2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 【手話022】浮かれてます | トップページ | エルコスの祈り »

2006年4月25日 (火)

お世話になっておりま・・・

第2回目の社会人生活もおよそ1ヶ月。だいぶスレてきた感じがしてきました。
すこし慣れてきた頃に、怒濤の研修が始まります。明日から4連続です。
研修自体は勉強になりますし、全然イヤではないのですが、なにせ4日連続であると、しっかりと
覚えられるかどうかがちょっぴり不安。
ワタクシそんなに頭がいいわけではありません・・・。こりゃメモメモ必須です。

さて、そんな社会人生活で感じたこと。
というか、社会人じゃなくても聞こえる人なら普通に体験する電話をかけるということ。
仕事柄取材の依頼や聞き取り調査の電話を良くかけます。
特にウメは新人なので、初めての相手に電話をかけることも多いです。

そんなときに、だいたい最初は自分の役職と名前を名乗りますよね。
で、その時にだいたい「お世話になっております。」といいます。
すると相手の方も「お世話になります。」と返します。
聴者的(日本人的?)にはごく普通に見られる(聞かれる)光景です。

でも、ヨーク考えてみると、初めての相手には別段世話にはなっていないわけであるわけです。
いや、あまのじゃくなのはわかりますよ。
意味的に「これからお世話になります。よろしくお願いします。」的な意味が含まれていることもよぉーくわかります。

日本語って不思議ですよね。
以前「すいません。」が本当のすいませんの意味を持たないことの方が多い。なんてことを
書いたり書かなかったりしましたが、「お世話になります。」も一種の挨拶になるときもあるんでしょうね。

まだまだ遠いとはいえ、いずれは手話通訳者を目指す者として、これからも
「日本語にお世話になります。」ホント。

« 【手話022】浮かれてます | トップページ | エルコスの祈り »

疑問」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【手話022】浮かれてます | トップページ | エルコスの祈り »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: