマイチと言っていましたが、オーブン機能付きで格安だったので決定。購入しました。

そこで気がついたのですが、電子レンジなどの家電製品って周波数「ヘルツ」を気にしないといけない製品なんですよね。東日本は50ヘルツ、西日本は60ヘルツ。境目は富士川あたりだったと記憶しています。高いものはほとんどヘルツフリーなのですが、リーズナブルなものはどちらかでしか使えないなんて事もあります。

ウメが以前一人暮らしを始めたときに購入した電子レンジはどうだったかな、もしかして使えない・・・なんてことがありそうです。

オジバカ

2週間に1回ぐらいのペースでウメ家にやってくる姪っ子。もう1歳4ヶ月になろうとしています。ちょっとまえまでは座布団の上でちょこんと寝ていただけなのに、今では椅子の上で楽しそうに遊ぶまでになりました。

チョコチョコ歩く姿もかわいくてたまりません。お気に入りは携帯電話のようで、電話を渡すとパカッと開いて、こっちが「もしもしー」と話しかけると、電話をかける仕草をしてくれるんです。きっと家で電話している姿を見ているのでしょうね。でもその電話が逆さまなんですよ。

それ以外にも電話を開けたり閉めたり、なんか画面に映るのが面白いみたいですね。

その他にも弟と椅子の背もたれの隙間からにらめっこをしながら遊んでいます。弟もこれまた楽しそうでちょっとレベルが似ているのかなぁなんて思ったりします。

まだウメが何者なのかはわかっていないようですが、そのうち「おじさん」ってわかってくれるんだろうなぁ。楽しみ。

2006年3月 3日 (金)

ワタシはアナタ

今日のK先生の授業は「学院を卒業したらどうするか」を学生がそれぞれ10秒スピーチして、それを同時通訳するというもの。
10秒とあなどるなかれ、これだけでも通訳面では色々難しい。

音声で話している人の隣で同時通訳をするのだが、話している文の中に「私は…」という言葉が必ずでてくる。
その/私/は指さしで表すのだが、通訳者だけを指すのではなく、話している人も指さなくてはいけない。

これができそうでなかなかできない。頭ではわかっているものの、通訳になるとそこまで気が回らない。
見ているろう者にとってはそれがないと誰のことなのかわからなくなる。

指さし一つにも重大な意味がある。

業界では

今日は3月3日。ひな祭りですね。
しかしウメ家では女の子がいなかったのでさほど重要なイベントではなかったのです。
ひなあられをおやつに食べたくらいですかねぇ。

そんなうすーい記憶しかない今日ですが、聴覚障害・手話業界では今日は別の意味を持ちます。
そう、耳の日です。
各地で耳の日にちなんだイベントが繰り広げられますよね。

ウメは…普通の一日になりそうです。

お世話になりました

卒業研究発表会でお世話になった学校に併設されている講堂。
照明や音響の設備などがしっかり整っていて学会なども開かれています。こんな立派な施設で発表しちゃったわけなんです。
昨日はここが手話の語り場となりました。音はないもののあちこちで会話が繰り広げられていました。

さあ、ここにはあと一回、卒業式でお世話になります。
そしたら卒業。晴れて社会人です。20060213175243.jpg

2006年3月 2日 (木)

無条件バトン

お友達のすーさんから受け取ったのでやってみます。

▼無条件でトキメク3人▼

1.エッセンシャルの宣伝に出てくるようなきれいなロングヘアーの人
2.母性愛を持っている人
3.手話がバリバリ話せる人

▼無条件で嫌いなものを3つ▼

1.納豆(くさぁーい。)
2.迷惑行為(こう書くと真面目っぽいな)
3.巨人

▼無条件でお金をかけられる~を3つ▼

1.携帯電話
2.パソコン関係
3.家電関係
・・・って全部電気関係やないかい!

▼無条件で好きな~を3つ▼

1.たこ焼き&お好み焼き
2.おかあさんといっしょ(お母さんではありません!!!)
3.寝ること

▼無条件でバトンを受け取らせる人▼

ウメの想いは無条件~(バカ)
興味があったらやってみてくださいね。

【手話006】卒業研究発表会

発表までを時間軸にて語る

7:00 学校の寮の学習室に集合。パワーポイントと合わせながら最終練習(っていうか手話の練習はこの時だけ・・・。)

8:15 学校へ移動。すでに何人か黙々と練習。物々しい雰囲気の中、ウメは落ち着かず教室間をウロウロ。

8:50 発表会場へ移動。ここでもやっぱり落ち着かずウロウロ。

9:20 発表会スタート。このあたりが緊張の最高潮!(ちなみにウメグループの発表は3番目。)

10:10頃(時間なんて見ていないのでこの辺からあいまい) 前のグループの発表終了。ここまで来るとなぜか緊張が収まってくる。

10:20頃 相方さんの番が滞りなく終了。いよいよウメの番。演台の前に立ち、いよいよ手話で発表・・・。

正直何をしゃべったか覚えていません。でも、何もしゃべれなくて固まってしまう・・・といった最悪の事態は無かったと思います。ところどころ何が言いたいのかわからなくなってごまかす場面もあったようななかったような。

10:30頃 あっという間に発表終了。脱力。

10:35頃 質疑応答タイム。この質疑応答も鬼門。まず手話で質問されたのを読み取り、それに対して的確な答えを返さなくてはいけない。緊張の面持ちで待つ。

10:50頃 時間切れで質疑応答タイム終了。結局ウメチームには質問が来ず。ホッとするもちょっと寂しい感じもする。

とまぁ、こんな感じでした。その後のウメは安堵感からか同期に申し訳ないと思いつつもうつらうつらしながら発表を見ていました。当日に向けて色々話し合ってきた背景を知っているので、どの発表も感慨深いものがありました。話し合ってきたもの全てを発表できないもどかしさはどのチームにもあったと思います。

このブログを見ていただいている方の中で発表会に来ていただいた方もいらっしゃると思います。本当にありがとうございました。また、もし興味を持っていただいた方がいらっしゃったら是非来年からいらっしゃってください。参加は無料です。ウメも(京都から)時間が合えば行きたいと思います。

ろう者と結婚できる?

聞こえる人のみなさん、結婚相手の対象としてろう者は入りますか?

実際、ろう者と結婚している人は大勢いますよね。しかし、その結婚の時に両親や親戚から反対されたという話もよく聞きます。

ウメの場合は「結婚できます。」(相手がいればの話ですよ、あくまでも。)

手話を勉強しており、日常生活のコミュニケーションに不便をさほど感じないのもそうなのですが、ずっと家族にろう者がいたのが当たり前の生活を送ってきたので、ウメにとってはなんの問題も感じません。

しかし、手話を勉強していない人にとってはコミュニケーションの問題など、やっぱり難しい問題も絡んできます。だから「ろう者と結婚しないなんてひどい!」と簡単に言うことは出来ません。親御さんの立場としても、聴覚障害に理解が合ったとしても実際に自分の子どもとなると・・・その気持ちも理解できるような気もします。

ろう者への(ろう者に限らないことですが)理解をどのように進めていけばよいのか。これは本当に大きな問題だと思います。ろう者自身が考えることも必要ですし、手話を通して関わっていくウメも考えるべき問題ですよね。

どっちが得意?

卒業研究発表会の打ち上げの時にろう者の先生に聞かれたこと。

「日本語対応手話」と「日本手話」。どっちが得意?

ウメは答えにつまってしまいました。どちらも自分が満足いくほど習得していません。日本手話の方は専門学校で2年間勉強しましたが、どうも日本語から離れることが出来ないし、日本語対応手話にいたってはここ最近まともに勉強していないですしね。

先日、試験でしゃべりながら手話をする機会があったのですが、言いたいことが上手く言えませんでした。それを考えると日本手話の方がマシなのかなぁ、と思います。

来月からの(もう来月から!?)職場はおそらく両方を上手く使いこなさなければやっていけない職場です。ウメの今の実力で対応できるのかわかりませんが、実際に仕事を進めながら引き続き2つの手話の勉強をしていきたいと思っています。

夢は両方をバリバリ使いこなせることですねー。あぁ、いつのことになるやら。

和田アキ子?

卒業研究発表会の前日は発表会で配布するレジュメの最終提出日でした。そのレジュメを締め切りまでに間に合わせるために徹夜で仕上げることになり、その日の授業終了後、徹夜に備えていったん自宅に戻ってから改めて学校へ向かいました。

徹夜することがわかっていたのでラフな格好で、髪型も整えずに学校へ・・・。レッツ君で学校までバリバリ走ったのですが、レッツ君の調子が悪い・・・。信号停止ごとにエンジンが止まるのです。うーん、ずっと乗っていなかったからすねちゃったのかなぁ。

それでも何とか学校までたどり着いて、教室のドアを開けた瞬間でした。

 

「和田アキ子!」

 

教室に偶然K先生がいたのですが、ウメの顔を見るなりこういって笑い出すのです。つられた同期のみんなも笑い出す始末。ウメは最初何のことだかわからずキョトン。

ウメは1週間ほど前に髪を切ったのですが、話を聞くとそのせいで前髪がバッチリそろっていたようで、それが和田アキ子の髪型にそっくりだったそうです。自分では全く意識していなかったのですが・・・。

確かにちょっと坊ちゃんっぽい感じなのですが、さすがに和田アキ子はどうかなぁ。でもウケたからいいか。

2006年3月 1日 (水)

古い言い方

ボールペンで字を間違えたときに使う修正液のことを

「ホワイト」

って最近言ってしまうようになりました。若い頃は使わなかった言葉なのに最近はつい口から出てしまいます。「修正液」よりも「ホワイト」のほうが簡単なんですもの。

「ちょっとホワイト貸して~。」

こうやって言葉遣いもオジサンになっていくのでしょうか。

発表会終了

終わりましたー。打ち上げを終えて今帰ってきたところです。

200名ほどのお客様を前にして発表しましたよ。いやー、なんとも言えない空間でした。でも終わってしまうとなんだか寂しいものがあります。いやしかし、終わって良かった。

で、ウメの発表ですが、まぁ・・・なんとか大丈夫・・・だったでしょうか。自分でも驚いたことにあまり緊張しませんでした。学内での発表会のほうがよっぽど緊張しましたよ。

詳しいことは明日載せますが、とにかく終わってホッとしました。

あ、某所からリクエストがあったので載せておきますがウメの発表を見たウメ母の感想は・・・。

「アンタの手話ちっさかったよ。」

改善いたします。

2006年2月28日 (火)

ありがたい差し入れ

学校の先生でもあるイチゴママさんが、卒研をがんばっている学生のためにと、おいなりさんを買ってきてくれました。

すこしこぶりですが、食べやすくて上品な味。そしてなによりもイチゴママの愛情を感じました。
時には厳しい指導を、時には優しく言葉をかけてくれ、いつも学生のことを気遣ってくれているイチゴママは学生たちのお母さんです。
イチゴママーありがとうございます。20060228190248.jpg

ぶんたん

学校のK先生にブログへ動画をアップロードする方法を教えた見返り?にいただきましたー。
先生は前々から手話ブログをやりたかったそうなのですが方法がわからなかったところにウメダス動画を見つけて方法を聞いてきたわけです。
先生お気に入りのムービーデジカメで撮った動画(MPEG4形式)をWMV形式に変換するのに苦労しました。

アップロードの方法も熱心にメモされていました。
無事、第一段がアップロードされたようです。やっぱり手話がきれいです。ウメの手話とは違う…。目指すべきところはアソコだぁ。20060228175020.jpg

朝を迎えました

学校で迎える初めての朝です。

2時間ほど仮眠をとったので完全徹夜ではありませんが、夜通し学校での話し合いを続け、朝を迎えました。

本番は明日。何百人の前で手話で発表・・・。いまから考えるだけで空恐ろしいですが、とりあえず体調を整えて臨みたいと思います。でも、手話の練習もしてないし、パワーポイントも完成してないし・・・。

今日は何時に帰れるかなぁ。

2006年2月27日 (月)

道路標識の新解釈

ウメが事故を起こしたことは記事にしましたが、事故を起こすとその後保険会社や何やらの連絡も大変なんですね。そして、なんだかお金がかかりそう。コツコツ上げてきた任意保険の等級も一気に3ランクダウン・・・あぁ。

今回の事故は住宅街の中の交差点での出会い頭、ウメが直進しようとして、相手の車が左方から直進しようとしてそれぞれゴッツンコしてしまった訳なんです。ウメの愛車ムーヴ君は、左側をぶつけたはずなのに右側のタイヤがすっぽり抜けてしまっていました。修理屋さんも何ででしょうねぇと言うくらいおかしな現象だそうです。果たして、愛車ムーヴ君は直るのでしょうか。

で、ギモンがあるのですが、相手方の道の地面には「止まれ」の標識と同じ絵が描かれていたんです。でも、警察の人や保険会社の人は「標識がないから効果は無い」と言うんですよね。これっておかしくないですか?標識が無くても地面に同じ絵が描いてあればそれは「止まれ」つまり、/一時停止/必要/ですよねー。なんだかそこが腑に落ちないんです。もう一度調べてやりますが。そんなわけで、保険屋から提示された過失割合は4(相手):6(ウメ)。何でもこういう事故は左方優先だそうで、ウメの方が悪いとのこと・・・。

・・・納得いかん!じゃあ、あのイラストはなんだったんだぁー!そして愚痴を言わせてもらえば相手の方が絶対スピードを出していました。(まぁ、ここで言ったからってどうかなるわけではないんですけどね。ちゃんと保険屋さんには言いましたよ。)

みなさーん、ホント事故には気をつけましょう!

さて、その標識を調べているうちに面白いサイトを見つけました。

道路標識の新解釈

道路標識についてのおもしろ解釈や提案が載っていて、思わずクスッとくるもの満載でした。ぜひ見てみてください。そこに標識占いというのがあったのですが、ウメの結果は・・・。

 

「止まれ」

 

何か後ろで大きなものが働いているような気がします・・・。

イナバウアー

トリノオリンピックで荒川静香選手が見事金メダル。その荒川選手が得意としているものが「イナバウアー」。ちまたではちょっと流行になっていたりもします。ウメも「イナバウアー」という語感がすごく好きです。いや、特に意味はないのですが。

というわけで、ウィキペディアで調べてみました。

********ここから引用文*********

イナバウアーは、フィギュアスケートの技で、足を前後に開き、つま先を180度開いて真横に滑る技である。1950年代に活躍した旧西ドイツのフィギュアスケーターであるイナ・バウアー(Ina Bauer)が開発したのでその名が冠された。

Ina Bauerは、1941年生まれのドイツの女子シングルのフィギュアスケーター。3度ドイツチャンピオンとなり、ヨーロッパ選手権や世界選手権でも活躍した。フリーの演技を得意としていたが、規定を苦手としていた。映画にも出演したことがある。

1ストロークで長い距離または時間を、ある姿勢を保ったまま滑る技を「ムーヴズインザフィールド」と呼ぶ。ムーヴズインザフィールドには、「スパイラル」「スプレッドイーグル」「イナバウアー」、「シュートザダック」などがある。そのうち、スプレッドイーグルは、両足のトウ(つま先)を外側に大きく開いて横に滑るものをいう。イナバウアーはこの変形であり、片方のひざを曲げ、もう片方の足は後ろに引いて伸ばした姿勢で、両足のトウを外側に大きく開いて横に滑る技である。上半身をそらすことはイナバウアーの要件ではないが、上半身をそらすことが多い。

現行の採点方法ではステップにもスパイラルにも含まれないので、技術点に加味されず、得点に直接はつながらない。ただし、プログラムの構成点のうち「技のつなぎ」の項目で評価される可能性がある。

********引用文ここまで*********

なるほど、得点対象にはならないんですね。それでもこれをやろうとする荒川さん、素晴らしいです。フィギュアは一種の芸術ですよね。もともとは人の名前だったという所にも驚き。

【手話005】疲れ気味だけど頑張る

徹夜!なんばしよっとね!

卒業研究発表会まであと・・・2日となりました。泣いても笑っても、できていてもできていなくても本番では発表しなければなりません。

何ヶ月も前から話し合っていたのですが、なかなか方向性もまとまらず、結局この時期にしわ寄せが来てしまいました。この時期になると「もっと前からやっておけばよかった~」なんて思うのですがそれは後の祭り。

今日は一度帰宅して、また学校に向かいます。徹夜です。オールナイトウメです。なんということでしょう。そろそろ徹夜もきつくなってくるこの時期に、果たして持つのでしょうか・・・いや、頑張るしかありません。

これから学校まで久々の愛車レッツ君でさっそうと向かいたいと思います。打倒卒業研究!!!負けるなウメ!!!

 

パン祭り

今年もヤマザキ春のパン祭りの時期がやってまいりました。
今年のプレゼントも去年と同じお皿です。友人の間ではもっぱら去年のが余ったと噂になっています。

さて、このヤマザキ春のパン祭りについて思うこと。
それは点数の付け方です。今はどうかわかりませんが、シールを25点分集めるとお皿がもらえますよね。
それはいいのですが、パンの袋に貼ってあるシールが問題なのです。1点はまだいいとしても0.5点って何ですか?非常に計算しづらいじゃないですかー。
その分合計点数を繰り上げて、小数点を使うのはやめてほしいものです。算数に弱いウメは子どもの頃からそんなことを考えていました。20060222190232.jpg

2006年2月26日 (日)

やばいかも

会食恐怖がまた襲ってきたかもしれません。

人がいるところでご飯が満足に食べられなくなっています。ちょっと前から怪しいなと思っていたのですが、どうやら来ちゃったようです。

食べ物を選んでいる時などは大丈夫なのですが、いざ食べる段になると気持ちが悪くなってしまいます。これは以前感じたものと同じ。何とか食べるものの半分がやっと。食べた後も胃が落ち着くまで吐き気が続きます。

楽しく食べられないってつらいですよね。色々なストレスがたまっているのでしょうか、それとも体調不良から来ているものなのでしょうか。

いずれにしてもほおっておくと良からぬことがおきそうなので、明日心療内科に行ってこようと思います。何もこんな時期に・・・。はぁ。

追い込み

卒業研究発表会まであと3日となりました。最後の日曜日、先生に学校をあけてもらって卒業研究を進めています。

いわば最後の追い込みでしょうか。でもなかなか進まないのが現状です。本番まで時間がありません!どうしよう。でも徹夜をするなんてイヤです。あぁ、がんばらないと。

« 2006年2月19日 - 2006年2月25日 | トップページ | 2006年3月5日 - 2006年3月11日 »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: