2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 2006年11月19日 - 2006年11月25日 | トップページ | 2006年12月3日 - 2006年12月9日 »

2006年11月26日 - 2006年12月2日

2006年12月 2日 (土)

紅葉を見に行こうよう

紅葉を見に行こうよう

紅葉を見に行こうよう

最近は暖かかったために葉が色づくのも遅れ、12月になっても紅葉を見ることが出来ています。

京都市内は先週末も今週末も紅葉を見に来た人で賑わっておりました。地下鉄もいつもよりたくさんの人が乗っています。
地図らしきものを持った人がウロウロと。外国の方の姿もたくさん見られました。

そんな中京都は人が多くて大変だということで滋賀県は大津、坂本にある日吉大社に紅葉を見に行ってきました。
残念ながらピークは過ぎていたのですが、それでもいくつかはきれいな赤色に染まっていて、秋を満喫してきました。

人も少なく、落ち着いて観賞する事ができましたよ。滋賀は穴場ですね。

携帯で勉強!

ウメもお世話になっているパソコン用日本語入力ソフトATOKを制作しているジャストシステムが「全国一斉!日本語テスト」の携帯バージョンをオープンしました。来年3月までの限定オープンです。

アドレスはhttp://atok.mobiです。(携帯から。QRコードも貼っておきますので対応機種をお持ちの方はどうぞ。)

Atok_2

パソコン版では70万人が参加したそうです。ウメもやったと思います。(そしてブログで紹介した気がします・・・。)

携帯版なら手軽に出来るので、通勤途中やちょっとした待ち時間などに試してみるのが良いんじゃないでしょうか。ちなみに無料で、参加者の平均点もわかるそうなので自分の日本語力はどのくらいなのか!?携帯を握りしめて日本語の勉強をしてみましょう。

インパクト署名

メールを送るときに最後につけるのが署名。自分の名前や所属、メールアドレスなどの連絡先を記すのに使いますよね。ウメが個人的なメールで使用しているのがこの署名。

 うめだす     -Umedas- (本当は本名です)
 【PC】(パソコンのメールアドレス)
  【職場】(職場のアドレス)
   【携帯】(携帯のアドレス)

送る相手によって携帯アドレスを書かなかったり、携帯番号を書いたりして若干変えたりはしていますが、基本的にはシンプルな形にしています。一時期は署名に凝ろうと思って色々試しましたが、結局この形に落ち着きました。

人とはちょっと違ったものや、おもしろい署名にしたいという人はここここを参考にするとなかなか面白い署名を見つけられると思います。もちろん、自分で作ることも出来るのでしょうが、なかなかの手間ですからね。見ているだけで面白いものもいくつかあります。

こういうところに遊び心を入れるのもいいですよね。ただプライベートはともかく、ビジネスのメールであまり遊びすぎるのもアレなので注意しましょう。あと長々と情報を書かないように。特に携帯電話に送るときは確実に崩れるので注意しましょう!

横書きの

11月1日から首都圏と京都限定で発行されている新聞「SANKEI EXPRESS」

毎日発行でタブロイド判、上質紙、カラー面充実、もちろんテレビ番組表付き、そして珍しいことに横書きの新聞なんです。お値段が安くて月1,680円、1部売りは70円だそうです。職場にサンプルが届いたことがあったので目を通して見たのですが、横書きの方が読みやすく感じたのはウメが現代っ子な証拠なんでしょうか。

フジテレビやKBS京都では、あの木村拓哉を起用したCMを流したり、京都の駅ではポスターがデカデカと貼られていて、その意気込みが伝わってきます。

なぜに関東地方と「京都市」だけのピンポインツ発行なのかはわかりませんが、ウメもその対象に入っているわけで、読んでみようかちょっと悩んでいます。同じタブロイド紙を新聞記者として参考になる部分はあるかなぁと。

月2000円もしないんですもんね。いいかも。でもオートロックだから下まで取りに行くのがめんどくさかったりするんですよね。仕事の日はいいんですけれども・・・。(歳のせいかものぐさ。)

2006年12月 1日 (金)

カレーは混ぜる?

ハイ、想像してみてください。

はい、美味しそうなカレーライスがあります。コレはウメが作ったものではありません。あしからず。写真のようなカレーライスを出されたときにカレーとご飯を混ぜて食べますか?それとも別々に食べますか?

ハイ、シンキングターイム!

私は混ぜません。時に白いご飯だけやルーだけ食べたいときがあるので、スプーンで半分ずつすくって食べます。

さて、こういう美しい盛りつけではない場合、例えばタッパーにルーとご飯が別々に入っている場合はどうしましょう?タッパーそのままというのも味気ないですが、あえてここはお皿がないパターンで考えてみてください。双方のタッパーは多少余裕があるとします。

(1)スプーンに半分ずつすくって食べる
(2)ご飯とカレールーを交互に食べる
(3)ご飯のタッパーにカレーをかける
(4)カレーのタッパーにご飯を入れる
(5)先にカレーを全部食べて後でご飯だけを楽しむ、またはその逆(ある意味強者)

ウメの場合はスプーンに半分ずつすくうか交互に食べるかです。しかし、某友人は(4)カレーのタッパーにご飯を入れたのです。そ、それでは白いご飯が楽しめません!あぁ、白米の憂鬱・・・。

みなさまはどうでしょう???

世界で一つだけのキティ

ハーイ、アタシキティちゃんよ。ダニエル大好きなの!12月5日から、ぜーんぶプラチナなアタシが発売されちゃうのよ。お値段は1890万円。うふ、1890円じゃないわよ。バカにしないでちょうだい!

この銀色に輝くアタシは世界で一番高いんですのよ。オンリーワンよりナンバーワンよね、やっぱり。売っているところもセレブな日本橋三越よ。半蔵門線の三越前駅下車すぐよ。やだ!セレブは地下鉄でアタシを買いに来ないで。黒塗りのハイヤーでお出ましてね!

アタシスリムになっちゃって、590グラムしかないの。世の中の美女達もビックリでしょ。ダイエットにも苦労したんだから。おかげで身体が白から銀色になっちゃったの!やだぁー冗談よ。ちなみにペンダントとしても使えるのよ。誰かアタシを首から下げてみれば良いじゃない。どうせ庶民には無理でしょ!

・・・と、キティちゃんが言っている気がしたので代弁してみました。

今年はこの言葉を使おう!

先日ご紹介した流行語大賞が「イナバウアー」と「品格」に決定したそうです。

トリノオリンピックも考えてみたら今年だったんですね。なんだか数年前のような気がします。不調に終わったトリノオリンピックでの荒川選手の金メダルはすごかったですよね。「イナバウアー」はまさに流行ったような気がします。ウメは今でも職場の3時のストレッチの時に「イナバウアー」とか言って身体をのけぞらしたりしています。

もう一つの「品格」。意外と聞き慣れない言葉だったりしますが、これはウメが流行に乗り遅れていると言うことなのでしょうか。数学者藤原正彦さんが著した「国家の品格」から「品格論」に火をつけたとのことなのですが、知的人の間ではナウでヤングな言葉なんですね。

 

師匠も走る12月

というわけで、12月になってしまいました。ついこの間まで暑い暑いと言っていたのに、もうすぐ冬本番です。12月です。ウメにとって激動の2006年もあと1ヶ月で終わろうとしています。

2月には国リハの卒業研究発表会の準備やら何やらで死にそうな思いをしました。3月には卒業、そして引っ越し、さらに就職をしました。その後も取材やら出張やらで日本全国色々なところを飛び回ってもう冬です。

12月1日、今日から全国都道府県の県庁所在地で地上デジタル放送サービスが開始されました。今日は地デジの日だそうです。今日からデジタル放送のきれいな画質でテレビをご覧になっている方も多いでしょう。ウメ家は残念ながらまだまだです。あぁー地上デジタルテレビが欲しい。

年末はいろいろ忙しいと言いますが、一人暮らしのウメはさほど忙しくもなかったりします。うーん、まぁそれなりにやることはありますが、基本的にのんびりといった感じです。今年の年末年始は実家に帰ってのんびりしようかなぁとも考えておりますが、電車の混雑と交通費の出費が気になる師走の入り口です。

パラオへのお誘い?

職場ほどではないものの、ブログ上にメールアドレスを公開しているのでブログ用メールアドレスにも迷惑メールが時々やってきます。ほとんどが「わいせつ」関係のものばかりなのですが、これほどまでにわいせつ関係の需要というものは高いのでしょうか・・・。

さて、今回届いた迷惑メール?のタイトルなのですが「FW:パラオの日程について」というもの。なかなか凝ったタイトルだなぁと開いてみると、本文が何もなく、PDFファイルが添付されているだけ。その中身がパラオへダイビングに行くツアーの計算書だったのです。しかもウメ宛ではなかったので個人情報満載・・・。これって間違いメール?最初見たときはウメはパラオに連れて行かれるのかと思いました。
確かに宛先がウメのアドレスの他に「@○○商事.co.jp」のアドレスの人がいたりして、これは完全なる間違いメールのような気がしてきました。となると、これはどうしたらよろしいもんかと。間違いメールなんてあるもんなんですね。

また同じ人から届くようであればそっと訂正してあげたいと思います。

2006年11月30日 (木)

サイバー大学開校

来年4月から全ての授業をインターネット経由で行う「サイバー大学」が開校するそうです。文部科学省が正式に認可を出したとのこと。

授業は画像や音声、映像などを組み合わせた授業をインターネット経由で放送し、単位を全てインターネット上から取得できる通信制の大学です。「日本サイバー教育研究所」というところが運営するそうで、学長さんはエジプト考古学で有名な吉村作治さんが務められます。

学部はIT総合学部と世界遺産学部の2つ。作治さんが好きそうな学部もありますね。もう一つはサイバーな学部ですねぇ。入学試験については、入学願書、志望動機などによる書類選考となり、学力試験は行なわないそうなので、もう一度大学に入りたい!でもいろんな事情で通えない・・・放送大学はちょっと・・・というアナタ!

パソコンで大学に通ってしまいましょう!

ピタマック再来

またまたマクドナルドの話で申し訳ありません。半年くらい前に限定発売して大好評だったピタマックが今年の冬に戻ってくるそうです。12月15日から1月8日までの限定発売だそうです。その名も「ピタマック 冬野菜チキン」。

「ピタマック 冬野菜チキン」は、冬野菜を山椒と七味のピリマヨネースで和え、照り焼きチキンとともにピタパン内部に実装したもの。冬野菜とはレンコン、ゴボウ、にんじんなどのことだそうです。

ピタマックを食べたことがあるんですが、いつものバーガーと違った感じで美味しかったのを覚えています。グラコロが終わったら次はピタマックを楽しみたいと思います。

たまねぎまるごと

たまねぎまるごと

って四分の一しかないやんけー!というツッコミはご勘弁ください。残りは食べてしまいました。

仕事帰りに寄ったところで出てきた「たまねぎまるごとロースト」(だったと思う)です。皮までついて出てきました。本当にまるごとでした。
さすがに四等分はされていましたがまん丸で出てきても面白かったような気がします。

2006年11月29日 (水)

犯人も犯人なら・・・

小学生の女児2人を連れ去り、わいせつな行為をしたとして逮捕された被告に懲役3年、保護観察付きの執行猶予5年の判決が出されました。彼は小学校低学年の女児2人に声をかけ車で連れ去り、車内で胸を触るなどのわいせつ行為をしたそうです。

あぁーあぁ。まったく、こういう事をする男もいるんですね。この男は23歳。まさにロリ・・・なんでしょうか。

犯人も犯人なのですが、両親は「ゲームに夢中になり、犯行当日は誘拐されたことすら知らなかった」そうです。バッカじゃないんでしょうか、この両親。自分の子どもよりもゲームが大事だなんて。そんなことだから子どもが誘拐されてしまうんです。危機管理能力が足りないんじゃないかと思います、ホントに。

親の資格無しですね。

奴らに天誅を!

帰りの地下鉄で出くわしてしまったバカップル。

メガネをかけた舌っ足らずのアホそうな男に、これまたアホそうな女がくっついています。「今度つれてってぇ」…。おまえ等を地獄に連れてってやるわぁ!!
見ているだけでイライラするのは心の余裕がたりないからなのでしょうか…。誰かココロのスキマ、埋めてください。ドーーーン!!

バカなことを打ち込んでいる間に奴らは降りていきました。代わりにメガネをかけた実直そうなサラリーマンが駆け込み乗車をしてきました。乗ったとたん微動だにしなかったのが面白かった。

もう冬ですねぇ。

グラコロ命

グラコロ命

ウメにとってマクドナルドはポテトを食べに行っているようなもので、バーガーは二の次であることが多いのですが、この季節だけは違います。

今の季節商品はグラタンコロッケバーガー略してグラコロ。これが大好きです。常々これをレギュラー商品にしてくれないかと思います。クリーミーなコロッケとパンのハーモニー、たまりません。
グラタンコロッケというのが素晴らしい案だと思うわけです。これが普通のコロッケなら興ざめですよ。

みなさんはもう食べましたか?

さそり座絶好調

毎朝出勤前に必ず見ているめざましテレビの「今日の占いCountdownHyper」と、関西ローカルのテレビ番組おはよう朝日ですの「今日の占いランキング」。

今日は共に「さそり座」が一位でしたー!!(^^)/

運命の出会いあり!そして新しい才能が開花するそうです(でもうろ覚え)。さぁ、今日中に何か良いことが起こるでしょうか。ちなみに仕事中は特にいつもと変わりありませんでした。
両方が1位になる確率って計算してみたら144分の1ということですよね。(数学が苦手なので適当な計算ですが)ただ、占いは運気の流れとかもあるので占う人が違ってもだいたいの運勢が似てくるということはありそうですが、それにしてもたいそうな確率です。

全国のさそり座のみなさーん、いいことありましたか!?

2006年11月28日 (火)

microです

microです

デジタルカメラや携帯型音楽プレーヤーで使われるようになったメモリーカード。ただでさえ小さいタイプだったのがさらに小さくなっています。

携帯電話でもカメラで撮影した画像や音楽などを保管するためにメモリーカードが使えるようになってきましたよね。
代表的なのがSDカード。他にもコンパクトフラッシュやメモリースティックなど規格がありますが、今やSDカード陣営の勢力が大きくなっています。
そのSDカードも小型化が進み、通常タイプからmini、さらに今回ウメが買った携帯ではmicroSDにまで小さくなりました。
写真は普通のSDカード(アダプター)と比べたものですが、その違いにびっくり。注意していないと無くしてしまいそうです。

携帯電話に入れるなら小さいほうがいいのかもしれませんが、こうどんどん小さくなられるといちいち買い換えないといけないので大変。そうやって買わせるようにできているのでしょうか。

ちっちゃくなっちゃったー!
(これが言いたかった)
ちなみにこれは256MBで、この小ささでフロッピーディスク150枚分の容量です。はぁ。もっと大きいものもあって2GBもあります。「小は大を兼ねる」時代になってきたのでしょうか。

スウェットで

先ほどスーパーに買い物に行ったところ、見た感じ今風の女性がブランドものの紙袋を下げて買い物をしていました。が、その姿は上下グレーのスウェット・・・顔はバッチリ化粧しているのにすごい格好でした。そういうウメも寝ぐせ姿に下はジャージだったので偉そうなことは言えないのですが、近所のスーパーだからいいかなぁなんて。

ウメは昔は外に出るときにジャージなんて絶対考えられなかったのですが、今ではコンビニやスーパーなどはジャージで出かけてしまいます。まぁさすがに電車には乗りませんが・・・。

ジャージで出かけられるのはスーパー、コンビニ・・・の徒歩5,6分の範囲くらいですかねぇ。スウェットは持っていないのでわかりませんが多分同じくらいだと思いますが・・・。スウェットって温かいんですかね。今度見に行ってみます。

【手話100】活用してますか?

再生されない方はこちら

ダウンロードはコチラを右クリック

おかげさまで動画ブログも100回を迎えることが出来ました。記念すべき100回目なのにいつものように携帯の話です。まぁこれもウメらしいですかね。
(5分41秒)

2006年11月27日 (月)

野菜らあめん

野菜らあめん

今日の夕食は味噌ラーメンにしました。
ブログでも何回か記事にしているようにラーメン屋はあまり得意ではないのですが、ラーメン自体が嫌いなわけではありません。寒くなって暖かいものが食べたくなる季節ですよね。

袋ラーメンの日清「ラーメン屋さん」のみそ味だったのですが…説明しないとわからないですよね。野菜ミックスを炒めて上にどさっとトッピング。麺が見えないくらいになりました。麺も二玉分をがっつりいただきました。

まともなラーメン(これがまともと言えるかどうかはわかりませんが…)を食べたのはかなり久しぶりです。半年以上ぶりでしょうか。
暖まりました〜。

6億いいなぁ

サッカーくじのtotoの一種「BIG」で一等5億8415万円6640円が出たそうです。5億・・・いいなぁ。この「BIG」は1口300円でサッカーJリーグ14試合の勝敗予想をコンピューターが選択して購入するもので、最高当選金額は3億円なのだそうですが、繰り越しで最高6億円まで1等が跳ね上がるそうです。

14試合の勝敗を自分で決めるのではなくコンピューターに決めさせる・・・だから当選金額を大きくできるのかも知れませんが、相当当たる確率低そうですね。今回当たった人は一生分のウンを使ってしまったのでしょうか。どんな人なんでしょうね。ニートだったりして。

ウメは宝くじや懸賞というものに縁がなく、宝くじも買ったことがないですし懸賞にも当たったことがありません。まぁ人生そのものが懸賞というのならそこそこ当たっているかも知れませんが…なんてくだらないことはおいといて、要するにそういうものには当たらないので買わないのです。年末ジャンボ宝くじも発売されましたが10枚買ったら3,000円…その3,000円で何か美味しいものを食べたり電化製品を買った方がし・あ・わ・せ、と思ってしまうのが現実的なところでしょうか。

それにしてもおよそ6億円、当たったら何に使いましょうかねぇ。1億くらいは職場にどーんと寄付…しないかもしれません。多分家買って、車買って、ありとあらゆる電化製品買って、せっかくだからオサレして、家族にもいくらかあげて、半分くらいは貯金します。そして利子で生活…うーん、優雅です。ま、これも妄想です。

多分ウメが宝くじを買って大きな金額が当たったら黙ってはいられないような気がします。いや、黙っていたとしても顔に出そうな気がします。

吐き下しに注意

秋から冬への季節の変わり目というのはいつも風邪が流行りますよね。だいたいウメもその流行にのっかって風邪を引いてしまうのですが、今年の風邪はなんだか大変なようです。

病名はウイルス性の「感染性胃腸炎」だそうで、症状としては「吐いて」その後「下す」のだそうで、相当キツイ症状のようです。ウメの職場でもすでに2人がこれにかかってしまって大変だったと話しています。ウイルス性なので風邪の一種なのは確かなのですが、予防するには手洗いとうがいしかないと言うことです。

特に小さいお子さんの場合は症状が重くなるそうですから、家に帰ったらまず手洗いとうがいをきちんとするところから始めましょう。引いたらやっかいそうですからね。

2006年11月26日 (日)

【手話099】試験の感想

再生されない方はこちら

ダウンロードはコチラを右クリック

本番に弱いところが見事に出てしまいました。これからもひびしょうじん。ですね。
(5分20秒)

3年目の試験:読み取り編

さて、読み取り通訳試験は今年から2問になったのと、一部屋で同時に4人が行うというスタイルに変わりました。同じ部屋で試験をやるなんてなかなか大胆な方針転換ですよね、他の人の解答が聞こえそうな気がするんですけど・・・。それを防ぐためだろうとは思うのですがヘッドホンが密閉式になっていました。

さて、読み取り試験ですがこちらの方も・・・とほほ。1問目は自分の家の水の話で、後ろの山に雪が積もってそれが地下水になるので、水を一日中流しても大丈夫だとかそんな話でした。最初話の筋が見えずに自分の家の周りを紹介したいのかと思いましたが、途中から水の話だとわかり(わかりづらかった・・・)なんとか修正したもののしどろもどろ・・・。

2問目は「会社の事情」でした。テーマを出されたときに「リストラの話だなぁ」と思ったのですが、どうやら当たったようです。しかし肝心の「リストラ」の手話が読み取れず、そこまで話を持っていくのに時間がかかってしまいました。自分がリストラを宣告されて会社と交渉する様子を通訳したのですが、「弁護士」を「通訳士」と読み間違えたり、出社最後の日に「悲しまずに頑張ろう」という話をしたことは読み取れず、最後は尻切れトンボに終わってしまいました。

とほほ・・・。

ま、実力が追いついていないって言うことですね。来年は学科試験が免除になるのでそこでまた頑張ります。

3年目の試験:聞き取り編

さてさて手話通訳士試験も3年目にかかってまいりました。3度目の正直で今年こそなんとかなるか、それとも今年も試験の前にやられてしまうのか・・・。と、いうわけで受けて参りました。今年から画面の手話を見て解答用紙に書くタイプの試験はなくなったので、聞き取り試験と読み取り口頭通訳試験が2問ずつになりました。

聞き取り通訳試験・・・はやっぱり手が動きませんねぇ。試験が始まる前にはほとんど緊張していなかったのですが、カメラと試験官の前に立つと緊張して受験番号を表す手話を間違えてしまいました。トホホ・・・。

1問目のテーマは「新しい医療の受け方」です。ゲ、医療だ。なんだか病気に関する新しい手話がどんどん出てきそうな問題です。聞いてみると「セカンドオピニオン」の話でした。「セカンドオピニオン」って新しい手話があったような気がするのですが、そんなものは覚えていない(おいおい)ので、なんとか指文字でごまかしましたがごまかしきれたかどうか・・・。

本文中にあった文。「主治医に失礼になるのでは」「ガンや心臓病のように、治療方法が日進月歩している領域では」や「平成18年4月から3割負担の患者の場合は1,500円で請求できるようになりました」・・・、あぁ難しい。しかもちょっと早口だったような気がします。まぁ完璧に出来なくてはいいものの、首をかしげるできで、終わった後思わず苦笑いしてしまいました。

2問目は「夢を叶えたイチロー」・・・。そうきたか。試験でイチローの話が出るとは思いませんでした。てっきりどちらか一問は「障害者自立支援法が施行されて負担が増えた・・・」関連の話が出ると思っていたのですが、甘かったようです。

「天才」という言葉を聞いて/天/とやってしまいそうになったウメはまだまだダメですね。(/天才/の手話もわかりませんでしたし。)しかしこちらの文章の方がわかりやすく、いくぶんか出来たような気がします。まぁ「出来た!」という部類ではないですけどね。難しかったのが「自らの夢に対して代償を払おうとする本気があふれています」という文。言葉にとらわれず「遊ぶ時間少ないけど頑張った」と訳したような気がします。これで良いのでしょうか。

やっぱり手話が落ち着いていませんでした。とほほ。

二次は来年も…か?

手話通訳士の二次試験をさきほど受けてきました。
幸い試験会場はウメの家から電車一本でいけてさほど遠くはないところにありました。しかし西日本はすべて大阪なので遠くから受けに来る人は大変でしょうねー。

さてさて試験会場に向かうバスに乗り込んだのはいいのですが、見渡す限りおば…いやいやお姉さま方ばかり。しまいには誰かの携帯電話の着信音で「渡る世間は鬼ばかり」のオープニングテーマが流れ出し、いきなりくすっと笑ってしまいました。
試験は聞き取り通訳と読みとり通訳が二問ずつ。出来ばえは…ダメですかねーまた来年うけることになりそうです。
詳しくは後ほど書きたいとは思いますがどうしてどうして、試験になると緊張しちゃって手が動かないんですよ。まぁ口もあんまり動きませんでしたけど。

受験番号がうしろのほうだったので二時間も待たされ、それだけで疲れてしまいました(>_<)

« 2006年11月19日 - 2006年11月25日 | トップページ | 2006年12月3日 - 2006年12月9日 »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: