2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 2006年4月30日 - 2006年5月6日 | トップページ | 2006年5月14日 - 2006年5月20日 »

2006年5月7日 - 2006年5月13日

2006年5月13日 (土)

謎の焼き物

謎の焼き物

昨日の夕食です。

ニラ玉に再々チャレンジしようかと思ったのですが、冷蔵庫の中にモヤシがあったのでそれも混ぜることにしました。
何も考えずにごま油をひき、モヤシとニラを炒め、塩コショウで味付けをして卵を入れて焼いたものです。
「ニラ玉withM(もやし)」とか、「ニラ玉が〜モヤシと〜出会った〜(ウルルン風)」とでも命名しましょうか。

味は…塩コショウが足りなかったですかね。あとで醤油をかけて食べました。
でも栄養はいい感じじゃないですか?ヘルスィー。

ヘタな料理に自己満足の巻。

覚えはありませんか?

大学や仕事のレポート提出って大変ですよね。
今はパソコンで打てるからいいものの、昔は原稿用紙やレポート用紙に手書きだったんですもんね。
途中で書き足したいことを思い出しちゃったりしたらどうするんだろう・・・なんて思います。
あぁ、このハイテク時代に生まれて良かった。

さて、レポートを書くにはネタ(資料)を用意しなければなりません。
昔の勤勉な方は図書館に通い詰めて調べ物をしていたのでしょうか。
最近ではインターネットの普及でずいぶん便利になりましたよね。ホント。
でーもー。

>グーグルはパソコン利用者のほとんどが使っている検索エンジン。
他にもいくつかの検索エンジンがあるが、ヒット数の多さや検索内容の確かさで、ネットユーザーの間で圧倒的な支持を得ている。
「グーグル脳」とは、学生がこのグーグルを利用して論文などの文書を作成する傾向を指している。
学生たちはゼミに提出する論文作成やテスト代わりのレポートを作成する際などに、グーグルで情報を検索し、これはと思われるものを見付ける
と、コピー機能を使って、それを自分の文書にペーストして(これを「コピペ」という)、タイトルを付けるだけで提出してしまうのだという。
つまり、自分の頭で考えるのではなく、全てをグーグルに任せきりという状態なのである。

「グーグル脳」と言うそうです。
検索エンジンではYahoo!を使っていらっしゃる方が多いかもしれませんが、
Googleのほうが検索能力はやっぱり高いですね。
この「デイリーウメダス」もGoogleなら一発で出ます。

そこで調べて見つけたサイトを「参考にする」ならいいですよね。ウメも良くやります。
まぁ、そのサイトの信憑性を確かめないといけませんが・・・。
でも、丸ごとコピーなんてことは恐ろしくて出来ません。
時々やりたくもなりますが・・・。

世の中の学生諸君!(ちょっと先輩気分)
覚えはありませんか?
はい、ちょっとみんな目をつぶって〜。
「グーグル脳」に思い当たる人は手を挙げてください(^^)/

定期代も高い

ウメが通勤にも利用している京都市営地下鉄。
南北に走る「烏丸(からすま)線」と、東西に走る「東西線」の2本がある。
そのうち東西線は、ホームにドアが付いていたり、オサレな和風発車メロディが流れていて
ちょっとリッチな気分が味わえたりする。

一方烏丸線の方は、至って普通の地下鉄。
特徴的なことはと言えば、ホームで待っているときの電車到着案内のベル「ピンポンパンポン」が
若干不気味なことくらい。

そんな京都市営地下鉄。どうやら大赤字のようで、
今年の1月に運賃を値上げしました。
タダでさえ初乗り200円だったのが、210円に。何でも公営の地下鉄で一番高い料金だそうです。
さほど距離のない隣の駅まで210円って、どういうことでしょう。
見る限り結構人が乗っているので、赤字には思えないんですが・・・。

ウメの家から職場の近くの駅までの運賃は250円。つまり往復500円ってことです。
で、1ヶ月の通勤定期代が10,500円。・・・あれ。
つまり普通に乗ったときの21往復分です。これって高くないですか?
ゴールデンウィークなんかがあったりしたときは定期券なのに損をするという、微妙な高さです。
6ヶ月で買えばもうちいと安くなりますが、なくすのが怖いのでウメは買いません。

まぁ、途中駅でも乗り降り自由という定期券ならではのメリットもあります。
ウメの場合、京都駅、四条、御池、今出川、北大路などに行き放題です。
それにしてもこの割引率、もうちょっと勉強してくださいませんかねぇ。

そんななか、ろう者が赤手帳を見せながら(申請して黄色いシールか何かを貼ってある)
颯爽と改札口を通り抜けていくのを目の当たりにすると、
ちょっとハンカチをかみたくなったりするのでありんす。
公営だから必要なサービスなんでしょうけどね。

2006年5月12日 (金)

ブログ型新入社員

なんだかウメのことを言われているようです。こうやって毎日毎日パソコンに向かってキーボードを走らせたり、時にはパソコンに向かって手を動かしている新入社員(正確には「社」員じゃないですけど)なのですから。

それで「ブログ型新入社員」というのはどのようなものかと言うと・・・。

>表面は従順だが、さまざまな思いを秘め、ときにインターネット上の日記を通じて大胆に自己主張を行う。
>繊細な感受性とブログ的なネットワーク力に優れるが、パソコンに語るだけに止まる傾向もあるというものである。

ウメは従順でしょうか。いや、そうではなさそうです。ブログ的なネットワーク力というのがよくわかりませんが・・・。ウメの活動はパソコン上だけにとどめたくないものです。

>つまり、バブル崩壊前の終身雇用制時代の社員のように、一度就職したらその会社に定年まで居つづけるというのではなく、会社の枠内にとどまらず同世代と連絡を取り合う「ネットワーク力」をもつ。

そうなんですよね。同じことに興味のある同世代ともっと「ネットワーク」を広げないといけませんよね。「手話を学ぶ・聴覚障害の世界を考えているブログ好きな若者のネットワーク」(長っ)でも立ち上げようかなぁ。

>その一方で、毎日ブログ(インターネット上の日記風サイト)を書いて自分の心情を吐露しなければ落ち着いていられないという、寂しがり屋で、人とつながりたがり、認めてもらいたい欲求も強くもっている。

だってうさぎですもの、しょうがないじゃない。毎日更新しないと皆さんに見てもらえないような気がして。でも日記代わりになって良いですよ。色んな方ともつながることも出来ますしね。

>しかも、そのブログを批判されるとすぐに萎えてしまう傾向もある。こうしたブログ型新入社員を育成するためには「温かい眼差しと共感」が絶対的に必要なのである。

というわけで、皆様。「温かい眼差しと教官・・・間違えた、共感」でお願いいたします。でも時には批判もお待ちしています。

インターネットエクスプローラ最新版

インターネットエクスプローラ最新版

マイクロソフトからインターネットエクスプローラ(IE)の
最新版が発表されました。まだベータ(評価版)なのですが、試しに入れてみました。

画面は写真の通り。
上のメニューのあたりが結構変わったでしょうか。慣れないと使いにくいかもしれません。
目新しいところはタブが導入されたことと、ブログが読みやすくなったこと。
あと、検索バーが標準で導入されたことでしょうか。
フィッシング対策(有名企業と似たようなサイトを見せてお金をだまし取るやつ)もされているそうです。
そして、印刷をしたときに右側の文字が切れてしまわなくなりました。
自動的に紙面の幅に収まるようにしてくれるようになったそうです。これが一番嬉しいかもしれませんね。

見た目も結構変わるので、気分を変えてみたい方はダウンロードしてみてはいかがでしょうか。
ベータ版なので調子が悪くなるかもしれませんが、アンインストールも出来ます。
念のためバックアップしてからの導入をおすすめします。

こちらからダウンロードできます。(無料)
http://www.microsoft.com/japan/windows/ie/ie7/tour/default.mspx

&う優子

タイトルに深い意味はありません。
ろう者にとっては面白くないですね。すいません。

記号の「&」ってどうもうまく書けないんです。
一回失敗して書き直しして・・・の繰り返し。
素敵な「&」の書き方をどなたかお教えいただけないでしょうか。

ちなみに「ト音記号」もうまく書けませんでした。

2006年5月11日 (木)

ディズニーキャラで動かす

バッファローという会社よりディズニーキャラクターデザインのマウスが発売されるそうです。無機質なパソコンに癒しを与えるようなかわいいデザインですね。

キャラクターはドナルドダック、スティッチ、バズ・ライトイヤー、ミスバニーの4種類なのだそうですが、ドナルドダック以外はよく知りません。スティッチは友達に好きな人がいて名前だけは知っています。というか一番右のうさぎはなんでしょうか。

このほかにもマウスパッドやCDケースも販売するそうです。ディズニーキャラ好きなパソコンヲタクの方には必須アイテムですね!

いっぱい出ちゃった

NTTドコモより夏の新機種が一気に10機種も発表されてしまいました。902iシリーズに続く902isシリーズを始め、バラエティに富んでいます。この辺を一気にどばっと出してくるところがNTTドコモのすごいところでしょうね。

これだけあるとどれを買おうか迷いそうですが、ウメが持っている902からものすごく進化した!というのはなさそうなので、今回は見送るつもりでいます。なんて買いたくなったりして。

目指せ903シリーズ。

でもこれで今発売中の902iシリーズが安くなりそうですね。

l_all902is

イソジン

イソジン

風邪を引いたとき、引いていなくてもうがいって大事ですよね。
病院に行ったときに処方されたのが有名なイソジン。これ明治製菓が作ってるんですよ。

あの「消毒してるー」と言う感じが効きそうですよね。
グロテスクな色だけはなんとかしてほしいですが。

きちんとうがいをして、カバさんとお友達になりましょう。

2006年5月10日 (水)

作る人が見える

ブログ。
どこの誰が書いているかわからないブログ、面白い?
もちろん内容が面白ければ面白いブログになる。
でも、少なからず書いている人のことがわかればもっと面白い。
それが自分の興味のある内容ならばさらに面白い。

新聞。
この仕事を始めるまで、(今ウメが作っている)新聞を読むことは読んでいたけど、
誰が作っているんだろう・・・と考えることはなかった。
そりゃー、誰かが作っているのは間違いないし、機械が作っているわけなんて無いのはわかっている。
でもどこの誰が作っているのか、そんなことを考えて読んだことはなかった。
皆さんは新聞や雑誌など、誰が作っているのか、って考えながら読んだことはありますか?
もしかしたらそんなこと考えてないのウメだけなのかも。

考えてみれば新聞というものはあまり作者(編集者)の色を出さないものなのかもしれない。
もちろん新聞社によって色はあるだろうが、基本的には事実を客観的に伝えるもの。
そういう意味では今ウメが作っている新聞はそういう性格もあり、そうでない部分もある。

今の新聞だって、誰が作っているのか知っている人は知っている。
でもそれは限られたごく一部の人。
そうではなくて、より多くの人たちに
これは目立ちたいということになるのかなぁ。目立ちたい!という訳じゃないんだけど。

要するに読者との距離を近づけたい、と思っている。
こんなやつが作っているんだ。って。
もちろん、ウメのことなんか全然知らなくても面白い、充実した内容にしなければいけないのはわかっている。
でも、ウメが目指したいところ。それは作者が見える新聞。
ウメ色全開!を希望しているわけではない。
読む人が、あぁ、あの人が作っているんだ。と感じてくれれば、新聞と読者の距離は近づくんじゃないか、と思う。
そうすれば、読者の思いも反映されやすいし、作る側としてもすごく助かる。
そういう意味ではバンバン顔を売らなきゃいけないのかなぁ。きれいな顔じゃないのに・・・。

まだ新人のくせに願望ばかり書いている。
そのうちいろんな壁が見えてくると思うけど、マイペース、ウメペースで
乗り越えていければなぁと思いつつ、今日も事務所でパソコンとにらめっこ。
その代わり自分のブログでは好きなこと書いている。

こんなやつが作ってます。どうぞごひいきに。

プリントスクリーン

デスクトップパソコンでもノートパソコンでも、使いこなすために必ずさわらなければいけないもの。キーボード。
どうしてこんなモノが発明されてしまったんでしょうね。
しかも何とも打ち込みにくい配列。
昔は人間が打ち込む速度に機械が追いついていけなかったためわざと打ちにくいこの配列になったそうな。
もともとバテレンのものなのでしょうがないですが、日本に入ってくるときにもうちょっと日本人向けに
アレンジすることは出来なかったのでしょうか。

そんなキーボードですが、全てのキーを使いこなしているという方は少ないでしょう。
たとえばCtrlキーと文字キーを組み合わせたショートカット。
有名なのはCtrl+X:切り取り、Ctrl+C:コピー、Ctrl+V:貼り付け
Alt+半角/全角:日本語変換切り替え、Alt+Enter:全画面表示(動画など)、Alt+F4:閉じる(×と同じ)
などなど。ウメが知らないのもたくさんあります。

ショートカットキーだけではなく、キーボードの中にはあんまり押さないキーもありませんか?
HomeとかEndはインターネット中にページの最上部と最後部にスクロールできますし、
PageupやPagedownはネットやエクセルなどで画面ごとのスクロールが出来て便利です。

そして意外と知らない人がいるのがPrintScreenキー。
これを押しても一見何も起こりません。
しかし、このキーは意外に便利だったりするのです。
このキーの役割は、今画面に写っているものをクリップボードに入れてくれるんです。
それを画像処理ソフト(たとえばペイントとか)に貼り付けると、画面そのまんまが画像として貼り付けられます。
そして必要な部分を切り取れば、通常ではコピーできない画像もコピーできたりすることがあります。
動画の一部分でも可能ですよ。
知っている人にとっては当たり前のことかもしれませんが、
初めてやった人は結構驚きます。ウメも驚きました。

どうせ出っ張ってるキーなんですから、全部叩いてやってください。
ウメはキーボードを叩くのが強いと言われます。決していじめているわけではありません。
ストレスを発散しているわけでもありません。

自分を名前で呼ぶ女

嫌いです。

えー、ヒトミはぁ〜、明日デートだしぃー。

若干ぶっ殺したくなります。

♪なんでだろう〜なんでだろう〜。
別にその人に悪気があるわけじゃないんですよね。
自分のことをかわいく見せるためなのでしょうか。
別にウメに嫌われても何の問題もないのでしょうが。

ちなみに、ウメは街に繰り出す女子高生の半数以上に拒絶反応が出ます。

小池さんと同じ

ウメが持っている携帯電話、NTTドコモのF902iだということは何度も書いています。
902シリーズの中で一番人気がないとはいえ、さすがに何人か持っている人を見かけます。
女性の方はフェアリーラベンダーという色を持っている人が多いですね。

改めてこの携帯の良さを熱く語らせていただくと
画面がきれい、フォント(文字)がきれい、セキュリティ機能、漢字変換賢い(ATOKですよ)、
内蔵メモリー多い、カメラ高性能、電池が結構持つ、ショートカット機能充実、
指紋センサー搭載、メニュー使いやすい、などなど・・・。
着せ替えなどの派手なウリはないですが、堅実なケータイです。

昨日テレビを見ていたら、タレントの小池栄子の私物カバンのなかから
ウメと全く同じケータイが出てきました。
機種が同じというのはまぁありがちですが、女性なのに「メタルブロンズ」なんです。
よく言えば渋くてカッコイイ。悪く言えばゴキ・・・。

芸能人と同じケータイで喜ぶウメはミーハーなやつなのです。

2006年5月 9日 (火)

【手話024】GWが終わりました

再生されない方はこちら

お仕事生活も頑張らないといけませんね。
(3分23秒)

プリマダム

この春から始まったドラマ。「プリマダム」

家族生活にハリを出すために主婦が念願のバレエを始め、生き生きと輝いていく・・・・・・・・・・・・・・・・。

若干ストーリーは違うかもしれませんがこんなようなもんですよね。見ていないですが。というか面白いのかもしれませんが見ようと思わせないところがすごい。

世の中の奥様の共感を得ようというのでしょうか。どうでしょう。

プリマダム、プリマダム・・・・・・プリマハム。

→聞こえない→

聞こえる・・・聞こえる人にとっては当たり前
聞こえる→聞こえない・・・マイナスと感じてしまう
最初から聞こえない・・・それはマイナスではない、当たり前

では、聞こえない→聞こえるはどうだろうか?

つい先日、自己で失明をした人が何とか子どもの姿を見たいと生死のかかった大手術をして
電極を埋め込んだ最新技術を使って、視力を回復させようとする映像を見た。
頭に埋め込まれたプラグからケーブルをだして、抱えた機械に接続している人の姿は正直異様だった。
結局視力は回復せず、子どもの姿は2つの点でしか見られなかったという。

聞こえない人の場合は?
そこまでして子どもの声を聴きたい人がいるか?
(聞こえていた→)聞こえない→聞こえる
(聞こえない→)聞こえない→聞こえる
この2つでも異なってくると思う。
先天性のろう者にとって子どもの声は「手」であり、それは見えるもの。
中途失聴者にとっては「声」の存在は大きいだろう。
いずれの場合も聞こえているウメの邪推でしかないわけだが。

いつか、いつか、万が一と書いた方がいいだろうか、医療や技術が発達して
完全に「聞こえない→聞こえる」ができるようになるかもしれない。
全ての人が聞こえるようになったら・・・なんてことは考えてはいけないのかもしれない。
それとも考えた方がいいかもしれない。
こんなことを考えること自体聞こえない人のことを差別しているのかもしれない。

素人の一つ覚えでも「聞こえない」ことはひとくくりには出来ない問題だ。
この問題を新聞を通して社会に広めていくのがウメの役目。
その荷は重い。でもやりがいはある。

南無釈迦じゃ

最近の朝のテレビ。
1.起きる→入浴
2.めざましテレビ 見たもん勝ちDX:軽部さんの蝶ネクタイの具合を確かめ芸能ニュースを仕入れる
3.おはよう朝日です(関西ローカル情報番組、この番組についてはまた記事にします。) 「無知との遭遇」でお勉強
4.おはよう朝日です ライオンちゃんの星占い:バックに流れてるハルカリらしきテーマソングでライオンちゃんと一緒にノリノリ
5.めざましテレビ 今日のわんこ
6.めざましテレビ 今日の占いカウントダウンハイパー
7.とくダネ! 小倉さんのオープニングトークにつっこんだりする
8.にほんごであそぼ
9.ピタゴラスイッチ ミニ
10.いないいないばぁ!
出勤。

今回記事にするのは「にほんごであそぼ」。
日本語をテーマにして、子どもの感性を豊かにしようという番組です。だと思います。
その「にほんごであそぼ」の最後に流れる歌が耳に残ってしょうがありません。
たぶん、というか絶対お経を元にした歌なんでしょうね。

♪南無釈迦じゃ 娑婆じゃ地獄じゃ
苦じゃ楽じゃ
どうじゃこうじゃと言うが愚かじゃ
と始まります。
妙な服を着たガキ・・・いやいや失礼、お子様4人がノリノリです。

途中のソロパート
♪じゃんけん賢者は 邪険でいやじゃ
神社のジャングル もじゃもじゃじゃあも
若輩じゃりじゃり ぐじゃぐじゃじゃかあしい
じゃこのジャムなど 邪道でごじゃる

意味がわかりません。
これが子どもの感性というのでしょうか。
しかもやっぱり子どもはノリノリ。それぞれのパートで歌っていない3人も後ろで微妙に動いたりしています。

歌っている4人の中で背の高い女の子がいるのですが、
絶対におませさんです。目立ちたがり屋ですね。動きとかがそうっぽい。
画面ではいつも前に出ているし、ソロパートでも一番先に歌います。
これはステージママの頑張りか!?

そんなことを探りながら毎朝をテレビと共に過ごしております。

売れた!!!

ちょっと商売人っぽい文章で・・・。
デイリーウメダスでウメのおすすめとして紹介している商品。
気づかれないように更新していたりいます。

こんな商品ずらずらと並べて何をしているんだ、と思われる方がいらっしゃるでしょう。
これがアフィリエイトです。(以前にも説明をしたと思います。)
このサイトを見ていい商品があって、デイリーウメダスに表示されている「買う」ボタンを押して購入した場合
ウメに紹介料が入る仕組みになっています。
紹介料と言っても数%なのですが、表示するのはタダ。手数料等はいりません。
しかもアマゾンというインターネットショッピングでは最大手と言えるところのものなので、買う方も安心。
タダのつまらない若者?がやっている個人のブログとしては結構な数の方に見ていただいているので、
ひょっとしたら・・・と思って設置しています。
コレのおかげでサイトの表示が重くなってしまっていること、ご容赦ください。

設置したはいいものの、売れるとは思っていなかったので、
時々、どのくらいクリックされているか確認するくらいでした。
それが・・・売れていたんです!びっくり!
どなたが買ってくれたのでしょうか?ありがたい限りです。ホント。
普通にアマゾンで買うのと値段は同じ(当たり前ですが)なので、ウメにめぐんでもいい
という方はぜひ、ここからのクリックでの購入をお願いします。

個々で紹介しているのはウメが本当に使っているモノがほとんどで、
それでなくてもいいと思ったモノしか紹介していません。
ろう者のみなさんに有益な情報をお送りしつつ、こんな商品があったんだ!的な紹介が出来れば、と思っています。

ウラ技として、自分が買いたいと思ったモノを自分のブログにアフィリエイトで載せて、
それを自分でクリックして買えば、紹介料分だけ安く買えます。
紹介料は1年に4回しか支払いがないのですが、普通に買うよりは安く買えてしまいます。
でも、お金儲けばかりに走って、友達とかに「自分のブログから買ってね!」ということはしたくありません。
あくまでも納得して買ってほしいからです。
元家電量販店店員としては、お客様に納得して買ってもらったほうがうれしいのです。
たとえば儲かる商品を無理矢理押して買ってもらったとしても・・・そりゃーうれしいのですが、複雑な気分です。

そんなわけで「ウメのおすすめ」、今後ともどうぞよろしくお願いします。

2006年5月 8日 (月)

芋せんべいの作り方

川越名物芋せんべい、皆さん食べたことありますか?

川越の方ならみんな知っているお菓子ですよね。最近では「芋けんぴ」なら聞いたことがあるという方も多いんじゃないでしょうか?100円の袋菓子になっていますよね。

で、芋せんべいの方なのですが、「コレはどういう風に作っているんだろうね。」という話になり、ウメも知らなかったので調べてみました。ウメの予想では干しているのかなぁと思っていたのですが・・・。

http://www.ne.jp/asahi/nishikawa/web/imosen.html

焼いていました。芋を薄く切って、焼いて、砂糖をつけて乾燥させるそうです。

美味しいんですよー。これが。川越にお越しの際は是非一度お試しください。

びたみん

引っ越しをしたときに美容院(理容院)の選び方ってどうしてますか?
そもそもろう者の皆さんは美容院などで髪を切ってもらうときにはどうされているのでしょうか?

うちの弟はメモ用紙に希望と(ヘタな)絵を書いて見せているようです。
その散髪屋さんは(ちなみに1000円カットのチェーンですけどね)弟の顔を覚えたようで、
コミュニケーションには苦労していなさそうでした。
弟の場合、オサレとかけ離れたちょっとおかしいセンスの髪型なので、問題はなさそうですが、
ちょっとオサレに決めてみたい人の場合は大変そうです。

かくいうウメもどのように切ってほしいかうまく伝えることが出来ず、
というか笑われる髪型でなければどうにでもしてください的な考え方なので、
あんまり気を遣ったことがありませんでした。
髪を切るのにウン千円をかける・・・もったいないんですよね。MOTTAINAI!
だってどうせ伸びるし・・・。

で、京都に来てからはじめていった美容院。
その名前が「びたみん」。ここはカット専門店で1500円。
予約も不要で、見た感じはオサレな内装。
有名な美容院から比べれば腕は落ちるのでしょうが、それなりにオサレにしてくれました。
このぐらいで充分です。世は満足じゃ。
で、初めてヘアスタイルブックで「この髪型にしてください」的なことをしちゃいました。
ちょっと恥ずかしかったです。
服装も顔もオサレに気を遣っていないんだからこの程度で充分です。ホント。

ついでに軽く見せるために茶髪にしようかとも思っちゃいましたが、
面倒なのでやめました。
黒髪美人路線で行きたいと思います。

若者離れ

「ったく、最近の若いもんは・・・」という歳でもまだ無いが、ここ最近10代のティーンや20代前半の若者に対して
思うことがかつてと変わってきた。
ブログにもちょこちょこ書いていたりするが、やはり感覚が変わってきてしまっているのだろうか。
もうすぐしたら平成生まれの成人が誕生する。
その頃には「昭和生まれ?ふるー。」なんてことを言われるのだろうか。

ウメはちなみに1979年生まれで、惜しくも70年代生まれ。
そのため80年代生まれの人がうらやましいと思ってしまう。
なんのことはない、たったの1年なのだが(10月生まれなのでホントは2ヶ月)、
なんとなくエイティーズにあこがれちゃったりするのである。

さてさて、ウメが勤めている団体でも若者について問題になっている。
若者自身に問題があるわけではなく、団体に若者がはいらないそうなのだ。
いわゆる「若者離れ」の現象。
確かに、会員の方々を見ると若い人は少ない。
昭和の時代に運動が盛り上がっていた頃と比較すると(生まれていなかったので正確ではありませんが)
活気がない状態なのかもしれない。

かく言うウメの弟も、運動などには全く興味を持たず、聴覚障害者協会にも加盟せず休日は寝るか遊んでばかり。
兄を見習え!(笑)

さて、若者が離れていく原因、いくつかのことが考えられる。失礼なことを書くかもしれないがご容赦を…。
まず、団体自体の必要性が感じられなくなってきたこと。
これは以前と比べて聴覚障害を持っていても格段に暮らしやすい生活になっているからだろう。
さしあたっての生活で不便を感じることが以前と比べて少なくなってきているから
運動の必要性が見いだせないのかもしれない。
そしてコミュニティの問題。
昔は聞こえない子ども=ろう学校=ろう者のコミュニティ形成の図式だったが、
インテグレーション(普通の学校に通う)が多くなってきている今、
ろう者同士で集まるという機会が減っているのかもしれない。
いや、正確には集まることは集まるのだが、それは遊びやスポーツなどで、
運動として何かをする、という機会がなくなっているのかもしれない。
まぁ、これは聞こえる若者も同じ気がする。

若いウメとしては、やっぱり若い人が団体に加入して、
若いパワーで盛り上げていってほしいと思う。ウメも微力ながらお手伝いできるだろうし。
もちろん、若い人だけいればいいというものでもなく、「老壮青」の3本柱で
団体がよりよく発展していくことを願っている。

また引きました

ゴールデンウィーク最終日の昨日から体がだるい、関節が痛い、のどが痛い・・・風邪です。
なんだか国リハに入って以来良く風邪を引くようになりました。
歳のせいか?病弱になったのか?それとも病は気から???

そんなこんなで市販の風邪薬を飲みながら仕事をしました。
市販の風邪薬ってあんまり効かないですよね。なんというか、気休めというか。
風邪そのものの原因を取り除くのではなく、症状を抑える対処療法ですし。
症状(熱、くしゃみ、鼻水など)って人間が本来持っている防衛本能なんですよね。
だから重くもないのにそれを無理矢理押さえ込ますのは良くないそうです。
ホントに治すなら寝る!でも社会人でそうも行かないので、早い目に病院に行く!これしかありません。
あと暖かいものを食べてゆっくりする。
ちなみに熱が高くなければお風呂に入って血行をよくするのもいいそうですね。

効かない市販の風邪薬の中でも「この症状に効く」というタイプのものは
なかなかでした。商品名は書きませんが青だったり黄色だったり銀だったりするやつです。
どうしても病院に行けないときはこういうのもいいかもしれませんね。

その前に風邪を引かない丈夫な体作りを目指さないと・・・。
いつまでも若くないんだから。

2006年5月 7日 (日)

銀だこ

銀だこ

たこ焼き〜♪たこ焼き〜♪ってな感じです。
大好物です。うーん、いつ食べてもおいしいですよねー。

銀だこは一昔前はすごく流行っていて並ばないと買えませんでしたが、今はそのブームもひと段落。
関東地方でも本格的なたこ焼きが食べられるってことでした。

真の関西人はこの銀だこに不快感を示す人もいるみたいですね。
カリカリ感をだすために油で揚げたような感じになってたりするのがダメ、という人もいるようです。
現に冷めてしまうとおいしくないんですよね。

まぁ、たこ焼きはアツアツが一番おいしいですよね、うんうん。

« 2006年4月30日 - 2006年5月6日 | トップページ | 2006年5月14日 - 2006年5月20日 »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: