2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« バスで化粧 | トップページ | からしレンコン »

2006年8月24日 (木)

シュレッダー事故

ここ最近幼児がシュレッダーに手を入れてしまって・・・(その後は考えたくない)という事故の報告が出ています。エレベーターもプールの排水溝もそうですが、結局は何かが起こらないと大事にはならずに抜本的な対策って取られないんだなぁと思ってしまいます。

警察でもよく「人が死なないと動かない」なんて皮肉めいた批判をされることがありますが、どこかで「大丈夫だろう。」というのがあるんでしょうか。危機管理意識を高めようと言われていますが、おっとりした日本人、なかなか浸透しないのでしょうか。

シュレッダーも安全対策はされているとはいえ、そもそもの目的は紙を細かく裁断するものです。と、言うことは刃物が必ずあるんです。それを幼児の手の届くところに置いておくというのがどーも納得いきません。もちろん、機械に対策を施してあれば防げるものもあるのでしょうが「対策がなかったからうちの子は・・・」といって裁判なんか起こされるとなんだか腑に落ちないんです。もちろん被害者の気持ちもわからないでもないんですが・・・。

やっぱりあぶないものはあぶないもの、きちんと使いこなすのをしっかり教えるなり、わからなければ近づけない、周りの人や親がそういう教育をしないといけないんじゃないかなぁと思うわけであります。ちょっとカタイ話になりましたね。

ウメはシュレッダーに吸い込まれていく紙を見つめるのが好きです。

« バスで化粧 | トップページ | からしレンコン »

家電製品」カテゴリの記事

コメント

>ぶちさん
そうですよね。何もかも製造責任で片づけてはいけないと思います。
家庭で危ないものは危ないと教えること、これが一番大事ですよね。

>叫びさん
それは言い得て妙ですね。
いずれにせよ命が失われてからでは遅いですよね。

>姫さん
おひさしぶりです。
毎回アダプターを抜いたりするのは面倒かもしれませんが、それでも安全には帰られませんよね。

ウメさん、お久しぶり~。

最近まで住んでいた友人の子供は2歳半。

彼女も大きなシュレッダーを持っていて高い所に持っていくわけにはいかず、使う度にまめにアダプターを抜いていました。

私も彼女に習ってプラグを抜くようにしていました。

子供が見てる前で抜かないように(見たらマネして一人で使えるようになってしまいますからね。)気を散らすようにしていました。


シュレッダーのカバー開発をするとともに家庭での管理法にもう少し力を入れると良いのではと思います。

警察→人が死なないと動かない
児童相談所→子どもが死ぬと自己保身の為に動き出す


なんてね

おっしゃる通りです!(`´)
母とニュースを見ながら、全く同じ事を話していましたよ。何もかもメーカーの責任にするなと言いたいです。
なぜ子供の手が届く場所に置いておくのか?
メーカーの安全対策がどうのって言う前に、家庭での管理方法に問題がなかったか、見直す事のほうが大事なのでは?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« バスで化粧 | トップページ | からしレンコン »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: