2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 2006年7月16日 - 2006年7月22日 | トップページ | 2006年7月30日 - 2006年8月5日 »

2006年7月23日 - 2006年7月29日

2006年7月29日 (土)

味ぽん

お鍋と言ったらミツカン味ぽん!

季節外れです。いや、さっぱり食べたいときには味ぽんは欠かせないですよね。

この味ぽん、調味料の味ぽんの他に、もう一つ意味があるんです。ウィルコムの電話機のことです。ウィルコムはPHSサービスを展開している会社で、つい最近も「W-ZERO3」の新型機種を発売したばかりです。これ、すごく欲しいんです。ダブルキーボードにVGA液晶、メガピクセルカメラ、メールソフトにOfficeソフトなど、かなりの多機能ぶり。

旧型の機種をBan.さんが持っているのを見せてもらったことがあるのですが、その多機能ぶりに感動しました。欲しい!と思ったのですが、かなりデカイのと、動作が「もっさり」していそうだったので、断念。今回のものはかなり小型になり、動作性能もあがったそうなので、口コミなどを調べつつ要チェックなウメです。

あ、すっかり味ぽんと話がそれていますね。でウィルコムの電話機のことをどうして味ぽんと言うのかというと・・・。

「Air-H" PHONE」→「エアーエッジフォン」→「えあーえっじふぉん」→「アエジホン」→「アジホン」→「味ぽん」ということなんです。これウソのようで本当なんです。

これと同じパターンで京セラが作っているウィルコムの電話機を「京ぽん」といい、三洋電機が作っているものを「洋ぽん」と言います。「京ぽん」はウィルコムが加入者数を増やしたきっかけとなった大ヒット機種。携帯電話に比べて格安でインターネットやメールができるなど、かなり画期的な商品です。

味ぽんを持っていらっしゃる方、結構多いですよね。味ぽん同士(つまりウィルコムの電話機同士)だと通話料が定額になるサービスも好評で、メールも定額、ろう者でも持っている人が多いですよね。

PHS(070)だからといってバカにしてはいけませぬ。

手話で話すのはやはり楽しい

全国のろう者と話す機会がありました。通訳ではないので声を出さずに久々に学校で習っていた感じの手話で話しました。最初は手話が読み取れないときもありましたが、会話が進むにしたがって慣れてきて楽しくおしゃべりが出来ました。

色んな地方の手話を見られる機会はそうそうないので、非常に良い機会になりましたし、気がつけば細かいことを気にしないで、言いたいことを自然に手話で話している自分がいました。

話した内容一つ一つは大事なものではないかも知れませんが、こういう経験・・・もっと言えば思い出が手話を続けてよかったなぁ、と感じる原点でもありますし、これからも頑張って続けようと思います。

(自己紹介が遅れたので)名前もしらないろう者と楽しく話をする。聞こえる人の世界では名前を知らない人と話すってことはなかなかないですよねぇ。話がさんざん盛り上がって・・・「で、お名前何でしたっけ」って考えてみたらフシギです。

これをきっかけにしてどんどん輪が広まれば良いなぁと思います。

アクセルホッパー

大人気の笑い番組「エンタの神様」に出ているピン芸人さんの「アクセルホッパー」はご存知でしょうか。「ポッポンスポポーン!」とか言いながら踊り狂う芸人さんです。

ちなみにあの方、埼玉県春日部市出身だそうです。おぉ同郷。しかし東埼玉と西埼玉・・・うん、同郷とは言えないな。

そんな彼のネタは「おバカなテンポとおバカなダンスでサタデーナイトにバカ集合」だそうです。うーん確かにバカっぽいけどあれは計算された笑いですね。

エンタの神様には名前を変えて出てくる芸人さんがいますよね。しかも一部の芸人さんは「一定期間はエンタの神様以外には出演しない」とかいう契約を結んでいるそうです。うーん、大人の世界。

2006年7月28日 (金)

日立の樹手話ソング

日立グループと言えば手話関係のアニメーションや機器の開発などを率先してやられている会社だというのは聞いたことがあります。そして「日立 世界ふしぎ発見!」ですよね。

そのふしぎ発見の中でも流れるCMの歌。「日立の樹」(というそうです。初めて知りました。「この木何の木」じゃないんですね。)の手話アニメーションがあるそうなので、再生してみました。

http://www.hitachinoki.net/tv_cm/shuwa/index.html

おなじみの歌(どうやらオリジナルバージョンです、ポイント高し)に合わせて3Dアニメの人が手話をしています。一応歌にあっているようです。ウメは歌の方に聞き入ってしまいました。

専用のソフト「MimehandII」というもので作っているそうで、日本語を入力すると手話アニメに変換してくれるそうです。うーん、ハイテクゥ。それを応用した「電子版 手話辞典」もあるそうで、一度見てみたい気がしました。ちなみにこの電子版手話辞典のお値段は18,900円ナーリー。やっぱり開発費がかかっているんでしょうね。

こういう試み、最初はろう者が求めているものから外れたものかもしれませんが、こういう動きが広まっていずれはニーズをつかむことができて、ろう者にとって役に立つものができればなぁと思います。

1秒2円

ボーダフォンは9月1日からプリペイド携帯電話の通話料を改定するそうです。

1分60円→1秒2円。

なんだか安くなったようでかなり値上げ感が漂います。1分通話した場合、60円が120円になるわけですから。まぁ1分きっかり通話する人なんていませんので、1分1秒で計算してみると120円が122円・・・あれ、やっぱり値上げ。2分30秒(150秒)で計算してみると180円が300円・・・。値上げじゃないですか!

お安くなるのは30秒以内の通話の場合ですね。15秒の場合は60円から30円になるわけですから。あとは小刻みに残高を使えるようになったのはいいことなのですが、それでも最大で2倍の値上げです。やっぱりプリペイドは儲からないのでしょうか。

電話をかけるときは一秒ごとに「チャリチャリーン!」と一円玉が2つ落ちる音を思い浮かべれば節約になるかも!?

中学生の半分

マーケティングセンターがこんな調査結果を発表しました。

>子供の携帯保有率を尋ねる設問では、全体のうち23.3%が「持たせている」と回答。子供の年齢層別に見ると、中学生では50.2%、小学校高学年では28.0%、小学校低学年では13.6%、小学校低学年では7.4%となっている。 (中略)持たせるようになったきっかけとしては、「塾や習い事に行かせるようになったから」が46.2%、「事件・事故の多発などで不安を感じたから」が39.6%となっている。

いまや中学生の半分は携帯電話を持っているんですね。時代は進んだものです。ウメが中学生だった頃は携帯電話はショルダー式のもので、高校になってからやっと小さいタイプが普及してきたと思います。ウメが携帯を持ったのが高校2年生だったでしょうか。当時としてはかなり早いほうだったと思います。(ちなみにちゃんと自分で買って、料金も払っていましたからね。)

小学生でも持っている人見かけるようになりましたよね。電車の中で携帯のゲームに夢中になっているお子様(ガキ)をよく見かけます。それ自体は悪いことではないのですが、それが優先席だったりすると大人の圧力を加えてやりたくなります(笑)

持たせる理由が「塾」ですよ。あぁ、来た来た、塾だ。塾嫌いのウメとしてはまたか、という感じです。塾ってそんなに効果があるんでしょうかねぇ。今の時代は行かなきゃならないものなんでしょうか。わかりません。ウメは行ったことがないので何とも言えないのですが、一応まっとうな大人になったような気はします。

要は学力はほどほどでよく、他にもっと学ばなければいけないことがあるのではないか!??と言いたいわけです。塾に行かせて不安で携帯を持たせるのはわかりますが、携帯だけに頼らない子どもの防衛能力というかなんというか、そう言うものを成長させるのも大事なのでは?なんて思います。だって昔は携帯なかったんですもん。

まぁそうは言っても物騒な世の中になっちゃいましたからねぇ。

妙に速い

金曜ロードショーの「となりのトトロ」を見ています。もう何回も見たのですが、やっているとつい見てしまいます。

メイちゃんがいなくなって、みんなで一生懸命探しているところ、大変不謹慎なことを思いついてしまいました。「サツキの走る速さが妙に速い」

「となりのトトロ」に限らず、ジブリ系アニメに出てくる女の子って走るの速いですよねぇ。

伴走者

ここ最近は読み取り通訳をする機会が多いのですが、話し手の手話に合わせてなんとか読み取ろうとすると、どうしても声のイントネーションが無くなり、一本調子になってしまいます。

話し手が話しているように抑揚をつけて話すのが本来なのに、追いつくので精一杯。ここ最近までの課題だった美しい日本語で訳すなんてとんでもない。ただ、単語単語レベルでは社会人チックな言葉も使えるように多少はなったかなぁとも思います。一応社会人ですからね、2度目ですけど。

通訳した声を聞いて、話し手の意図(言葉だけではなく、イントネーションなどの話し方を含む)がわかるような通訳が出来なければダメダメなのですが、ウメはまだまだのようです。どうも「追いつこう追いつこう」という精神が勝ってしまいます。

先ほどふと思ったのですが、盲人のマラソンで伴走する人って、通訳と似た役割を持っているのかなぁとも思いました。(もちろん違う面はたくさんあるのでしょうが)ランナーのペースに合わせて、決して自分が先導することなく、なおかつ誘導する・・・。うーん、ちょっと似てるかも。

伴走者が速く走るのが良い!とランナーを引っぱってしまっては何の意味もないですよね。でもこと手話通訳ではヘタをするとそんな場面になりかねません。かといって、何も考えずにぼぉーっとひもを握っているだけでも何の役にも立たないわけで・・・。

伴走者の心得って参考になるかも知れませんね。

手話を見ながらメモ

ろう者に手話で取材をするときに困るのが「その手話の内容をどうやって記録するか」ということです。全ての話の内容を覚えられるほどの天才なら苦労はしないのですが、そこはなかなかどうして、うまくいかないものですよねぇ。

取材ではなくても、手話を見ながらメモ書きをすると、まさにミミズがはったような字になってあとで自分でも何を書いたのかわからないこともあったりして、これでは意味がありません。どちらかと言えば手話を見ながらパソコン入力をした方がスムーズに行くのですが、取材先などにパソコンを持っていくわけにもいかず、やはりメモは必須のようです。

最近ではデジカメの動画撮影機能などを使って、数十分なら動画で手話を撮影・・・なんてことも出来るようになりましたが、やっぱりカメラを向けられると・・・あがっちゃう!という人もいますよねぇ。

要するに書いている字を見ないでうまく書ければいいのですが、そもそも字が汚くて丸字なウメがそれを出来るようになるまではまだまだかかりそうです。

2006年7月27日 (木)

食べれる

「食べれる」「見れる」「寝れる」・・・。

これらの言い方に違和感を覚える方はどれくらいいるでしょうか。そうです、ら抜き表現です。正しい日本語を使うのならばこれを覚えるのはキホン中のキホンですね。

可能の表現を表すとき、何に「ら」が入って何に「ら」が入らないのか。五段活用の動詞、例えば「踊る」。これは否定形にすると「踊らない」となり、「ない」の前が「ら」でア段になっています。これが五段活用です。この動詞は可能の形にしても「ら」は入れません。

一方最初に紹介した動詞を否定形にしてみると「食べない」「見ない」「寝ない」となり、「ない」の前がイ段だったりエ段だったりします。これらの動詞を可能の形にするには「ら」が必要なんです。本来は。

でもら抜き言葉ってかなり広まっていますよね。テレビでもNHKはともかく、民放に出ているタレントさんやアナウンサーには蔓延しています。

それだけならまだ良いのですが、気になるのは最近多用されているテレビのテロップ。しゃべっている人は「食べれる」などら抜き言葉で言っているのにテロップでは「食べられる」と勝手に直されているんです。

そりゃー正しく表現するのは良いことなんでしょうけど、なんか違和感を覚えるんです。どうでしょう?これ。

確かに似てる

Photo

パッパラッパパラパーラパラパー!

ラッパのマークの正露丸とそっくりの製品が隣にあります。でもコレ裁判所が「図柄が異なり、両社の製品を混同する恐れは認められない」との判断をしたそうです。これはラッパのマークの方の大幸薬品が、似ている包装で同じ名前の薬を発売するのはいやだぁ!と裁判所に訴えたところ、こういう判断をしたそうです。

いや、普通に間違えますよね、これ。

どうも「正露丸」という名前。かなり曰く付きのようです。「正露丸はクレオソートを主材とした整腸剤の一般的な名称として国民に認識されており、これを固有の商標とした特許庁の審決を取り消す」という判決が過去に出ているそうで、商標は大幸薬品が持っているのですが、他社もこの名前をつけて販売しても構わないと言うことになっているそうです。

ところでこの正露丸。効能は下痢、消化不良による下痢、食あたり、はき下し、水あたり、くだり腹、軟便、歯髄炎による虫歯の痛み、など多彩で、昔は万能薬と呼ばれていたとのこと。確かにあの匂いと味は効きそうな感じがしますね。歯痛に効くのは良いのですが、アレを歯に詰めている方が大変そう。

年配の方はこの薬を「クレオソート」と呼ぶ人もいますよね。ウメ祖母もクレオソートと呼んでいます。これは主成分がクレオソートというものだからだそうです。このクレオソート、

>しかし、主成分である日局クレオソート(木クレオソート)は歯科での鎮痛鎮静や根管の消毒用としてのみ許可されており、下痢等に対する効能ははっきりと解明されていない。 また、木クレオソートは強力な殺菌防腐剤であり、高濃度での長時間作用は細胞を破壊し壊死させる性質を持つことから、正露丸の注意書きには「皮膚に付着したらせっけん及び湯を使ってよく洗ってください」と書かれている。歯科で使用する場合にも、誤って粘膜に触れた場合は直ちに洗浄を行うこととなっている。

なるほどぉ。意外と怖い成分ですねぇ。

(情報はウィキペディアより)

【手話049】うまく銀行を使いましょう

再生されない方はこちら

ダウンロードはコチラを右クリック

手数料なんて払っていられませんね。
(4分52秒)

【手話048】2000件記念

http://gmo.sightspeed.jp/index.html
サイトスピード。ビデオチャットソフトはやっぱりこれをお勧めします。

再生されない方はこちら

ダウンロードはコチラを右クリック

(3分46秒)

かためがいいですぅ

虫歯を予防するためには毎日の歯磨きはかかせませんよね。
それに必要なのが歯ブラシと歯磨き粉。みなさんはお気に入りがあるでしょうか?
こういう細かいところにこだわりがある人っていますよね。クリアクリーンは辛いからいやだとか、ビトウィーンでないと磨いた気がしないとか…。

ウメは歯磨き粉のつぶ塩タイプがダメです。しょっぱくてしょっぱくて歯なんて磨いてる場合じゃありません。
そして歯ブラシはかためがお気に入り。やわらかいのだとすぐにダメになってしまいそう、という貧乏根性に加え、かたい歯ブラシで歯茎を刺激しながら悶絶するのが大好きです。
いや、悶絶はしませんよ。冗談です。

メーカーに特にこだわりはないのですが、かためがいいんです。
なんでも堅けりゃいいってもんでもないですけどねー。

とは言っても…

とは言っても…

買い物をしている時に見つけました。
時々こういうおもしろい看板を掲げている店ってありますよね。「まずいラーメン屋」とか。

本当にヘタだったら商売成り立たないわけで、まぁこう言うのはユーモアって訳ですかねぇ。

一度でいいから書かせてみたい ヘタな表札屋と婚姻届 ウメ丸でした。

2006年7月26日 (水)

スーパーな銭湯

スーパーな銭湯

ふと広いお風呂に入りたくなって、家から自転車で10分ほどこいでスーパー銭湯まで行ってきました。

やまとの湯というところで、全国に20店舗ほどあるそうです。
ここは本物の温泉だそうですが、お湯は塩素の臭いがしました…まぁ循環式ってことですね。

ジエットバスで泡に包まれてみたり露天風呂で口を開けたままボーッとしてみたりと癒しの時間を過ごしました。
滞在時間はおよそ一時間ほど。お肌も心なしかすべすべになったような気がします。

やっぱり広いお風呂はいいですねぇ。日本はいいですね。

敬語の使い方

年上の人に「ご苦労様でした」って言っていませんか?基本的に「ご苦労様でした」というのは目上の人から下の人に対して労いを込めて言う言葉です。

この他にも間違いやすい敬語はたくさん。

1.○おほめにあずかりまして
  ×ほめていただいて
 
2.○とんでもないことでございます
  ×とんでもございません
 
3.○お力添えお願いできますでしょうか?
  ×お力になっていただけますか?
 
4.○近いうちにお目にかかりたいのですが
  ×近いうちに会っていただけないでしょうか
  
5.○私に担当させてください
  ×私にやらせてください
 
6.○こちらにおいでいただけないでしょうか
  ×こちらにお見えいただけないでしょうか
 
7.○どうなさいましたか
  ×どういたしましたか
  
8.○どうぞ召し上がってください
  ×どうぞお召し上がりください
 
9.○ビールはいかがですか
  ×おビールはいかがですが
 
10.○少々お伺いしたいのですが
   ×ちょっとお尋ねしたいのですが

あれ。「とんでもございません」はダメなんですね。普通に使っていました。そして「お召し上がりください」もダメ。「召し上がる」は最上級の敬語なのでそれに「お」をつけるのはおかしいそうです。

社会人として当然身につけなければいけない敬語、改めてお勉強しなきゃいけないかなぁ。

大量購入はここかな

そんなに食べられない!と紹介した通信販売のお肉。その後もテレビを見ていると何回もやっているのでだんだん気になってしまいました。(どうやら関西を中心に放送しているようです。)

テレマートという会社で、特にお肉のコーナーがインパクト大!ハンバーグ16個セットだったり、カルビ3kgセットだったり、ダチョウもも肉2kgセットだったりするなど、とにかく量が多いです。

かと思えばダイエット関連商品も売っていたりして、なんだか矛盾たっぷり。やせさせたいんだか太らせたいんだか。その他にも他の通信販売で見られないちょっと珍しい製品がいくつかあって、サイトを見ているだけでも面白いですね。

鯨肉のセットも買えます。

キティに乗っちゃうぞ

By夜のダニエル・・・ではありません。

Photo

三菱自動車の新型軽自動車「アイ」が好評だそうです。三菱の軽自動車と言えば「ミニカ」シリーズや、「ekワゴン」など、品質の良いものを作ることで有名です。

かく言うウメも「ミニカトッポ」ことトッポ君で2年間ほどお世話になりました。あれだけアクセルを踏んでも走らない車はなかなかなかったですね。でも古い年式で旧規格の軽自動車の割には恐ろしく高い室内高のおかげで開放感はありました。

そんな三菱自動車の「アイ」の特別バージョン。人気キャラクター「ハローキティ」の特別仕様車「プリンセス・キティ・アイ」が1台限りの限定発売!日本橋三越のイベントで開かれるイベントで申込を受け付けするそうです。

>三菱自動車の軽自動車「i(アイ)」がベース車で、車体をピンク色で統一。キティのシンボルであるリボンを屋根やドア部分にデザインしたほか、シートはキティのシルエット。

と、みんなの注目を浴びること間違いなし。キティラーの羨望の眼差しを集めることが出来ますね!!!お値段は210万円だそうです。欲しい方は日本橋三越へGO!(なんでよりによって三越なんだろう)

2006年7月25日 (火)

【手話047】貯金してますか

再生されない方はこちら

ダウンロードはコチラを右クリック

使いながらもこつこつ貯めています。
(3分56秒)

さて、手話ブログで話してほしいネタを募集しています。実はネタに困っていたりします。

最近の口形

手話の口形は日本手話と日本語対応手話では大きく違います。

日本語対応手話は日本語を表すので、基本的には日本語の口の形ですよね。それに対し日本手話は名詞などの引用部分をのぞいては日本語の口形を使用しない、と以前通っていた学校で教わりました。

教わったのは事実なのですが、それがウメに身についているかどうかはナゾ。動画を見ていただいたら解ると思いますが、まぁ随分日本語の影響を受けているなぁと思います。

ろう者的手話を目指したいところですが、ウメはろう者ではないしろう者にはなれないので、目指すべき所は「より多くのろう者にわかってもらえる手話」ですね。もちろん、ろう者だけではなく、中途失聴者・難聴者の方にもわかるような手話も身につけなければいけないです。

口形もそうですが、自分が実感した中で2つの系統の手話が違う!ということはわかるのですが、はっきりと区別をすることがなかなか難しいのです。そもそも区別をする必要がないかもしれませんが、手話を学ぶに当たってこの違いというか、なんだか自分が学んだ手話が通じない・・・、ろう者がする手話と違う、難聴者がする手話と違う・・・、そんな思いを感じる人は多いでしょう。

うーん、口形・・・どのように身につけようか。口形だけを教えてくれる「口形講習会」「手話講座(4)口形編」・・・ないか。そもそも口だけ覚えても仕方がない。

あゆはぶれないんだもん!

駆け出し記者のウメが仕事に愛用しているPanasonicのデジカメ「LUMIX FX01」の新製品が発表されてしまいました。

http://panasonic.jp/dc/index.html

ウメが買ったものが発売されたのが・・・今年の2月くらいだったので、だいたい半年足らずでの新製品発表でしょうか。サイクルが早いですねぇ。今回の目玉は広角28ミリのレンズに加えて、インテリジェントISO感度という新しい機能です。

「FX01」の後継機だと思われるのが「FX07」。02~06までは見事に飛ばされてしまいました。でもそれほど機能が進化していなくて良かったです。ホッ。

コンパクトデジカメで広角、ライカレンズ、そして「あゆはブレない」というCMでもおなじみの光学式手ぶれ補正。これホントぶれないんです。さすがに真っ暗なところでは限界がありますが、屋外で普通に撮影している分にはコレ素晴らしいですね。

というわけで、新しいCMのキャッチコピーは「あゆはぶれないんだもん!(メイド風)」でいかがでしょうか。

SuicaICOCAの次は

JR東海はICカード型乗車券、その名も「TOICA」を今年の11月から導入すると発表しました。JR東日本は「Suica」、JR西日本は「ICOCA」、そして「TOICA」です。

使われている方はご存じでしょうが、JRのICカード型乗車券は作るときにデポジットで500円取られてしまいます。なんだかもったいないような気がするのですが、使ってみるとその便利さはやみつきになってしまいます。定期入れから出さなくてもピッっとやるだけで改札を通れるのがすばらしい。

関西の「ICOCA」は、阪急や京阪などが導入しているICカード型乗車券「Pitapa」とも共通化しているので、これらの会社の路線にもそのまま乗れて便利。関東は「PASMO」が導入されて私鉄各社とも共通化されるようですが、今のところは関西がリード。

ICカードっつーもんは便利です。

結婚とは「忍」

結婚はゴールじゃなくてスタートです。愛し合う二人がこれからの明るい生活へのスタートを切るのです・・・。

新婚当初はそうなんでしょうけどねぇ。何十年も一緒にいるとやぱりお互いに「ん?こんなはずじゃなかった。」なんてところが出てきたりするのでしょうか。もちろんそうでない夫婦もたくさんいると思いますが。

どこかしらのところが結婚に対するイメージを漢字一文字で表すとどうか、というアンケートをしたところ、「愛」ではなく「忍」でした。あらまぁ。

結婚生活の難しさを如実にあらわしておりますなぁ。ウメはまだ結婚生活未体験ゾーンですが、これからの生活で「忍」の文字を共に生きるパートナーが現れますでしょうか。うーん。

二条でスキー

京都の二条にスキージャンプ場があって、ウメはそこの従業員になるという夢を見ました…。
新人従業員で、次々とジャンプしてくるお客さんの飛距離を測る担当でした。
そもそも二条にスキー場というのが無理な設定なのですが、二条駅まで通勤をするシーンもでてきて、今までに比べてやたら鮮明な夢でした。

夢診断してもらおうかなぁ。

2006年7月24日 (月)

社会不安障害

女性が顔を押さえているCM。「ただの恥ずかしがり屋だと思っていた・・・。」かなり衝撃的でインパクトがあります。

これは社会不安障害[SAD]を知ってもらうためのCM。この社会不安障害というのは「人前で何かをすることによって、悪い評価をされるのではないか・・・」「周囲から注目を浴びるようなことをして、恥ずかしい思いをしてしまうのではないか・・・」など、人間関係に関わることに関して不安を覚えてしまう障害です。

よく「恥ずかしがり屋」と混同されるのでしょうが、それとは違うようです。

そこのサイトで、SADチェックシートがあったので、パニック障害持ちのウメもやってみました。

>人前で強い不安や恐怖感を抱き、そうした場を避けがちなあなたはSADにかかっている可能性があります。
SADは多くの人が発症する病気で、国内には約300万人以上の患者さん*がいると言われています。セロトニンやドーパミンといった脳内の神経伝達物質のバランスが崩れて起こるこの病気は、薬による治療も行われています。機会を見つけて、専門医にあなたの悩みや不安を相談してみてはいかがでしょうか?

確かに社会不安障害の不安があるとでました。ウメが飲んでいる薬もセロトニンの分泌を促す薬です。

基本的には緊張しながらも人前は大丈夫なのですが、治療中の現在はやっぱり社会的に避けたくなる状況がまだまだあります。ゆっくり治していこうとは思いますが・・・。

もしかして自分が極度の恥ずかしがり屋かも・・・と思った方、一度チェックしてみてください。でも、過度に自分は病気だ!と落ち込むことはありません。病気はいつか治るものですから・・・。

涙が・・・

報道ステーションを見ていました。

スポーツコーナーでタイガーウッズがツアー2連勝したという振りを、スポーツコーナー担当の竹内アナがしようとしたのですが、

「父に捧げる優勝に、タイガーウッズは感動して涙が溢れませんでした・・・あっ!」

無情にもVTRへ。おそらく竹内アナはものすごくいやーな気持ちでVTRを見ていることでしょう。そしてVTR開けに古館さんが

「竹内さーん、涙が溢れていないわけないでしょう。」とツッコミ。「そうですよね、涙が溢れて止まりませんでした・・・でした。」

あっ!の後にVTRにいった瞬間がやるせませんでした。

かぜをなおしましょう

先にお伝えした(なんかニュースサイトみたいだなぁ。)シャープ製携帯の「かぜがなおりかける」変換不具合事件の対策が発表されました。

NTTドコモも、ボーダフォンも基本的にはソフトウェア更新で対応するとのことですが、ボーダフォンの一部の機種はショップに持っていかなければいけません。しかも3~4日の預かり修理となりその間は代替機を使用することになるそうです。

対象の携帯はドコモがSH902i、SH702iD、SH902iS、SH902iSL(DOLCE SL)、SH901iC、SH901iS、SH700i、SH700iS、SH851i(DOLCE)、SH506iCの10モデル、ボーダフォンが905SH、705SH、904SH、804SH、V403SH、903SH、703SHf、703SH、902SH、802SH、V604SH、V603SH、V602SH、V501SH、V402SH、V302SH、V201SHの17モデル。

とまぁ多岐にわたります。これらを合計すると1,000万台だそうです。

対象携帯をお持ちの皆様、すぐにどうこうというわけではありませんが、暇なときになおしましょう。

2006年7月23日 (日)

オサレ火消し

オサレ火消し

京都駅にあるJR京都伊勢丹。
有名な建築家がたてたというものすごい建物で、京都駅の大階段にそって作られている珍しいものです。

その伊勢丹にある消火器…オサレ。
フン、オサレでも火が消せなきゃ意味がないんだぜぃ。

ホントに50 年?

ホントに50<br />
 年?

コンタクトレンズは50年前にはなかったはず…あやしぃー。
と、思えば三つとなりの看板には「35年の実績を誇る…」どっちやねん!

いずれの看板もかなりレトロな感じでした。

« 2006年7月16日 - 2006年7月22日 | トップページ | 2006年7月30日 - 2006年8月5日 »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: