2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 2006年10月29日 - 2006年11月4日 | トップページ | 2006年11月12日 - 2006年11月18日 »

2006年11月5日 - 2006年11月11日

2006年11月11日 (土)

【手話094】ちょっと太った?

再生されない方はこちら

ダウンロードはコチラを右クリック

この歳になると油断すると太っていきますよね。気にしすぎもいけませんが、気にしなさ過ぎもいけません。
(2分39秒)

プレステ3発売

今日11月11日は次世代ゲーム機のプレイステーション3が発売される日です。宣伝でも煙突やコンセントで「1111」を表現しインパクトを出そうとしていますね。

そもそもプレイステーションが発売されたときは「えー遊ぶ駅かよ」とバカにしていたウメですが、ここまで流行るとなかなかそんなことも言えません。

プレイステーションは発売日が12月3日で123だったり、今回のように1111だったりと凝っているようです。まぁそんなことはたいしたことではないのですが、今回も入手はしばらく難しそうですね。近くの電気屋さんでも「抽選販売」や「入荷数未定のため予約は受け付けておりません」との張り紙が貼ってありました。

ウメはバリバリのゲーム世代ですが、社会人になってからあまりやらなくなりました。一応プレイステーション2は家にありますが、友達が遊びに来たときや相当ヒマだけど眠くないときにしかつけません。

プレイステーション3は49,800円、高いモノだと7万円近くもするそうです。これはお子様が気軽に買える値段ではなく、むしろウメと同世代のゲーマー達がこぞって買っていくことを想定しているのでしょう。そもそもロールプレイングゲームやそれ以外のゲームでも画像がきれいになったのはいいのですが複雑すぎてやる気が起きません(笑)

手軽に遊べて盛り上がるゲームが良いですね。でもやりすぎて目を悪くしたり腱鞘炎になったり引きこもりになったりしないように・・・。

2006年11月10日 (金)

クマさんUSB

お菓子みたいですが食べられません。石けんみたいですがキレイにはなりません。アロマみたいですが良い香りはしません。これはパソコンで使うUSBメモリです。ここで何度もご紹介しているソリッドアライアンスから発売されました。

コンセプトは「メモリーを食べ過ぎて太っちゃった」・・・なるほど、なかなかセンスがいいじゃないですか。そのコンセプト通りお腹の部分がぷくっとふくれていてかわいい感じです。ちなみにパソコンに接続するときはクマの頭がキャップになっているのでそれを外します。そうすると顔が出てくるんですよ。

お値段は256MBで3,980円。ちょい高めですがクマさんフェチにはオススメの逸品です。

手からあったか

サンコーレアモノショップはパソコンで使用するマウスの本体に電熱線を備えて手のひらを乗せる部分を暖めるマウスを発売しました。お値段は2,980円です。

裏面には温度調節が出来るダイヤルがあるというなかなか凝った作り。冬には手がかじかんでキーボードを打つ手も冷え冷えなウメには良い感じの商品かも知れません。でも片方の手しか暖まらないですよね、コレ。

予告してどうするのか

文部科学省の大臣宛にいじめによる自殺予告の手紙が届いたことが報道されてから、その後も次々と自殺予告の手紙が届いているそうです。

一通目は「豊」の消印だけが判別でき、該当する地域の教育委員会などに通達を行ったそう。そして文部科学大臣は「君たちのことを放っていない」とかいうコメントも出したそうです。確かにこの対応は間違っているとは思いませんが、どうも騒ぎすぎたようです。

その後も何通も手紙が届いているようです。文部科学省に予告すれば対応してくれると思っているのでしょうか・・・。逆に言えば身近な先生や親では対応できないと思いこんでいるのでしょうか・・・。差出人を特定できないようにしているものは何の目的があるのでしょうか、とにかく誰かに聞いてもらいたい!そんな思いがあるのかも知れません。

ただ、こういうニュースが報道されるといたずらで手紙を送っている可能性もあります。ある程度調べは付きますがしかし真実は闇の中です。

死ぬことを予告するなんて悲しいことです。いじめられているのはつらいかもしれませんが、もっと身近に助けてくれる人がいないか、その目で探せばきっと見つかるはずです。甘い考えかも知れませんが。

そのお金で・・・

テレビで時折ホームレス特集をやっているのを見かけます。それぞれホームレスになった事情というものがあって、一概に疎んじるべきものではないというのはわかります。働きたくても働ける場所がないというのもわかります。

でも、でもですよ。

インタビューなどでタバコを吸ったり酒を飲みながら答えている人を見ると、「そのお金を貯めようとは思わないのか?」と言いたくなります。

食べるものにも困っていると言いながらスパスパ・・・。なんだか釈然としません。そんなに止められないものなのでしょうか。ウメが酒もタバコもやらないからその気持ちがわからないだけかも知れません。

膝掛けゲット!

ウメの職場は同僚曰く夏暖かく冬涼しいという素敵な職場だそうで、その通り夏はとっても暑くうちわとエアコンのお世話になりました。
季節変わって11月に入ったわけですがすでに職場内の気温がひんやりしているような気がします。おぉ、これは冬の寒さの方がひょっとしてツライのではないかと感じるようになりました。先日の寒波襲来の時には足先手先が冷たくなってしまい、あぁ、人のぬくもりが欲しいなぁと思った次第でございます。
しかもウメの席の後ろには使われていない出入り口のようなドアがあって、すきま風がひゅーっと吹き込んでくるのです。これは真冬になると地獄・・・ただでさえ京都の冬は寒いというのに・・・。

そんなわけで今のうちから防寒対策と言うことで、まずは膝掛けを購入することにしました。膝掛けと言えば女性がよく使うイメージですが、この寒さを考えるとそんなことも言っていられません。寒かった日の仕事終わりに探しに出かけました。
予算は1,500円くらいまで。(この辺がケチい)フリース素材のものが暖かそうだと思ったのでユニクロに行ったのですが売っていません。残念。そこで次に無印良品に行ったらすぐ見つかりました。「洗える(何とか)膝掛け」!これですよ。待っていたのは。お値段1,200円、うん、予算内。色はグレート薄いブルーとカーキがあったのでカーキを購入しました。

素材的に薄いかなーと思いましたが、やっぱりあるのとないのでは暖かさが違いますね。すこし大きめのサイズなので羽織ることもできちゃったりします。これはもうこの冬お世話になるしかないな。
と、いうわけで膝掛けはオッケー。次は後ろのすきま風を防止するすきまテープだ!

2006年11月 9日 (木)

生ヤドカリ

生ヤドカリ

動いているヤドカリを十何年ぶり…いや、初めて見たかもしれません。

宮崎は青島の「鬼の洗濯板」で海とたわむれていたら、ふとヤドカリがたくさんいることに気がつきました。どれもちっさくてチョコチョコ動いています。
でもあんまりかわいくないですね、どちらかといえばちょっと気持ち悪い感じ。浜辺で見ているとNHK教育を見ているようでした。

ちょうど貝から貝にお引っ越しをしようとしているヤドカリを見つけて眺めていたのですが、なかなか引っ越せません。まぁ今までずっとくっついていた仲ですからなかなか離れられないのでしょう。

ヤドカリだって必死に生きているんだぁー。そんなことを感じた時でした。

【手話093】福祉とは

再生されない方はこちら

ダウンロードはコチラを右クリック

イメージと現実は似て非なるものなり・・・。
(5分43秒)

携帯からでもmixi

SNSのmixiが流行りだしてはや2年くらいになるでしょうか。ウメの周りでもやっているがたくさんいます。招待制のサービスで招待がないと参加できないにもかかわらず会員数をどんどん増やしていて、ろう者でやっている方も多いですよね。ウメもやっています。

コミュニティ(趣味の集まり)を見てもろう者・Deaf、通訳者や手話学習者などのコミュニティがたくさんありますよね。その他のぞいているだけでもホントいろんな集まりがあって楽しいです。電気屋さんが好きな人の集まりもあってウメも参加しています。おぉ、同士よ!

さて、そのmixi。携帯電話からでも参加できるのはご存知の方も多いとは思いますが、今までは携帯でメッセージの送受信が出来ずに微妙に不便でした。裏技としてメッセージの送受信をする方法はあったのですが、微妙に不便。有料会員になればできるのですがそれもまた・・・ねぇ。

それが12月2日より、無料会員でも携帯電話のmixiモバイル上でメッセージの送受信が出来るようになるそうです。これで外出時にmixiにメッセージが来てもやりとりできますね。12月4日からは携帯電話でも入会が出来るそうです。パソコンレスですね。ただ、入会には今まで通り誰かからの招待が必要とのことです。そこは守って欲しいですね。

こういうサービスが流行っているのも、「不特定多数の人に自分のことを知られたくない、自分の日記を読まれたくない」「けど誰かに自分のことを知って欲しい」「友達を見つけたい」という人が多いからなのでしょうか。

全世界に顔を公開してしまっているウメって・・・珍しい男ですね。はは。

2006年11月 8日 (水)

【手話092】新聞の役割

再生されない方はこちら

ダウンロードはコチラを右クリック

メディアが氾濫する時代だからこそ独自性を高めていかなければいけないんですよね。難しい・・・。
(4分47秒)

酒が止まらない?

酒が止まらない?

おみやげ屋さんで見つけたおつまみ系みやげ。焼き鱈です…が巨大です。丸めてあると野球のバットみたいです。

焼酎が好きな某友人は「こんなんあったら酒がとまらへんわー」と言っていました。好きな人は好きなんでしょうねー。少しずつちぎって食べながらお酒をチビチビ…酒飲みにはたまらない瞬間なのでしょうか。
酒飲みじゃなくてもこういうおつまみ系のお菓子が好きな人にはたまりませんね。ウメも実はそうなのですが、この巨大な鱈をもって飛行機に乗るのはためらわれたので今回は断念。

おつまみはチーズ鱈とピスタチオが好きです。しかし酒はあまり飲みません。

サラダボウル

サラダボウル

サラダではありません。この下にドライカレーが入っています。

宮崎でふと入った喫茶店のオリジナルメニューだそうです。この他にもTORIボウルや和風ボウルなんてのもありました。
野菜がたっぷりいただけて健康的ですね。意外とドライカレーが辛くて食べるのに苦労しましたが…。

竜巻の猛威

北海道の佐呂間町に竜巻が発生して9人の尊い命が失われました。関西地方でも気温が低く、風も強かったようですが北海道の方は相当すごかったのでしょうか。

家が倒れ、電柱も倒壊し、まるで映画を見ているかのようだったそうです。そしてあっという間に9人がなくなってしまった・・・いつになっても自然災害というものは恐ろしいものです。日本で竜巻というのも珍しいですよね。よく海外、特にアメリカなんかで竜巻が発生した映像を見ることはありますが、あれだけでも恐ろしく感じます。それが自分の家の近くで発生したと思うとおぞましいです。

亡くなった方の中には誕生日の人や昨年子どもが産まれたばかりの方もいるとか・・・。ご冥福をお祈りいたします。

2006年11月 7日 (火)

コンニチハ

コンニチハ

友達からもらった写真です。珍しい家ですよねー。

こんな家を作るユーモアがほしいです。

青島くん!

青島くん!

最終日は時間があったのでちょっと宮崎っぽいところに行こう!ということでレンタカーを借りて観光地の青島に行ってきました。

海に浮かぶ島なのですが海岸線に近く、歩いていける距離。島の周りには洗濯板のような岩が広がっていました。
島には神社があり、25円を入れてお参り、おみくじを引いてきました。ちなみに吉でしたよ。

宮崎の海はきれいで澄んでいました。波も穏やかで海の香りが心地よく癒された気がします。青島の近くの海岸で波と戯れたりして海を満喫しました。
京都府にも海がありますが、京都市内から海にでるには結構な時間がかかり、なかなか見られません。

海は良いですねー心が洗われます。

冷や汁

冷や汁

宮崎名物の冷や汁です。ウメは頼まなかったのですが、友達が注文したので撮らせてもらいました。

あったかいご飯に味噌やゴマ、魚のすり身、シソなどいろんなものが入っている汁をかけるスタイル。ちょっともらいましたがあっさりしてておいしかったです。
入ったお店はおじいさんとおばあさんが二人でやっている小さなお店。道にあった看板に誘われて入りました。店内は10人も入れない狭さでしたが、なんとも言えない味がありました。
店内のテレビではのど自慢が流れていて、素人の歌を聴きながらおいしく宮崎の味をいただきました。

2006年11月 6日 (月)

Y2B

少し前まではYKKでした。

ウメが大好きな家電量販店の3強と呼ばれるお店です。Yはヤマダ電機、Kはコジマ電気とケーズデンキです。それが今はY2Bに変わったそうです。

Yのうち1つはそのままヤマダ電機、強いですね~。売上高が1兆円を超えたということで家電量販店業界ナンバーワンのお店になりました。郊外に行けば大きいヤマダ電機のお店があることが多いですよね。車でふらっと行くには良いお店です。でも店員の愛想はあんまり良くないですね。

もう1つのYはヨドバシカメラ。まぁーるい緑の山手線!駅前に巨大な店舗を構えることで有名です。梅田や秋葉原、博多や札幌などここ最近では関東以外の都市にも出店しています。来年には京都にも出店する予定です。電気屋さんでよくあるポイントカードを始めたのはこのチェーンです。

Bはビックカメラです。よくヨドバシカメラと間違えられますが、こちらは池袋の本店が有名ですね。ふっしぎなふっしぎないっけぶっくろー!CMの最初に流れるポケットベルの音が耳障りです。こちらも来年京都に出店を予定しています。

京都は大型家電量販店が少なく、ウメはさびしかったのですが来年はウメにとってウハウハな年になりそうです。

【手話091】宮崎に若者が

再生されない方はこちら

ダウンロードはコチラを右クリック

ウメ最南端です。若者のパワーに元気をもらったような気がします。
(4分32秒)

はにわも有名?

はにわも有名?

宮崎のホテルのロビー(泊まったところではない)に並んでいたはにわ達。

宮崎ははにわも有名なようで、ホテルのロビーで販売していました。一番大きいので一万円。高いのか安いのかわかりませんが…。
薄暗いホテルのロビーにはにわが並んでいると相当怖いですね。

東横インにイン

東横インにイン

宮崎で泊まったホテルは少し前に世間を騒がせた東横インでした。
社長のあのあっけらかんとした会見にはびっくりさせられましたが、基本的なサービスはいいホテルだと聞いています。
数々の批判を乗り越えてサービスも改善したみたいです。

部屋はとてもきれいで広くてびっくりしました。ベッドも大きめのセミダブルサイズ。
部屋にはお決まりの絵が飾ってありました。裏はめくりませんでしたが…。ユニットバスもかなりゆったりめ。うーんやっぱりサービスはいいですねー。

変わっていたのは朝食はロビーでおにぎりと味噌汁ん食べるというスタイル。なんだか不思議な感じがしました。

飛行機に乗るとき

飛行機の手荷物検査って必要なことなんでしょうけれども非常に面倒くさいですね。

ウメは今回パソコン(DynaBook君)を持って行ったのですが手荷物検査の時にいちいちカバンから出さなくてはいけないことを初めて知りました。パソコンには何かあるのでしょうか・・・。ま、結局そのパソコンはブログ更新と部屋で音楽を聴くのにしか使わなかったのですが・・・。

その他にもベルトを外したり小物を取り出したりと、なかなか面倒です。でも安全のためには協力するべきなのでバシバシはずしました。おかげさまで今回はピンポーン!と鳴らずにすみました。

あの機械って人工内耳をつけている人は必ず鳴るそうなのですが本当なのでしょうか。そもそもどういう仕組みで金属を感知しているのかが非常に気になるところです。メガネやピアス、ピンバッジくらいの金属は通すということはどこかしらの判断があるわけでしょうし。

飛行機に乗るとそのまま乗れる新幹線の便利さを痛感するわけであります。でも飛行機だと本当にあっという間ですよね。大阪から宮崎まで飛んでいる時間は正味1時間弱。あとは離陸やら着陸やらの時間なので、飛行機のスピードってすごいなぁ、人間ってこんなもの作っちゃったんだなぁと思います。

若者宮崎に集う

南国宮崎での時間はあっという間に過ぎてしまいました。今回全国ろうあ青年研究討論会(略して全青研)には初めて参加したのですが、これだけ若いろう者が集まる機会に参加できたことを嬉しく思います。
それにしても宮崎は暑かったです。もう11月だというのに昼間は25度。さすが南国です。ろうあ青年の熱気がお空に伝わったのでしょうか。
今回はAPキャンプの参加者もいて、日本の手話の他に国際手話にもたくさん触れる機会がありました。日本の若者が国際手話で挨拶している姿にあこがれ、いつか日本の手話がそこそこマシになったら国際手話と英語を勉強したいなぁと思うようになりました。ホント最近国際手話に触れる機会が多くてウメの頭の中は???ばかりです。それでも少しずつ単語は増えてきています。ボチボチ勉強ですな・・・。

仕事だったので分科会などにゆっくり参加することはできなかったのですが、来年(滋賀です)機会があれば個人参加もしてみようかなと思いました。やはり年が近い者同士、いろいろ語り合うと言うことはまさに青春。青春ボンバーです。
まだまだ向こう数年間は参加資格があるわけですし、今後もこういう集まりがあれば出向きたいですね。

2006年11月 5日 (日)

民放2ちゃんねる

民放2ちゃんねる

宮崎で泊まったホテルのテレビチャンネル表。

一見すると多そうなのですが、内2つはホテル独自の映画チャンネル(アダルトではありません)、二つはNHK教育と総合なので民放が2チャンネルしかないんです。
いやー地方ですなぁ。番組表を見ると東京のテレビ局の番組がいろいろネットされていました。(クロスネット)

地上デジタル放送は今年の12月ぬ開始するそうです。デジタルになればチャンネルが増える…訳でもないですよねぇ。

川の流れのように

川の流れのように

宮崎市内を流れる大淀川です。

ウメは町中を流れる大河をぼーっと見るのが結構好き。今回も数分ですがゆったりとした流れを見つめていました。
こんな川の流れのようにゆったりとした気持ちを持ちたいですね。

キーボードの文字配列

パソコンが取っつきにくい原因の多くが英語が並ぶキーボードでしょう。ウメの世代より下の人はそれほどアレルギーがないでしょうが、バリバリの頃はパソコンなんて無かった世代の方々はキーボードの並びを見るだけでクラクラ・・・。

なんでABC順じゃなくてこんな並びになったかというのは、このブログでも前に書いたような気がしますが、昔のタイプライターが早打ちに対応しておらず、わざとうちにくい配列にしたからなんだそうですね。そこから伝統というか、一度決めたものを変えるのは・・・というので今のパソコンにまで続いているようです。

こんな並びでも、しかも英語を基本に作られているものでも慣れというものは恐ろしいもので(仕事などで必要とされているからかも知れませんが)それなりに文字を入力できる人が多いというのはやはり時代なのでしょうか。

もう一つこの話をきいてへぇと思ったのですが、昔のタイプライターの販売員さんが実は打ちにくいこの並びで売り上げを伸ばすために早打ちを実演した文字が「typewriter」だそうなんです。なんでこの文字を選んだかというと・・・。

キーボードの上から2段目の列の文字しか使わないから速く打てるんですって。へぇ。

« 2006年10月29日 - 2006年11月4日 | トップページ | 2006年11月12日 - 2006年11月18日 »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: