2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« ろう者を呼ぶとき | トップページ | あら安い! »

2006年5月19日 (金)

こ、ことばが・・・

新聞は見出しや写真、記事本文などからなりますよね。その全てがわかりやすいようにならなければいけないんですけど、自分が担当している紙面の記事や見出しを考えるのって本当に大変です。

今回担当した分で3回目なのですが、12面あるうちの5面を担当させてもらいました。任されるのはとてもうれしいのですが、いやはや文章を考えるのが大変。キーボードをたたく手も高速移動です・・・ってそっちの意味じゃなくて、伝わりやすい文章を頭の中で生成するのが大変です。

同じ言葉ばかりが続かないようにとか、記事にふさわしくない言葉を入れないようにとか、難しすぎたりかみ砕きすぎたりしないように・・・新聞に載るもの全てに気を配らないといけないというのは大変です。ウメが担当している新聞は月1,2回の発行なのでまだいいものの、毎日発行している日刊紙を担当されている方は大変だなぁと思います。まぁ、その分記者も多いのでしょうが。

特に大変なのが「見出し」。見出しだけ読んで何の記事かがわかるようにして、なおかつキャッチーな興味を引くものにしないといけません。見出しで全てが決まるといってもいいかもしれませんね。短い言葉でニュースを表現する・・・いやー難しい。

どこかに「国立見出し専門学校」があったら通いたいくらいです。

見出しだけではなく、新聞はこのブログみたいに何にも考えないで書けるものではありません。それだけに良いものが出来たときはうれしいだろうと思います。(実際に良いものができた!というのはまだ無いもので・・・。)でも印刷所に原稿を出し終えたときはホッとします。

今回はカラーのところも初めて担当させてもらったので、色づかいにも苦労。どこにどういう色を合わせればいいか、全体のバランスは、派手すぎないか、地味すぎないか・・・あぁ、色の勉強もすれば良かったです。いや、これからします!

そんなわけで、日々勉強の毎日なのです。

« ろう者を呼ぶとき | トップページ | あら安い! »

おしごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ろう者を呼ぶとき | トップページ | あら安い! »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: