2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« いい日旅立ち・東へ | トップページ | DoCoMo903シリーズ発表! »

2006年10月12日 (木)

聾という字

今日仕事中に新聞のレイアウトをしていて気がついたこと。

「聾」という字がうまくかけない…。

どうしても下の「耳」にくらべて上の「龍」が大きくなってしまい、アタマでっかちな字になってしまう。
そもそも字がうまいわけではないウメだが、この字のバランスの悪さは気になってしまった。
何回書いてもうまく書けない。あぁ、この業界に勤めるものの試練がまた増えた(^^ゞ

« いい日旅立ち・東へ | トップページ | DoCoMo903シリーズ発表! »

おしごと」カテゴリの記事

コメント

そうなんですよ。
印刷所的に手書きの方がいいんですって。
そしてパソコン上でやるより手で書いた方がイメージがつかみやすいというメリットもあります。
鉛筆と消しゴムでカキカキしています。

ありがとうございます。そ~なのですね。
ついパソコンで作る広報紙をイメージしたものですから。

手書きと聞いて、そういえば最近、怖文字の見出しが多いのは書いていたんだぁと思ってしまいました。

印刷は別の所でやってるのですね。

ウメが作っている新聞は、パソコンでやるDTPではなくて割り付け用紙に手書きで割り付けているんです。
記事本文や写真はデータなんですけれど、レイアウトは手書きなんですよ。それで見出しも手書きで書いています。それを印刷所で美しい文字にしてもらっている訳なのです。

書けないって…、人間が書いていたんですか?
機械で出しているんじゃないのですか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« いい日旅立ち・東へ | トップページ | DoCoMo903シリーズ発表! »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: