2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 成分解析 | トップページ | 【手話016】きっかけと自炊 »

2006年4月 5日 (水)

校正記号

新聞の編集を始めたものの、編集の知識を持っているわけではなく、一つ一つ勉強しながらの作業です。 原稿にするために文章をまとめたり担当の人と連絡をしたり。

その中でも気を使うのがレイアウトと編集作業。 用意された記事の中からどのように配置をするか、写真と見出しはどうするかなど、なかなか気を使います。 やはり業界で普通はあまりしないようなこともまだ勉強していないので、手探りで進めています。

レイアウト次第で読んでもらえるかが決まることもあるのでこれは大事。 でもこの作業、あーでもないこーでもないと考えながら進めるのは結構楽しいです。

もう一つ気が抜けないのが校正作業。やっぱり一つ一つの文をよく読んで、より伝わりやすくなるように、また誤字脱字がないようにしっかり読まないといけないんです。 そしてその修正するときのルールが校正記号。ぼんやりとは知っていましたが、ぼんやりというわけにはいかず、今はマニュアルに従って赤ペンをつけています。 「トル」など、だいたいは見れば意味がつかめるものですが、ここでうっかり間違えようものなら大変ですので気は抜けません。 そして自分たちは知っていてわかっても初めて読んだ人、また日本語があまり得意ではないろう者にもわかりやすい文章にしないと…と考えつつ作業をしています。

まだまだ始めたばかりなので覚えることがたくさん、ウメ色を出すなんてことはできませんが、少しずつ慣れていって みなさんにおもしろいと思ってもらえる新聞作りに励みたいと思います。

ああ、仕事がたくさん。でも働けて幸せでしす。(おててのしわとしわをあわせてしあわせ。なーむー。)

« 成分解析 | トップページ | 【手話016】きっかけと自炊 »

おしごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 成分解析 | トップページ | 【手話016】きっかけと自炊 »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: