2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 2006年2月5日 - 2006年2月11日 | トップページ | 2006年2月19日 - 2006年2月25日 »

2006年2月12日 - 2006年2月18日

2006年2月18日 (土)

【手話003】始めたきっかけを簡単に…

流行らせてやる~

近頃「オサレ」という言葉を使っているのを見かける。ウメワードとしてバリバリ使っていたらだんだん広まってきたようだ(本当か!?)。

後輩のmaromoさんいわく。

>「オサレ」・・・「オシャレ」よりは、まぬけな語感でピッタリ来るような気がしたのでつい、使ってしまいました。

まぬけな語感・・・とはなかなかいい感じの表現です。「オシャレ」ってなんだかタカビー(死語)な感じがしません?

よし、流行らせてやる!!

まぬけな語感といえば、かつて「マシューズベストヒットTV」でよく言っていたモノの値段を聞くときの「おいくら万円」。

「いくら?」と聞くより「おいくら万円?」と聞いた方が柔らかい感じがしません???

駅ナカランチ

埼玉が誇る東北の玄関口、大宮駅に続き品川駅にオープンしたエキュート品川。
今日、大学時代の友人たちと四年ぶりに再会しました。そして(なぜか)東京駅で待ち合わせをして、東京駅の中の店でランチをしたわけなんです。
みんな元気で相変わらずで楽しかったです。それぞれ社会人生活を満喫しているみたいで、ウメの学生生活とはまた違った充実しているようでした。
ランチ自体はエキュートではなかったのですが、エキュート品川に行ったことがないということだったので寄ってみよう…寄ってみた…あれ、意外に小さい。
どこかに行ったついでに立ち寄る感じのところでしたね。20060218142354.jpg

アジアン焼きそば

おそらくタイだと思うのですが、アジア風の焼きそばです。
どちらかといえば塩焼きそばに近い感じの味でした。なぜか麺が短く切られていてフォークでは食べづらかったです。
サラダとスープとデザートのセットだったのですが、デザートはイチゴでした…春ですなぁ。20060218122431.jpg

2006年2月17日 (金)

舞台での手話

先日の学内発表会の時の自分たちを撮影したビデオを見ました。その時はものすごく緊張していたのでどんな風に見られているのか考えもしなかったのですが、後から改めて見るとなると色んなところが気になります。

緊張すると舌が出てしまうクセ・・・、はい、ありました。でも思ったより少なかったです。そして自分ではあまり気づかないのですが、猫背であること。自分では普通だと思っていても友達から言わせれば猫背になってしまっているのだそうです。姿勢が悪いというのは良くないことですよね。直さなければとは思っているのですが、なかなかうまくいきません。足が極度のO脚だということも関係しているのでしょうか。

その他、手話の文章としておかしいところもありましたが、思ったよりも自分の緊張が表に出ていなくてホッとしました。でも舞台用の手話が出来ているかと言うと・・・、うーん。

手話にハリが足りないような気もするし、遠くの人にも見えやすいようにもう少し大きく表出したほうがいいし、落ち着いた手話かというとそうでもないし・・・。

ウメは舞台向きでは無いんでしょうかねぇ。いや、通訳者は時に表舞台に立たなければいけないときもあるのです!そんなわがままは言っていられません。何事も経験・・・。経験・・・。あぁ、緊張した。

送辞

今日は学校内の式典の通訳をさせていただきました。ウメの担当は式典に参加するろう者の読み取り。ウメはどちらかというと読み取りの方が苦手です。しかもこういった式典の場合、ぶっちゃけてしまうと表出の方はろう者以外は間違おうがわかりませんが、読み取りの方はそこに参加しているほぼ全ての人に音声で伝わってしまいます。そんな意味もあって読み取りは緊張します。

式典自体はそれほど長いものではなかったので、負担は大きくなかったのですが、それでも緊張からか疲れました。やっぱり通訳者としての振るまいがしっかり身についていないのか、気を張っていないとすぐ地がでてしまいそうでした。

実際に読み取ったのですが、「ご検討をお祈り申し上げます。」が「ご検討をお願い申し上げます。」になってしまうなど、自分でも気づかないままにおかしな日本語をしゃべってしまっておりました。あぁ、どうしてすぐに気づかないんだろう・・・。

そして、ろう者が送辞を話す時ですが、通常ありがちな「皆さん・・・」的な始まり方とばかり思ってしまっていたので、それ以外の単語を表出されたときに全く読み取ることが出来ませんでした・・・。そのままではどうしようもないので思わず「もう一回。」と言ってしまいましたが、これでは通訳者失格ですよね。はぁ。これ以外にも失敗も多かったし、自分の未熟さを実感しました。

でもこういう経験をさせてもらったことは良かったと思っています。始まるまではいやでしたけど、終わってしまえば良い経験ですよね。

パワーポイント講習会

今日の放課後、卒業研究に向けて同期の中の希望者を対象にパワーポイントのグラフィカル?な作り方や、動画の取り込み方、簡単な編集方法などを教える講座を開きました。

講座と言っても本当に即席のもので、卒業研究に役に立ちそうなテクニックをかいつまんでご紹介したくらいです。お互い(緊張もありますが、)手話が心許ないのでせめてパワーポイントだけでも視覚的に・・・という思いがあるようで、皆さん食い入るようにウメのたどたどしい話を聞いてくれました。

特に動画の編集ですが、パソコンに標準で入っている「Windowsムービーメーカー」を使用した動画の編集をご紹介すると、「おぉー。」と素晴らしいリアクション。人気お料理教室の先生になった気分を味わうことができました。動画の編集ってやり始めると面白くてどんどんハマってしまう人がいます。でも「私には・・・」という敷居の高さもありますよね。ウメもかつてはそうだったのですが、いざやってみると確かに面倒ではありますが、作業自体は楽しいものです。

パワーポイントに動画を埋め込む方法、ここは皆さん発表に直結するところだけあって、しっかりメモを取っていました。パワーポイントのファイル自体に動画を埋め込むことは出来ないため、ファイルを指定させるのですが、その指定を間違ってしまうと本番の発表会の時に動かない・・・なんて恐ろしいことが起きてしまうので、ここは要注意!とお伝えしておきました。そんなウメがやっちゃったりして・・・。

さぁ、どんなスライドショーができるんでしょうか。

健康パワーをもらう

もしかしたらウメだけかもしれない喜び。
自宅の近くに有名な会社の本社や本店があるとうれしくなりませんか?何か関係があるわけではないのですが、良いとこに住んでるんだなーと思っちゃいます。

さて、ウメの春からの家の近くにサン・クロレラの本社がありました。通信販売でおなじみのクロレラですよー。
何か体によさそうですね、本社で製造している訳はなさそうですが、健康になりそうな気がします。20060128161513.jpg

2006年2月16日 (木)

ブロガー必須アイテム

ウメのおすすめで、ブログの記事を更新、又はデータ移行するためのソフト「ブログマイスター」をご紹介しておりますが、ブログのために何千円も出すなんて・・・とお思いの方も多いでしょう。

そこで、ubicast Bloggerをオススメしたいと思います。何を隠そう有料の「ブログマイスター」と中身は基本的には同じ。ブログマイスターの方は有料なだけあって多機能なのですが、フツーにブログを更新するだけならubicast Bloggerで十分です。これはフリーソフトですので無料!

対応ブログは以下の通りです。
FC2 ブログ
livedoor ブログ
NetLaputa ブログ
sb ブログ
Seesaa ブログ
ブログ人
ココログ

これらのブログを利用している方なら、このソフトを使えばメールを書くようにブログが更新できます。いちいち管理ページにログインする必要がないのです。うーん、なんと便利なソフト。

上記のブログをお使いの方はぜひお試しあれ。

ウメダスショック!?

ついさっき岩手に住むS君から突然電話がかかってきました。S君はウメの学校の元同期で残念ながら辞めてしまったのですが、今では希望の職場で頑張っているそうです。

さて、そんなS君はこのデイリーウメダスをチェックしてくれていたようで、ウメの動画を見て電話をかけてきてくれたようです。彼はウメのつたない手話に相当驚いておりました。「やっぱ国リハで2年間やると違うなー。」としきりにおっしゃっておりました。

そして彼の口から発された言葉が「ウメダスショックですよ。」という訳なんです。彼はテンションが高かったようで、かなり饒舌でした。久しぶりの会話でしたが面白かったです。

ブログを通して新たなコミュニケーションも出来れば、昔のコミュニケーションも復活。うーん、ブログ冥利につきますなぁ。

ケータイクレジット

NTTドコモが一生懸命広めようとしているおさいふケータイのサービスの一つ、ケータイクレジット「ID」

おさいふケータイに搭載されているICチップにクレジットカードの情報を登録して、カードレスでクレジットの買い物が出来るというハイテクなサービスだ。「Edy」のようなプリペイド型サービスと違い、事前にお金をチャージしておく必要がないため、使い勝手が良いとのことだ。

クレジットカードにあまり馴染みがないウメにとって、このサービスは必要ではないのだが、偶然対応の三井住友VISAカードと、おさいふケータイを持っていたため、無料で始められることもあって申し込んでみた。

インターネット上で申し込みは出来るものの、実際に使えるようになるのは書類が届いてから。これはセキュリティの関係もありそうなので仕方がない。設定自体はアプリをケータイにダウンロードして番号を入力するだけと、さほど難しくはない。

さて、実際に使ってみたいのだが、今のところ使えるようなお店でお買い物をする機会(機械も)がないのでまだ未体験。早く使ってみたーい。でも、実際にお金を払っている感覚がないので使いすぎないように気をつけないと・・・。

懸り稽古

剣道の経験がある方ならどんな稽古かお分かりでしょう。

師匠や腕前が上の人に対して、門下生(?)が1人ずつどんどんかかっていく方法で稽古をするんだそうです。

ウメは剣道なんて高校の体育の授業の時にちょこっとやって、防具が臭かったことしか覚えていないのですが、そういう稽古方法があるんですね。同期の中で剣道経験者がいたのですが、この稽古は何が鍛えられるかと言うと・・・「何でしょう。」だそうです。

えい、やー。

一万円しかないけどバス

今日の授業で先生から突然出されたギモン。

「一万円しかないのに(うっかり)バスに乗ってしまった時、悪いのはどちら?」

ウメは支払う方法を持たないままバスに乗ってしまった自分が悪いと思います。まぁ、いまどき一万円で支払えないバスもどうかと思うのは事実ですが、そういうことになっているので仕方ないと思うわけです。

実際に体験したことはありませんが、もしそうなったら運転手さんに申し訳なさそうに「すいません・・・一万円しかないんですけど・・・。」と、言うと思います。そこで愛想の悪い運転手さんが「はぁ?」的な態度をとろうものならサービス業失格だとは思いますが・・・。

しかしクラスのみんなは「両替できない方が悪い」と思う人の方が多かったんです。まぁ、当たり前といえば当たり前。

話は飛びます・・・。

サービス業経験者から言わせて貰えば「お金さえ払えばなんでもできる。」「客だから・・・。」という考え方はやめましょう。客と店という関係の前に、人間と人間のコミュニケーションを大事にして欲しいと思うのです。いくら正しいからといって相手に不愉快な思いをさせるようではなぁ・・・とつぶやくわけですね。

2006年2月15日 (水)

【手話002】卒業研究は忙しい

akkoちゃんステキ

卒業研究学内発表会も2日目。ウメも今日とりあえず発表を終えてかなり疲れてしまいました。緊張の糸が解けたといいますかなんと言いますか・・・。そんなわけで放課後はぼぉーーーっとしてしまいました。

学内発表会とはいえ、本番のリハーサルの意味もありますので服装などは本番と同じ。つまりスーツで行いました。スーツを着るといつもより老けてみられるのは仕方ないとしても、新入社員の頃スーツに着られていた感じを醸し出していた初々しい頃が懐かしく思われます。発表会が終わった後、ジャケットを脱いでセーターを着たのですが、そうするとさらにオヤジに近づき、学校の事務員さんと見分けが付かない位になりました。2ヶ月後にはこんな格好をしているんでしょうかね。

そんなことはどうでもよく、そんなぼぉーーーっとしていた放課後。夕食時になってどうしよう、マックのイタリアンのやつ食べたいねー、なんて話をしていたら、教室でセコセコレポートを打っていたminiakkoさんからステキな申し出が・・・。

「気分転換にアタシ買ってこようか?」

マジっすか?申し訳ないと思ったのですが、お言葉に甘えてしまいました。そうすると周りの同期達も食いつく食いつく。結局miniakkoさんが承った注文はなんと12人分!それを駅前のマクドナルド(&松屋&ミスタードーナツ)まで自転車で買いに行ってくれたのです。話を聞くと前かごに1つ、左右のハンドルに2つずつ袋を下げて帰ってきたとのこと。

いやー、ありがたかったです。なんだか足を運ばせて申し訳ないなと思ったのですが、「みんなが喜んでくれるなら私もうれしい。」と満面の笑みを浮かべて話してくれるminiakkoさんが神様のように見えました。キラキラーーー。

持つべきものは友ですよね~。買ってきてもらったハンバーガー(イタリアンなんたらかんたら)がとても美味しく感じました。

ちょっこれぃつ

卒業研究の話し合いで忙しい中、同期の女の子達がくれましたぁー。
モロゾフのチョコでございますーモロゾフ…自分じゃ買えませんわね。20060215172919.jpg

サイドにも動画

今年から研修生?として学校にやってきたマーボーさんに、ブログ上で動画を公開したいと相談を持ちかけられました。たまたまウメも同じことを考えてブログ上でご挨拶動画を公開したのですが、ウメの場合は動画ファイルへのリンクをそのままアップロードしただけです。

ウメもそれじゃあつまらないということで、マーボーさんに教える方法を探すついでに、なんとかオサレに動画をアップする方法はないかと探してみました。検索につぐ検索で・・・。

できました。

見つけた方もいらっしゃるかもしれませんが、このブログのサイドバーに以前アップした動画と同じものでテストがてらアップしてみました。皆さん、見られましたでしょうか?(マックのの方は見られないかもしれません。)なかなかステキな感じに埋め込まれた感じです。

この方法を応用してブログの本文内にも動画を埋め込む方法がわかりましたぁー!なんだか楽しくなってきましたよ。動画ブログのやり方を発見したわけです。この方法をマーボーさんにご紹介したいと思います。

でもちょっとめんどくさいかも・・・、まぁ、タダですからね。

リハーサル終了!

3日間ある学内の卒業研究発表会ですが、2日目の今日、ウメのチームの発表が終わりました。いやー、ほっとしました。持ち時間をオーバーしてしまったりと発表内容は100%満足!というものではありませんでしたが、何はともあれひと段落。

しかし、本当の発表日は3月1日。本番は今日のような先生方だけではなく、いろんなところからお客様が見えられます。何百人の前で手話で発表できるかどうか不安です。研究の内容ももっと詰めていかなければいけないし・・・。やることはまだまだ山積みですね。

燃え尽き症候群にならないように、気持ちを新たに研究研究!ですね。

2006年2月14日 (火)

あんちょこ

卒業研究発表を進めていく中で同期の口から出た言葉。

「あんちょこ」

どうやらカンペと同じ意味なのだそうですが、はっきりわからないので調べました。

《「あんちょく(安直)」の音変化》教科書を予習するのに、いちいち調べたり考えたりせずにすむように作られた、手軽な参考書。虎(とら)の巻。

安直の変化形だったんですねー。なるほど、勉強になります。ちなみに、ウメが最初この言葉を聞いた時、「an chocolate」の略だと思ってしまいました。時期が時期だけに。でもチョコレートに「an」はつかないですよねぇ。

ギョーカイ用語

芸能界の業界用語は「しーすー(寿司)」とか「ケツカッチン(時間ギリギリ)」とかありますよね。

手話にもギョーカイ用語があるそうです。といっても手話を勉強している人なら使ったことがあると思います。一般のろう者が使わない用語ですが、ろう者が集まる大会や公式の場での通訳によく使われる単語です。

例えば「災害」とか「障害者自立支援法」とか「CS障害者放送統一機構」とか・・・。あとは「NPO」とか「全日本ろうあ連盟」もそうでしょうかね。まぁ、考えてみたら日常の会話には出てきませんが、手話サークルの活動などでろう運動をしたことがあれば一度は耳にして・・・、いや目にしているはずです。

通訳者たるものこういった用語もスムーズに出てこないと「なぁんだ。」と思われてしまうかもしれません。地域で養成されている人ならこういうような用語に触れる機会は多いとは思いますが、国リハのような専門的な勉強をするところだと、自分から外に出て行かない限り触れる機会はあまり多くありません。

あと2ヶ月もしたら学生は卒業して地域に帰る人も多くなります。さぁ、こういう勉強もしなくては!

同時通訳をしよう!

久しぶりのK先生の授業。この授業は初めて聞く文章を同時通訳してビデオチェックしてもらうもの。グループに8人いるのですが、その中から1人が当たります。前日に学内発表会の司会じゃんけんでも負けてしまったので、嫌な予感はしていたのですが・・・やっぱり当たってしまいました。

本日のお題は「大会決議」。こういうシュプレヒコール的な文章を通訳することはありそうです。特に業界新聞を作るウメにとってはピッタリ(K先生も言っていました。)・・・。

こういう文章の最後は「~しよう!」「~をめざそう!」。という終わり方。初めて聞いた時に「よう!」と手のひらでやるわけにもいかず、迷ってしまった挙句にグダングダンな通訳になってしまいました。先生が言うにはNMSや文法で対処できるとのことでしたが、ウメにはまだその技術が足りなかったようです。常に眉をしかめた状態での通訳になってしまい、最後の方は聞き取れなかったので想像で文章を作ってしまいました。すると先生がビデオを見ながら・・・。

「ここはウソ、ウソ、ウソ・・・。」

はい、すいません。わかっていたんです。でも何にもやらないよりはいいかなーと思いまして・・・。

「~しよう!」「~をめざそう!」。さぁ、どのように出しましょうか。

司会をしました

今日から3日間は、卒業研究の学内発表会です。発表会当日に向けてろう者の非常勤の先生に見てもらったり、大舞台でどのように進行するかを体験したりと、いわばリハーサルのようなものでしょうか。

そんな学内発表会1日目。ウメはじゃんけんに負けて司会を担当することになりました。司会といっても発表者を紹介するのと質問者、コメンテーターを当てるというくらいです。それでも何十人もの前で手話をする機会はそんなにないので緊張しました。

それよりも緊張していたのが発表者の方々。見ていてもウメの緊張とは比べ物にならないほどの緊張でした。写真や動画、アニメーションを使って何とかしてわかりやすく伝えようという努力がバンバン伝わってきました。

ウメのチームは明日発表なのですが、大丈夫なのでしょうかー。のんきにブログを書いている場合ではないような気もするのです。しかし書かないと書かないでブログのことが気になるわけなんです。ブログ依存症?

スクリーンはどうしよう

手話では人を人差し指で指すことは失礼には当たらない。これが当たり前な文化で、手話学習者が気を遣って手のひらで指したりするとろう者にとってかえって落ち着かないときがあるらしい。私たち聞こえる者にとっては不思議でならないのだが、そういうものだと思って接している。全てのろう者がそうであるとは言わないが・・・。

さて、人に対してはそうなのだが、卒業研究の発表をするに当たって思ったこと。大きな会場でスクリーンを見せるときには人差し指で示すか手のひらで示すか・・・ウメ的には手のひらで示した方が見やすいとは思うのだが・・・、ココはやっぱり/確認/必要/ってことだ。

赤いレーザーポインターを使うなんてハイテクな事をしてみたいが持っていない・・・。パワーポイント2003から新しく追加された機能を使おうか・・・いや、かえってややこしくなりそうだ。

ちなみに昔学校の先生が使っていた伸びる指し棒(先っぽがボールペンになってるヤツ)が欲しくてたまらなかったので購入した。
少し前の話だが、小学校の先生が持っていたピンクの丸付けペンもかつて所有していたことがある。あれはよかった。まだあるのかなぁ。

 

2006年2月13日 (月)

PowerPoint保存の小ワザ

ウメの学校の卒業研究発表会でも使用するのですが、学校や会社のプレゼンテーションで使ったことがある人も多いのでないのでしょうか。プレゼンテーションと言えばこのソフトですよね。

発表するときはPowerPointの内容を編集するわけではありませんよね、それなのにPowerPointを立ち上げて、スライドショーの開始をクリックして・・・となんともあわただしくないですか?まぁ、大した労力ではありませんが。

そんなときの小ワザ。完成したPowerPointのファイルを保存するときに「名前をつけて保存」を選択し、保存形式を「PowerPointスライドショー」(.pps)形式で保存をすると、スライドショー用に保存をしてくれるので、このファイルをクリックするといきなりスライドショーから始められて便利です。また、一目で完成用のファイルとわかって区別が付きやすいですよね。

まぁ、ホント小ワザなんですけどね。

パワポ

難しい法律用語

法律用語が難しいという話は、不動産契約書の「甲」とか「乙」とかの話でちょこっとしたと思いますが、今日の授業では言葉の使い分けについてちこっと勉強したのでご紹介したいと思います。

●「又は」と「若しくは」
2つの言葉を連結するとき(英語で言うとorの意味)に使いますが、3つ以上のものを段階的に連結する場合は「A若しくはB、又はC」と表すそうです。こうするとAかBorCという選択になるそうです。わからん。

●「みなす」と「推定する」
「みなす」は反論を許さないのですが、「推定する」は反論を許すときに使うそうです。わからん。

●「被告」と「被告人」
「被告」・・・民事訴訟における裁判を起こされた人
「被告人」・・・刑事訴訟における裁判を起こされた人(つまり犯罪者とされている人)
民事か刑事かの違いですね。しかしややこしい使い分け方だ。わからん。

●「ないし」
一般的には「AかB」の意味で使われますが、法律用語だと「AからB」という意味だそうです。わからん。

●「善意」と「悪意」
いい人とか悪い人とかは関係なく、「善意」は「知らない」と言う意味で、「悪意」は「知っている」という意味しか持たないそうです。わからん。

こんな風に法律用語独特の使い方があるんですよね。一般人にはわかりません。

2006年2月12日 (日)

自然回復!?

HDD/DVDレコーダーのリモコンの一部のボタンが壊れていたことは以前ご紹介しましたが、今日何気なく触ってみたら、壊れたボタンのそのまた一部のボタンが直っていました。直ったのは「A」ボタンと「B」ボタンです。なんだかファミコンのボタンみたいですが、これなかなか重要な役割を持つボタンなのでかなり助かりました。

キカイというものは勝手に壊れて勝手に直るものなんですかね。もしかして寒さで直ったとか。いや、そんなことはないはず・・・。うーん、ま、直ったからいいか。

 

声がコンピュータ

ウメと同じ年代の人は一度は聞いたことがあるという噂というか都市伝説ってありますよね。

例えばマクドナルドのハンバーガーはミミズだとか。友人の友人がマクドナルドの店員から口止め料をもらったとか。でも、ミミズの肉は牛肉よりも高いそうですからかえってコストがかかるとのことですよ。

さて、そんな根も葉もない噂なんてたくさんありますが、ウメが高校生の頃信じていたものをご紹介します。

「歌手の大黒摩季は実在せず、声はコンピューター合成で作っている。」

バカらしい、と思うかもしれませんが、真面目に信じていました。当時大黒摩季さんはテレビにあまりでない人で、たまに出ていてもコメントだけとかの番組が多かったのです。そんなわけで、実在しないんじゃないか?という噂にウメは見事に乗っかってしまった訳なんですねー。今ではテレビにも出られるようになって活躍されていますけどね。

大黒摩季さん、ごめんなさい。

♪ららーらららーらららーらーららー♪

ゴリラに勝つ

愛車フィット君に装着されているカーナビゲーション、ゴリラ君。

ウメの最近の戦いは、このゴリラ君が相手。目的地を入力してからが勝負の始まり。そう、ゴリラ君が予想した到着時間よりも早く到着するべく運転をするのです。

予想時間がだんだんと縮まっていくのを見てニヤニヤ。「ゴリラ君、まだまだ予想は甘いな。」と思うわけです。でもそんなことばかり気にしていたら安全運転ではなくなってしまうので、その辺はほどほどにしないといけませんね。

逆に朝や夕方の混雑時間帯にはどうやっても勝てません。そりゃ道路状況を考慮していない予想だから仕方ないですよねえ。その辺まで考えてくれるのはあと何年後でしょうか。

広がっちゃう

二度目の登場、オサレメガネです。
快適に見えることは見えるのですが、ウメの顔がデカいのか幅が広がってしまうのです。すぐにずれてしまったり、下を向くと自然に落ちてしまったりとなかなか偏屈なヤツです。
この前小さい方のトイレをしようとして下を向いたら見事に便器の中に落ちてしまいました。する前でよかったですが、それでもゴシゴシ洗いましたよー。

買ったメガネ屋さんに行って直してもらったのですが、またしても広がり気味。そんなに主張したいのかと…。
常に狭めようとするウメの手と格闘の毎日です。20060212192932.jpg

« 2006年2月5日 - 2006年2月11日 | トップページ | 2006年2月19日 - 2006年2月25日 »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: