2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 2006年1月29日 - 2006年2月4日 | トップページ | 2006年2月12日 - 2006年2月18日 »

2006年2月5日 - 2006年2月11日

2006年2月11日 (土)

未成年がタバコ

元モーニング娘。のメンバーが、週刊誌フライデーにタバコを吸っているところを激写されてしまい謹慎するようです。どうでもいいのですが、実名をあげて報道しているところとそうでないところで分かれているのがおもしろいですね。「元メンバーA」とかなってると逆にウケます。

あの娘がタバコを吸うぐらいにいっちょまえになったものだなぁ、と思ったのですが、彼女にとってはかなりのイメージダウンになってしまうでしょう。ま、自業自得ですが。

ウメ自身は未成年がタバコを絶対に吸ってはいけないとは思いません。周りに迷惑をかけなければ。しかし、有名人である人がすっちゃーまずいんじゃないの?とは思います。自分の首を絞めることと直結しますからねぇ。

ちなみに、ウメが吸ってもニュースにも何にもなりませんが、ウメはタバコを吸ったことがありません。

靴を履き替えました

ウメ家の愛車フィット君のタイヤが新しくなりました。3年ほど前に購入してから一度も靴を履き替えていなかったので、溝なんてものが無く、ふつうに交差点を曲がるだけで滑ったりすることもあるくらいすり減っていたのです。

友人の車のタイヤが突然パン!とパンクしたなんて話を聞いていたので、母にタイヤを替えた方がいいと力説。見事に新品のタイヤになりました。

やっぱり走り心地が違いますね。道路をしっかりかんでいる感じ。母でもその違いを感じることが出来たようです。3年間でおよそ50000キロも走ったフィット君。ウメ家のメンバーは使い方が荒いですが、これからもがんばってやってください。

オリムピック

本日、トリノオリンピックが開幕しましたね。開会式が行われている頃、ウメは爆睡でしておりましたが、今回も日本人選手には頑張って欲しいものです。でもメダルを取って欲しいとは言いません。頑張った結果、たとえメダルを取れなくてもそれは非難されるべきことではないし、そもそもオリンピックに出られること自体がすばらしいことだと思うわけです。

今回のオリンピックは時差の関係で日本時間の夜に競技が行われるものが多いみたいですね。夜が苦手なウメはたぶん夢の中での観戦となるでしょうが、ニュースなどでチェックしたいと思います。

オリンピックといえばスーパーの方を思い出すのは庶民派の証でしょうか。

2006年2月10日 (金)

謎が解けた!

ウメが昔からずっと気になっていたCM。女性用下着メーカーのセシールのCMの中で、最後に「♪セシール。イボン、セナ・・・・・・」と外人さんがしゃべるあのセリフ。「ライブドアマーケティングがセシール株を売却」のニュースでセシールを思い出して調べてみました。

CMではこう言っているそうです。

♪セシ~ル il offre sa confiance et son amour

フランス語で「愛と信頼をお届けする」という意味だそうです。カタカナで書くと「イロッフル・サ・コンフィアンス・エ・ソナムール」だそうですが、多分コレを知った後でも聞き取れないと思います。

あぁ、スッキリ。

法律のお勉強

今日は一日「法律概論」の授業でした。ずーっと手話の実技の授業が続いていたので、久々の座学。こういう座学の勉強はキライでは無いのですが、つい眠気が襲ってきてしまいます。今日も隣のもけちゃんに何度も起こしてもらいました。

今回の先生は学校のI先生の中学校の同級生。中学校の頃からのお付き合いだからもう30年ほどになるんでしょうか。そんなに長くおつきあいできるなんて良いですよね。とても面白い先生でした。つまらなくなりがちな法律の勉強を、身近な話題でわかりやすく話してくれました。やっぱり日本という法治国家で暮らしていくには最低限の法律のお勉強も必要なんだなぁと思いました。

ちなみにその先生は落語家の「林家こぶ平改め正蔵」さんにそっくりな人でした。話し方も抑揚があってどこか似ている感じ。途中でこぶ平さんがしゃべっているようにしか聞こえない時もありました。

ウメは今日から和製ハリーポッターを名乗ろうかな。

この景色も…

学校の五階にある教室からの眺めです。
もうこの眺めを見ることがあまりないのかと思うと寂しい気持ちになります。

今日はきれいな青空でした。20060210150229.jpg

発想力を見習いたい

昨日、学校の帰りにカルフールに行って母への誕生日プレゼントを買いました。こういうプレゼントは何にしようと決めるのがなかなか難しく、店内を何周もしてやっと決まったわけです。

そういえば、母は毎朝コーヒーを飲むし、せんべいや大福を食べる時にお茶を飲むなぁ、ということでT-FALのすぐお湯が沸くポットと、マグカップと湯のみにしました。マグカップと湯飲みは高いものにするとかえって使ってくれなさそうなのでホントに安いもので・・・。お金もないんでね・・・。

で、家に帰って「お誕生日おめでとう」と差し出したわけです。隣に弟もいたのですが、母よりもむしろ弟の方がプレゼントの中身に関心を持ち出して、「何?早くあけて!」と言うのです。アンタにあげたんじゃないと思ったのですが、弟は待ちきれなかったようで、プレゼントを開け始めました。

包装はポットとカップの2つに分かれていたのですが、割れないように包装をされていたカップを外からさわって弟がひとこと。

「なんだろうなぁ。これ。肉か?」

肉?ブロックですか?

確かにさわり心地はブロック肉のようでした。そういうステキな発想力がウメには足りないです。聞いた瞬間母と二人で大笑いしました。まぁ、肉なわけがないですからね。

そんな弟に「お前は買ってこなかったのか?」と聞くと、「あ、忘れてた。でもボクお金ないもーん。」

ワシのほうがないわい。溜め込んでいるくせに・・・。とちょっと卑屈になった兄でした。

2006年2月 9日 (木)

姓名判断

新蝸牛というサイトで姓名判断コーナーがあったので本名を入れてやってみました。得点は100点満点です。なんだか真面目そうに書いてあります。

総運 33画 総合  王者の風格あふれる大吉数
天運 26画 先祖運 波乱と異変の凶数
地運  7画 個性  波乱を克する勇猛の吉数
人運 20画 社会性 破綻と孤愁の凶数
外運 13画 環境運 才能に恵まれた吉数
総運+人運 22.1 天運+地運+外運 12.0  得点 34.1

総運は良さそうですが、他は・・・いまいちですね。

ちなみにこのサイトにあった方言変換プログラムも面白そうだったのでこのページに埋め込んでみました。下の左の方にボタンがありますので変換してお楽しみくださいませ。

3万人突破ご挨拶。動画編。

以前ちょこっと予告したとおり動画をアップして見ました。動画です。

ココログでは無料のココログフリーで、ポッドキャスティングが出来るようになっています。また、コレを応用してビデオキャスティング、要するにビデオ配信も出来るようになっているのです。時代は進みましたねぇ。

しかし、ウメが契約している有料のココログベーシックにはまだ対応していないんです。なので、今回はテスト版と言うことでただファイルをアップロードしただけです。この動画が好評でしたらビデオキャスティングも始めてしまおうかなんて野望もあったりします。

ちなみに今回は、3万人突破のご挨拶を手話でしてみました。下手くそな手話ですけどね。いかがでしょうか???


「_1.avi」をダウンロード (約6MBあります。)

見られない方はこちら。

「movie1.wmv」をダウンロード (約1.2MBです)

(日本語文)
みなさん、初めまして。ウメです。よろしくお願いします。
私のブログ「デイリーウメダス」を立ち上げてから
3万人の方々に見ていただいて本当にありがとうございます。
これからも是非見てくださいね。頑張ります。

どこでもプロバイダーメール

最近では携帯電話の発達で、外でもメールが出来るようになりましたよね。ウメの学校でもメールをすることが非常に多いです。聞こえない人の重要なコミュニケーションツールとしてメールはもはや欠かせないものになっています。

しかし、出先でケータイ片手に文章を打とうと思っても限界がありますよね。画像の送受信もあまり出来ないし、使い慣れたプロバイダーのメールサービスをどのパソコンでも使えたらなぁ、思っている人はいると思います。

Webメールという手段もありますが、ブラウザ上での送受信は何かと面倒くさい。そこで、USBフラッシュメモリなどに入れて持ち歩けるメーラー(メール送受信ソフト)、Pochyをご紹介します。

簡単に言えばメールの送受信をするソフトなのですが、USBフラッシュメモリに入ってしまうサイズなので、例えばマンガ喫茶や友人のパソコンなど、インターネットに繋がっているパソコンさえあれば自分のアドレスでメールを送受信できます。もちろん、USBメモリに入れずに普通に使えますので、Outlookは機能が多すぎて・・・と言う方はシンプルな作りのこのソフトがオススメです。

自動で署名を打つことも出来ますし、アドレス帳も作ることが出来るので最低限の機能は持っています。しかも複数アカウントにも対応しています。ウメも学校など出先でメールチェック、送信をする時には活用しています。

デキルビジネスマンの必需品!?

バージョンアップ

ウメお勧めのビデオチャットソフト、「Sightspeed」が昨日大幅?なバージョンアップをしました。

ここのアドレスから変な英語のメールが届いて、最初は迷惑メールかと思って読んでみると、どうやらSightspeedがバージョンアップするとのこと。アメリカの本社から送られたメールのようです。そのままでは読めないので翻訳ソフトを使って読んでみると、どうやらずいぶん変わりそうなことが書いています。ってなわけで楽しみにしていました。

で、バージョンアップしたわけなのですが、ずいぶん変わりましたね。

画面の感じ(インターフェースって言えばいいんでしょうか。)も明るくなって、使いやすくなりました。でももともと英語のソフトを日本語に翻訳しているので、ところどころおかしな日本語があるのはそのままでちょっと面白かったです。

で、昨日アメリカにいる姫さんと海を越えたビデオチャットをしてみたのですが、以前したときよりもスムーズな印象を受けました。また、依然聞こえなかった音声も聞こえるようになり、小一時間ほど手話で楽しくお喋りをしました。

面白かったのが、日本人同士の会話なのに姫さんが「○○の日本の手話ってどうやるんだっけ?」とウメに聞いてきたり、姫さんが時々表現するASLの表現をウメが「それって何?」と質問したりすること。日本人同士なのにワールドワイドな会話が味わえました。

お互いの手話もスムーズな動きで、多分国内同士ならもっとスムーズになると思います。他のソフトも探してみましたが、やっぱりこのソフトが一番向いていますねー。そういうわけで、引き続きお勧めしたいと思います。みなさんぜひ使ってみて下さいね。

ママのおたんじょうび

今日、2月9日はウメ母の誕生日です。年齢は・・・書きませんが、歳よりも若く見えると思います。

ウメと母が仲が良いことは、このブログをご覧になっていただいている方ならお分かりですよね。手話という共通の話題があるという理由もあるのでしょうが、お互いに愚痴を言い合ったり、ちょっとした議論?になったり。

母の話をすると、「マザコン」と言われるのですが、まぁ否定はしません。いや、否定しておいたほうがいいかな。っていうかオトコはみんなマザコンなんです。母性に飢えているのです。世の女性の方々!これからは母性愛がキーポーンツですよ!

でもウメの場合は「ママァン。」「ママァンがいないと何もきめられなぁい」(これは極端か・・・。)なタイプでは決してありません。同じように母も子離れしていないわけではありません。まぁ、子どもである自分から見ても甘い親だなぁと思いますが。ウメもそれに甘えるのではなく自立しないといけませんよねぇ。

何はともあれ、お母様。おめでとうございます。これからもいつまでもお美しく、元気でいて下さい。

3万人

カウンターをご覧になっている方はお分かりでしょうが、このデイリーウメダス。昨日で延べ訪問者数3万人を突破しました。ありがとうございます。こういう訪問者数って管理者としては気になるものなんですよね。見に来ていただける人が多ければ多いほど、毎日の更新のやる気がでる・・・なんてわけです。

それにしても、埼玉の片田舎で手話といふものを勉強している1人のオトコの駄文にお付き合いいただいてありがとうございます。インターネットでの出会いなどというものは時に怪しいものだと思われがちですが、正しく使えればステキな出会いがあるんですよね。

要は使う人の問題。結局はそこに行き着いてしまうのではないでしょうか。インターネットは悪くありません。

ウメは思いつきでこのブログを始めて、言いたいことも書いて、時には過去を振り返る道具に使ったりもして、有効活用しているなぁと感じます。

これからも引き続きデイリーウメダスをどうぞ宜しくお願い致します。

2006年2月 8日 (水)

ワードの知識が増えた

ウメはワードを使ってラベル印刷をする方法を習得した!!

ウメはワードレベルが1あがった!!

そんなわけで、ワードについて一つ賢くなりました。いやぁ、よかったよかった。卒業研究ではパワーポイントを駆使して少しでも見やすいものにしなくてはなりません。

今度はパワーポイントの達人を目指してがんばります。

恐怖の和洋コラボレーション

放課後、教室で卒業研究を進めているとなにやら臭う。
ニオウ、ニオウゾ、ニンゲンノニオイダー(千と千尋の神隠し)並みに臭ったので振り向くと同期のminiakkoさんがコレを食べていた。

な、納豆にパン!いや、パンに納豆!この際順序はどーでもいい。なんだこの組み合わせー!そしてこのボリューム。
同期の声も「合わないんじゃない?」、「ご飯と同じ炭水化物だから大丈夫だよ。」と賛否両論。

ウメは納豆自体を食べないので、「否中の否」なのですが…これはアリだろうか…。20060207183424.jpg

2006年2月 7日 (火)

堅いのがお好き?濃いのがお好き?それとも・・・。

エロネタではありません。あしからず。

今日も学校に残って卒業研究の話し合い。この時期は仕方のないことなのですが、夜10時まで学校に残るので夕食を学校で食べることになります。今日の夕食はインスタント焼きそばの「ペヤング」です。時々無性に食べたくなるんです。「ペヤング」がウメを呼んでいたのです。健康に悪い食事ですよね、ただでさえ病院通いなのに。

ところで、インスタント焼きそば、インスタントラーメンですが、皆さんは時間通りに食べ始めますか?

ウメは時間よりもちょっと早めに食べ始めます。ちょっと堅い麺が好きなんです。それでなくても食べている間に伸びていくので早めに食べないと・・・と言うわけです。カップラーメンののびた麺は好きではありません。でも友人の中でのびた麺が好きという人もいます。うぅん、人の嗜好はさまざまですよね。

もう一つインスタントラーメンについて。よく「カップの内側の線までお湯を注いでください」とありますが、それについて面白い話を聞いたのでご紹介します。

「男性は線よりも多めに注ぐ人が多く、女性は少なめに注ぐ人が多い。」

どうですか???ウメはこの通り多めに注ぐんです。なんだか量が増えてトクをしたような気がするんです。一方、学校の同期の女性の方達は少なめに注いでいるのを見かけるような気がします。濃い味を好むのでしょうか。こんな所に性差があるなんて面白いですよね。

聞こえないのは見えない

改めて思う。

聞こえないという障害は理解されにくいということ。町で歩いていても白じょうをついて歩いているわけでもなければ、車いすに乗っているわけでもない。一見普通(普通と言ってはいけないのだろうが。)に見える。

私たちは手話を学んでいるので、多少の理解はあるつもりだ。しかし大多数のそうでない人にとって、聞こえないことがどんなことか、想像をすることすら難しいだろう。でも、それはある意味仕方のないことだと思う。「聞こえない」ことがどういう事かをわかってもらうのは無理なのかもしれない。ウメだってわかったつもりになっているだけで全然わかっていないかもしれない。

見えない障害。でもそれを見えるようにするのではなく、見つけるような目を持っていたいと思う。

 

通訳者の仕事

今日は聞こえない人の生活の事例を伺うソーシャルワークの授業がありました。様々な話を伺うことが出来て良い時間でしたが、その中でも考えさせられた話。

「また同じ間違いをおかさないようにするのも通訳者の仕事」だということ。これはどういうことでしょうか?例を出して説明したいと思います。

とあるろう者が「今日はこの仕事を一切片づけてください。」と会社の上司に筆談で言われました。そのろう者は日本語の読み書きがあまり得意ではなかったので、「一切」の意味を「いっさい」つまり全部ではなく、「ひときれ」と解釈して一部分だけやったそうです。指示が的確に伝わっていなかったと言うことですよね。

もし私たちが会社の上司で同じ事を伝える場合はどのようにすればいいでしょうか?

最初ウメは「今日はこの仕事を全部片づけてください。」と書けばいいと思いました。こう書けばいいと思った人が多いと思います。しかし、こう書けばこの時は指示内容は伝わります。しかし、そうすることで、「一切」という言葉の意味を知るチャンスを奪ってしまったことになるのです。

これは目からウロコでした。でも考えてみればそういうことなですよね。通訳者でも意味をとって翻訳ばかりしてはいけないこともありそうです。その言葉を知るという機会を奪うことにもなりかねません。

ではどう書けばいいかというと・・・。「今日はこの仕事を一切(いっさいとルビを振る)→(全部という意味)片づけてください。」ちょっとパソコンでは上手く書けませんが、ルビを振って括弧書きで意味を付け加えて書くと良いと言うことでした。うーん、これは非常に勉強になります。通訳者にとって目立たないけど非常に重要な役割なんだと思いました。

突然5分話せと言われても・・・

今日は朝から皮膚科へレッツゴー。どうしてもかゆみが我慢できなかったのと、これ以上症状を進ませては大変なことになりそうだということで、またしても授業を休んで病院通いです。

診断の結果は「急性皮膚炎」。医者はニヤニヤしながら「原因不明ですけど。」と言ってくれました。あはは。原因不明ですって。でも症状としてはそれほど重くないみたいです。塗り薬と飲み薬をもらってまた10日後に来るように言われました。

そんなこんなで午前中の授業を休むつもりで学校に向かったのですが、着いたのが授業終了15分前。どうしようか迷ったのですが、週番(日直みたいな当番)でもあり、その授業が卒業研究発表会に向けて会場を借りて、大きく手話を表現する、また時間を決めて話をする練習の授業だったので、とりあえず参加しようと言うことで向かいました。

会場に入ったのが終了5分前だったので、まあしゃべらなくてすむかなぁなんて思っていたのが甘かった。「じゃあ次しゃべって。」と言われ、壇上へ。あぁ、どうしよう。

とりあえず今日遅れた理由を説明しても1分も持たなかったので、病状の説明、そして先週行ってきた京都ツアーの話をしてなんとか時間をつぶしました。いやー、話すことが無いって困りますね。

卒業研究発表会本番は・・・10分以上しゃべらないといけないんですよね・・・。

2006年2月 6日 (月)

1000人突破

このブログではありません。

ウメはソーシャルネットワークサービスのmixiにも参加しているのですが、mixiでは「足あと」といって、どんな人が来たかわかるようになっています。そこから新たな出会いがあったりするのです。

さて、そんな足あと、つまりウメのmixiのページに来てくれた人が1000人を超えました。パチパチパチ。mixiはそれほど真剣にやっているわけではないのですが(日記もこのブログの記事だし。)、それでも地道に続けていった結果だと思います。

しかし、ネット上での出会い・会話も増えてきましたよね。10年前には考えられなかったことです。あぁ、文明の進化に感謝。

竹製

パソコンが苦手な人にとってもっともイヤなもの。キーボードです。 なんやらようわからん外人さんが作ったアルファベットというものがしかもでたらめな順番に並んでいます。一説によると当時の配列は早打ちに耐えられなかったため、ABCではなく、わざとうちにくい配列で作ったとか。

そんなアナタのココロをナチュラルにしてくれるのが、この竹のキーボード。名付けて竹千代。

キー自体は残念ながらプラスチックのようなのですが、なんとも風情のあるキーボードですよね。このほかに木製もあるとか。竹の良いにおいとかするんでしょうかね。

そのうち木製パソコンができるかも・・・。

一文字違い

埼玉にしかなく、知る人ぞ知る地方百貨店「丸広百貨店」をご存じでしょうか?
麦わら帽子をかぶった女性の絵が描いてある看板広告で川越近辺の方にはおなじみでしょう。川越市民なら丸広を知らないはずはありません。
丸広百貨店は埼玉県の飯能で創業し、本店は川越にあります。また、川越駅前にも「アトレマルヒロ」というオサレなビルを建てています。

ウメ家でもお世話になる百貨店なのですが、新聞記事を見てビックリ。

「閉店!?そんなバカな。あんなに人(おばさま達)が入っているのに?」

驚きましたが、よぉく見ると「丸井川越店」でした。そう、赤いカードのマルイです。
マルイには川越店なんて地名をつけて呼ばないのでつい間違えてしまいました。

ん、若者にとってはこれも重大なんじゃーなかろうか?川越のオサレ度が下がってしまいます。
しかし、川越のマルイはもともとしょぼくて人が入っていない印象を受けていました。近くの所沢や志木に大きな店舗もありますしね。

ちなみにウメはマルイはかなり苦手です。用がありません。ファッソンには縁遠い若者なのであります。
でもお店が撤退するってさみしいニュースですよね。

隣には鉄道に爆弾を仕掛けたといういたずらのニュース。あぁーあ。

一字違いと言えばマルイのCMにも出ている「玉木宏」と「玉置宏」は全然違う人ですよね。はい、それだけです。20060203070308.jpg

2006年2月 5日 (日)

県登録試験

今日は埼玉県の登録手話通訳者試験の一次試験を受けに行きました。一次試験の内容は筆記試験と読み取り(筆記)です。

受験者は100人ぐらい。ほとんどがマダムの方々で、男性は4,5人、若い男性に至ってはウメともう1人くらいでした。やっぱり若い男性は手話通訳には興味がわかないんでしょうかね。

試験の内容はここでは書きませんが、いやー聴覚障害に関する知識がすっかり抜けてしまっていますね。2年前に手話通訳士試験の一次試験で勉強して以来全くと言っていいほどしていませんから、びっくりするくらい忘れてしまっていました。制度や歴史・・・あぁ、また一から勉強しないといけませんね。業界新聞作るのに・・・。

読み取りは去年よりも簡単かな、と言う印象を受けました。何を隠そう(隠していませんが)去年もこの試験を受けて一次試験で見事に玉砕。その時よりも読み取れた、という感じです。これは問題自体が去年よりも簡単だったか、自分の読み取り能力が上がったのか・・・定かではありません。

もし合格したら二次試験は二週間後。さぁ、勝敗やいかに!?

リモコンが欲しい

ウメ愛用のHDD/DVDレコーダー、東芝のRD-XS40。最近ではテレビを見る機会が減ってしまったので活躍の場も少なくなってしまったのだが、今後も頑張って活用してもらうためにへたれているリモコンを思い切って購入することにした。

こういう商品になっていないものって、電気屋さんにいって「くーださぁーい」といって買えるものではない。自分が働いていたからわかるのだが、部品扱いになってメーカーに型番や値段、納期を問い合わせて数週間待って・・・というようにかなーりめんどくさいのだ。

ってなわけで、それならメーカーに電話して直接買ったらはやいんじゃね、とメーカーに電話した。日曜日なので待たされまくるのかと思いきや、すんなりつながった。しかし・・・。

「お近くの東芝を扱っている電気屋さんで注文してください。」

・・・。それがいやだからオタクに直接コンタクトとっているのに・・・。意味無いじゃないか。どうせ東芝に注文するのに。というわけで買えずじまい。あぁ、電気屋で注文するの面倒くさい。東芝の直営店(サービスステーション)にでも行くしかないのかなぁ。

あぁ、レポートの2枚目やろうっと。

パスタ1人分

今ラジオで玉ちゃんがしゃべっているのを聞きました。パスタって1人分をはかるのって難しいですよね。

パスタを1人分はかるにはペットボトルの口に合わせると1人分だそうです。少なめ。多めがご希望の方はオッケーのサインをしてその穴に入るのが1人分だそうです。

なるほどぉ。

さ、レポートやろう。

« 2006年1月29日 - 2006年2月4日 | トップページ | 2006年2月12日 - 2006年2月18日 »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: