2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 2005年10月9日 - 2005年10月15日 | トップページ | 2005年10月23日 - 2005年10月29日 »

2005年10月16日 - 2005年10月22日

2005年10月22日 (土)

特別な検診 後編

特別な検診はここから。いよいよ未知の世界、「頸肩腕検診」へ。

まず、係員の人と一緒に体操。首を回したり腰を回したり、腕を上げたり。ところどころで「痛くないですかー」と聞かれる。おじいちゃんじゃないからだいじょぶよー。

そしてエキスパンダーを10回。エキスパンダーといってもバネが2本しかないやつ。そして、タッピング検査。タッピングとは人差し指を上下する運動。30秒間で何回できるかをはかるのだが、これが意外と疲れる。最後のほうはウメはバテてしまって「がんばって~」と応援されてしまいました。

続いて背筋力。こんなのやったの中学校のスポーツテスト以来。力の限り引っ張りましたとも。それでも同年代の男性よりは低い数字なんだろうなあ。そして立位体前屈・・・。だめです。カラダが堅いウメはギリギリマイナスまで行きましたが、もう少し足が長かったら危なかっただろうな。

最後に先生とお話。おじいちゃん先生で、「大丈夫だね」と自分に言い聞かせるように何度もつぶやいていた。

そんなこんなで健康診断終了!

結果は後日郵送されるそうだ。健康体でありますように・・・。

特別な検診 前編

週末の金曜日。学校をお休みして都内の病院へ。なぜに都内の病院まで出かけたのかというと、「頸肩腕検診」をしなければいけなかったからだ。手話通訳者の職業病といわれる病気で、今回就職先から頸肩腕検診もしてください、と言われたのではるばる都内の病院まで出かけたというわけなのである。

都内の病院、というと、ウメは白い巨塔のような大病院を想像していたのだが、ついた病院は昭和時代の白い巨塔のようなちょっとレトロな感じが漂う病院だった。(失礼)

まず問診票を記入。頸肩腕の問診表は、手話通訳をしていてつらいことや体の痛みがあるかどうかを聞かれた。いやー、まだ手話通訳をしていないんですが・・・、まあ手話だけの学校生活はつらい・・・なんてことは書かずに記入終了。

最初は通常の入社時検診。尿検査(電車に乗っているときからずっと我慢していた)・聴力検査・心電図検査をこなす。心電図検査の時からドキドキしてしまい、見事に「緊張してます?」とバレてしまった。はい、緊張しています。次に視力検査。そして血圧測定。でましたよ、160が。高い高い。「血圧をはかるといつも緊張してしまうんです」と言うと、備考欄に「緊張」と書いてくれました。

そして血液検査。今回は左手、ちょっと痛かった。先週血を採られたばかりだったのにまたかーと思いながら我慢。

そして特別な検診へとつづくのである・・・。

金がいいです!

「むっちゃくやしい~」くはありませんが、なんでも金がいいですよね。

ウメの免許がとうとう金色になりました。そうです。「優良ドライバー」なのです。優良・・・いい響き。運転条件のところに「普通車はAT車に限る」と相変わらず書いてありますが、そんなことは気にせずに、「優良」を見つめながら2分ぐらいうっとりしてしまいました。

近くの警察署に行って、「更新です。」というと書類をくれ、それに記入し視力検査。その後写真撮影。この写真が5年間使われると思うと少しでもかっこよく写らなくては・・・と思っている間にとられてしまいました。できあがった写真は予想通り肩が斜めになっていました。ウメ、姿勢わろし。

警察署の中で待つってなんだか気分がよくないものですよね。何も悪いことをしていないのに、「優良」なのに。そんなこんなで待っていると、講習が始まった。三角頭のおばさん婦警さんが軽快なテンポで話してくれる。同じ内容でも話し方が違うとすーっと入ってくる。そしてビデオ講習。なんとDVDだった。当たり前かもしれないが、こんなところまでDVD化が進んでいて時代の進化にびっくり。

で、30分ほどたつと「優良」の(しつこい)免許がウメの手元に・・・。やった。

「金がいいです~!」

2005年10月21日 (金)

東京タワー

今日は学校をお休みして健康診断に行ってきました。
特別な検診があるので(これについては後ほど…)都内の病院までお出かけしてきました。

駅から降りると目の前に東京タワーが。久しぶりです。15年ぶりくらいかも。思わず観光客風にパチリ。
でも前見たときよりも低いような…ウメが成長したんですね。きっと。20051021140953.jpg

クレーマークレーマー

今日の授業でクレームの話になった。
…ウメが社会人時代一番恐れていたものだ。
クレームで怒られ、次にマネージャーにたしなめられ、最後は店長に絞られる…イヤな連鎖だ。
大体下っ端が話を聞いて怒られ、収まったところで上役が行くみたいなパターンが多かった。やなパターン…怒られ損だ。

クレームと言っても(電気屋の場合は)種類があって、
1、購入した製品が不良の場合(店は悪くない)
2、購入時の接客ミス(使えると言われたのに使えない。など。自分ではない人がやらかした場合はややこしい)
3、商品の入荷が遅い(特にSONY好きの客はうるさかった)
4、店員の態度、サービスが悪い(これは店がダメ)
5、いいがかり(ないようで意外とあるんですよコレが。)

こんな感じだ。もちろんこれに当てはまらないものもあるが…。
どんなときでもまず謝り、理由を聞いて対策を提示し、納得してもらってまた最後に謝る、というのがセオリー。
そこは人間対人間の商売。そうはいかないこともあった。
そこで機転を効かせられるかどうかがいい店員とダメ店員の分かれ道…ウメは…よくポカをして火に油を注いでいた(^_^;

でもこれって通訳の勉強になったのかも…。

カタカナだらけ

パソコン関係の専門用語は難しいものが多い。このパソコン用語事典にも何がなんやらわからん用語がたくさん載っている。
この本、某家電量販店勤務時代に先輩からもらったもの。分厚さがちょうど枕に最適。
ウメが持っている電子辞書にも同じものが入っているので、勉強のためにと母にあげた。
しかしいまだに「何とかって何?」と聞いてくる。どうやら知らないで済ますことはできない性格のようだ。自分で調べりゃーいいものを、調べても書いてあることがチンプンカンプンなようで、結局聞いたほうが早い、ということになるらしい。

そーいえば、ウメ自身はどこでパソコンを勉強したんだろう?
「好きこそものの上手なれ。」かな。20050629211144.jpg

2005年10月20日 (木)

今日もー

今日の夕食も・・・・・・。

お寿司でした。しかも回らないお寿司。2日連続お寿司なんてウメは贅沢。

パックに入っています。そう、小僧寿しです。母が出かけているので、一人で冷蔵庫に入っていたつめたーいお寿司をむさぼっています。

あぁ、哀愁のお寿司。

/普通/はどっち?

例えば食事をした時。

「この食事/普通/だね。」と言われた場合、おいしい方に近いと受け取るのか、まずい方に近いと受け取るのか、どっちでしょう?また、日本語で言われたとき、手話で言われたとき、ろう者が言った場合、聞こえる人が言った場合、いろんな場面でよく使う。

聞こえる人は、「普通。」という言葉をよく使う。どっち!ってほどではないが、判断しなければいけないときにとりあえず「普通。」と言ってしまうことが多い。

それが、結婚生活の話になった場合。

「まあ/普通/だよ。」なんていわれたときには、「あぁ、うまくいってるんだな。」と思う。

日本語も手話もなかなか難しい。

/一人で/が/かわいい/

ウメが担当だった翻訳の授業にて。

「夫の帰りが遅いので一人で夕食を食べていた」という文だったのだが、ウメの手の形がおかしかったようで、「一人」が「かわいい」になってしまっていた。

「かわいく夕食を食べている。」なんて言い方はあんまりしない。/一人/の右手の手の動きが/かわいい/を表す時のようになってしまったのだ。

これまた意味が違ってしまった。

これではねぇ

友人あ「お寿司食べにいかない?」というので(回る)お寿司屋さんへ。
(余談だが、日本語では「~しない?」と否定形で聞くのはどうしてなんでしょうね。)

そこで8皿と茶碗蒸しを平らげ、満足。

帰宅後、NACK5を聞きながら自室にてくつろぐ。

家に用意してあったカレーライスを食べる。食後のデザートは祖母が買ってきてくれた550円!?もするモンブラン。

眠気と多々戦いながら、卒業研究のネタをさがす。

これでは太りますね。

2005年10月19日 (水)

902キター!

NTTドコモよりFOMAの新機種、902シリーズが発表になった。ウメがこっそり待ち望んでいた機種だ。

何が変わったかというと、トランシーバーっぽく話せる「プッシュトーク」が出来るようになったり、色々。今回は6機種が発売される模様。その中でもウメが目をつけたのはやっぱり「F」。(左から2番目)今回のFはデザインにかなり凝っているようで、かなりオサレ。

ウメが持っているF901icから買い換えるにはやっぱりF・F・FのFですね。でも高いんだろうなぁ。でも買い換えたい。

ay_902all

鮮明すぎる

以前、このブログでも紹介した、世界中の衛星写真が見られるソフト「Google Earth」。

各国から「鮮明すぎる。」という批判が出ているそうです。地域にもよるみたいですが、かなり美しい3D写真が見られます。なんでも北朝鮮の秘密施設まで見られるらしいです。一般人がですよ。

日本でも都内であれば1軒1軒の形までわかるくらいです。なんだかスペースシャトルに乗ったみたいな気分を味わえます。

しかし、どういう技術でこのソフトを作っているのでしょうかねぇ。

また揺れた~

関東地方でまた地震がありました。茨城県では震度5弱を観測したようです。ウメ家が横に揺られながらオロオロしてしまいました。

ここ最近本当に地震が多いですね。今回はマグニチュード6,2だそうです。うーん、怖い。

一歩間違うと

手話の形には同じようで違うものがたくさんある。私たち手話学習者にとって、その形を間違ったりしてしまうと、一気に意味が変わってしまう。

ウメのことではないので申し訳ないのですが、とある授業で/真似をする/とやりたかったものが、/バカ/の手の形になっているものがありました。見た瞬間、先生が「/バカ/って・・・。」と。

ウメにも/バカ/に見えてしまいました。でも本人としては/真似をする/とやっていたのです。わざと間違えるわけではありません。

ウメもこのような間違い(音韻のエラー)をよくやってしまう。ウメの場合は先生に「なんか違うなあ。」と言われることが多い。「なんか」って何ですか?そんな微妙な間違いをしているのですか?ウメは・・・。

モナーのビーチバレー

携帯でゲームをしている人は結構いらっしゃるのではないでしょうか。また、ゲームだけではなく、いろんなアプリを使いこなせると、アナタのケータイ生活がより豊かなものになるのではないかと思い、ウメが愛用しているケータイアプリをご紹介します。

「モナーのビーチバレー」。言わずもがな。バレーゲームです。

出てくるキャラクターは、インターネットの巨大掲示板2ちゃんねるのキャラクター「モナー」です。つい最近ではエイベックスとの「のまネコ騒動」でちょっとばかり有名になりました。そのモナーがビーチバレーを繰り広げます。

操作方法は簡単で、基本的に十字キーと真ん中のボタンしか使いません。でも、テンポ良く進んでいくので暇つぶしにはもってこいです。

アプリ★ゲット(パソコン)から検索して携帯にURLを送ってダウンロードできます。通信料以外はかかりませんので、暇な方は試してみては。

すっきり、のはずが

今日もやってしまいました。授業中に睡眠。しかも午前中の授業なのに。

ウメがウトウトしている間に先生が質問をしていたようで、ウメに突然振られて訳が分からないまま「考え中」と答えてしまった。

同期から漏れる失笑。あぁ、お恥ずかしい。

お目覚めすっきり

ここ最近、朝起きたときに頭痛がしたり、どうも寝たりないなーという日々が続いていたのだが、今日はお目覚めすっきり。

前日のバレーのおかげで体が適度に疲れてよく眠れたのだろう。

健康的な生活には運動が必要なんだなー、と思った。最近ウメはお腹がビミョーに出てきているので、これを引っ込める意味も含めてなんか運動をしなくては・・・。

お母様流

母はあの歳にしてはパソコンを使いこなしている方だと思う。

ワード、エクセルはそれなりに使えるし、メール・インターネット・デジカメの画像取り込みなど、もう教えなくても一通りできる。もともと器用なので飲み込みが早いほうだ。教えるウメの立場としては助かっている。

しかし、きちんと教わった訳ではないので、どうも自己流。

以前書いた「ブユーン」はいい例だ。「ドラッグ」という単語は知ってはいるのだが、「ブユーンじゃない。」と単語を使おうとしない。

そして「Yahoo!」を「ヤッフー」と無意味にはねちゃったりしていた。

さらに、メールの返信を書く際に出てくる「>」(引用マーク)のことを、「あのー、く・く・く・く、はどうすればいいの?」ときたもんだ。こちらも頭を回転させないと意味が分からない。く・く・く・くって。逆向きじゃん。

その発想力は息子のウメに引き継がれているのでしょうか。

2005年10月18日 (火)

今度はお守り

当ブログでも何回か紹介しているソリッドアライアンスから、また新しいUSBフラッシュメモリが発売されました。今度は和の心、お守りです。名付けて「遊恵寿比守(ゆうえすびいまもり)」。今回はUSBフラッシュメモリに関しては普通の形をしています。

どうやら「メモリ」と「まもり」をかけているようです。しかし、それだけではなく、こんなメリットがあるそうです。

付属するユーティリティソフトにより、データ漏えいを防ぐ手段になる

日本人の心の根底には、お守りに対する敬意と畏れがある(と思われる)

万が一紛失しても、中身を見られる可能性が少ない(と思われる)

お守り袋そのものが、日本の文化でありファッションの一部だから

など、深い意味が込められているようです。

ココまでくると、ウメも脱帽です。次はどんな手でくるのやら・・・。

si_mamory-01

1ヶ月ぶり

今日は久しぶりの聴覚バレーボール部。

先週はやる気満々で行ったのだが、突然あえなく中止。

先々週は体育館まで行ったものの、風邪で見学。

その前の週は課題がなかなか撮影できず、断念。

その前の前の週は模擬結婚式の準備でオロオロ。終了。

 

ってなわけで、すんごいお久しぶりでした。見事に下手くそになっていました。チームのみんなには迷惑をかけました。ここ最近運動不足なので、バレーの練習でもして身体をリフレッシュしようかな。

猫は吠えません

読み取り同時通訳の授業のこと。

ペットを飼っている人の話で「犬は吠えて近所に迷惑になるので猫にしました。」という話のあとに、ウメは「猫が吠えていたんです。」と訳していたんです。本当は「猫が鳴いていたんです。」と訳したかったんです。

先生に満面の笑顔で「猫は吠えないよ。」と言われました。

カモン!吠える猫!

ロッテ優勝

プロ野球パ・リーグでロッテが優勝した。31年ぶり。おめでたい。

ロッテか・・・、ロッテのガムが1枚増えたりしないかな。

そんなことばかり考えてみる。

でも、今日からダイエーはソフトバンクお疲れ様セール。

セール・・・良い響き。

調味料バトン

まりもさんから「調味料バトン」をもらったのでやってみます。まりもさーん、ありがとうでーす。

【Q1】次のメニューにどんな調味料をかけますか? 薬味は含みません。

・目玉焼き…おせうゆ(ソースは邪道よ)
・納豆…納豆は食べ物ではないと思います。
・餃子…おせうゆ+酢(ミツカンのポン酢でも可)
・カレーライス…ママの愛情(やっぱりカレーは家庭の味)
・ナポリタン…パルメザンチーズ(これ以外にはあるのか?)
・ピザ…タバスコなんてかれーものはかけません。
・生キャベツ…キャベツを生で食べたらうさぎさんです。でもコールスローはうまい。
・トマト…和風ドレッスィング
・サラダ…これも和風ドレッスィングもしくはマコーミックの中華ドレッスィング(辛い)
・カキフライ…タルタルソース(オーロラ輝子・・・じゃなかったオーロラソースなんてダメ)
・メンチカツ…とんかつソース(できればイカリ)
・コロッケ…とんかつソース(ブルドッグでもよし)
・天ぷら…おせうゆ(ちなみにうちはキッコーマンの丸大豆しょうゆ)
・トンカツ…当たり前だがとんかつそーす
・ご飯…かけるとしたらふりかけ。しかし白米はそれだけで食べるのが日本人。

【Q2】周囲に意外だと驚かれる、好きな組み合わせはありますか?

うーん。組み合わせではないですが、てんかすをバリバリ食べるのは好きです。

【Q3】それが一般的なのは知っているが、苦手な組み合わせはありますか?

野菜にマヨネーズ。っていうかマヨネーズ。

マヨネーズなんてだーいキライだー。

【Q4】バトンをまわしたい5名は誰ですか?

えー、そんなこと急に言われてもー。

この記事を書いていたときに横でちえぞうさんが「えーアタシはなんとかー。」とうるさかったので、ちえぞうさんにパース。

求むファーックス

ウメ家は普通紙FAXを使っているのだが、母の仕事の関係でFAXを受信する機会が多い。そのため、家庭用のFAXのインクリボンではあっという間になくなってしまう。母はいつも「これもったいないわー、もう一回巻いたら使えるんじゃないの?」と言っている。いや、こわれますから。

それでウメが編み出したのが、パソコンにつなげる複合機(スキャナーとプリンターが一緒になった機械)のFAX機能付きのものを購入してプリンターからFAXが出てくる配線にしている。

しかし、プリンターの調子が今ひとつで、FAXが上手く受信できないことがあって、母は困っているようだ。もうFAXは止めて新しい電話機だけを購入したらFAXは全部プリンターに入るんじゃないの?とまで言う始末。いやいや、いまさら電話機だけ購入するのはもったいないですから。

そんなわけで、ウメはミシンで有名な会社「ブラザー」のFAX複合機に目をつけている。しかもレーザータイプ。本来は業務用だと思うのだが、ウメ家は業務並にFAXがくるので問題なし。業務用のほうがメンテナンスも簡単だろう。いつまでもウメに頼られていてもこまるので、ここはひとつ、どかーんと購入してしまおうか。

でも新品は高いので、中古品やアウトレットでゲットしようかと考え中。どこかにないかなー。

パッチをあててね

昨日、同期のパソコンのウイルスチェックをする為にお宅へ伺った。

ここ最近、学校の連絡で使うメーリングリストにウイルスメールが大量に流れていて、もしかしたら発信源かも、ということで調査をしたのだ。

つい最近、中国のキングソフトという会社が日本に進出する為に「キングソフトインターネットセキュリティ2006」の日本語版のソフトを無料でダウンロードできるキャンペーンを開始した。100万本限定だそうが、現在20万本ちょっとダウンロードが進んでいる。

パソコンを買ってからウイルスソフトを更新せずに、「更新しますか?」画面が出たままほっといている人は無料なので試してみてはどうだろうか。パソコンの中の情報を盗む「スパイウェア」を発見する「アンチスパイ」や、不正侵入を防ぐ「ファイヤーウォール」も入っている。ただし、有名な「ウイルスバスター」や「ノートンインターネットセキュリティ」と比べると、ウイルス発見率がやや劣るらしい。ま、そこはお値段分ということで。

同期のパソコンは、買った当時からウインドウズのアップデートをしておらず、右下に出てくる更新のお知らせは面倒でいつも閉じるだけだったという。この地道な更新作業が実は重要。

マイクロソフトはウインドウズにセキュリティホール(弱い所)が見つかると、どんどんそれを埋めてくれる「パッチ」を出して、無料でダウンロードできるようにしている。これを当てていないと思わぬところでパソコンが不具合を出したりするので、地味な作業だが是非更新して欲しい。

ちなみに、友人のパソコンに一気にパッチを当てるのに、2時間ほどかかりました。

2005年10月17日 (月)

おっさん!

今朝、事故りそうになりました。

青信号になったので、ウメが交差点にでようかなーと前進したところに、おっさんの乗った車が飛び出てきた。おそらく青信号ギリギリでわたってしまおうとしたのだろう。

おっさんにクラクションを鳴らされ、無事事なきを得たのだが、ウメはムカっときたので、おっさんをにらんでやった。そうするとおっさんはまず、ハザードランプをつけ(どういう意味だ??)そのあと、曲がり角で曲がっていくウメにごめんねーという顔をして手を挙げていった。

あやまるんなら最初からそういうことをやるんやない!ごめんで済んだら警察要らんわ!

気をつけよう 注意一秒 怪我一生

低反発マットレス

ウメが買ったわけではないのですが、前々から気になっていた「低反発マットレス」。

通信販売で枕とセットで1万円で売っているのを良く見かける。いつも買いそうになるのだが、こういうものはやはり実物を見て買わないと・・・と思いとどまっている。

先日、低反発マットレスを試す機会があった。

いい!

低反発マットレスは耐圧分散効果に優れ、快眠効果があるのだが、通気性がないためムレるおそれがある。もう夏のトップシーズンは遥かかなたへ過ぎてしまったので、ムレるかどうかは確認できなかったが、とりあえず寝心地は素敵だった。

1万円前後なら買ってもいいかなーと思ってしまった。眠りが浅い方、腰や首が痛くなる方には低反発マットレス、良いみたい。おすすめ。

1人暮らしをする時に思い切って買っちゃおう。そう思ったウメでした。

手話でブログを説明

毎週月曜日は現代用語を発表する人の通訳をする授業。今日はちえぞうさんが「ブログ」を発表した。ウメは何の役にも当たっておらず、ホッとしながら授業を受けていた。トラックバックやアフェリエイトなど、通訳者泣かせの横文字がずらずらと並ぶ。あぁ、お気の毒様。

同期でブログをやっているのはウメを入れて3人。もしかしたら隠れてやっている人がいるかもしれないが、そこはまあおいといて。こういう話だと時々先生がウメに話を振ってくれる。先生もこのデイリーウメダスをよく見てくれているそうだ。

授業も終わりに近づいたころ、先生が「時間も余ったし、ブログのPRをすれば?」というので、ちえぞうさんはなぜかウメを指名。当番じゃないのにブログ(携帯電話で更新するモブログも含む)のいいところについてみんなの前で手話でやることに。

突然言われたので、「日本語の勉強になる。」とか、「自分の毎日の思いを書ける。」など、ありきたりの事しか言えなかったが、ブログは本当に楽しい。昨日はなんと延べ1日300人の方に見ていただいている。ウメ自身ここまで多くの人に見てもらえるものになるとは思っていなかった。その見てくれている人の期待に応えようと、まぁ、結局ウメの戯言な訳なのですが、地道に更新していきたいと思う。

しかし、「トラックバック」を手話で説明するのは難しそうだ。

3週間分

ここ最近、学校から帰っても課題やら居眠りやらで、大好きな「おかあさんといっしょ」を見ることがほとんどできていなかった。「おかあさんといっしょ」のほかに、「BSおかあさんといっしょ」も録画しているので、毎日45分ずつ増えていき、たまりにたまった3週間分。

風邪で学校を休んだ金曜日。昼間は頭が痛くてテレビを見ることすら出来なかったのだが、夕方になって少し収まってきたので、これはいい機会と思い、3週間分のおかいつを全て見切りました。着ぐるみ劇にはあまり興味がないので、早送り。「ぱわわぷたいそう」は毎日同じのをやっているので(当たり前か)これも早送り。でも体操のおにいさんの衣装が変わっていた。

布団の中に入りながらお子様の世界を堪能した。でもあんまりまとめて見ると一つ一つがゆっくり楽しめないので、これからはちょくちょく見ていこうと思う。

2005年10月16日 (日)

ウメ家初カラオケ

祖母の喜寿のお祝いで食事会をした後、仕事帰りの弟も合流して家族でカラオケへ。

ウメにとっては家族とカラオケに行くのは初めて。家族の歌声を聞いたこともなく、家族の前で歌ったこともない。ウメ家初のカラオケとなった。流れる曲には昭和の香りがプンプンとしていた。

父は最近、1人でカラオケにくることがあるそうで、コツコツ練習しているらしい。父にとってはその練習の成果を発揮するところだ。父は「さざんかの宿」を熱唱。いやー、演歌が似合うナイスミドルになってしまった。しかし、この歳になって初めて父の歌を聴くのもどうなのだろうか。

母は「なごり雪」や「涙そうそう」を歌った。母も家族の前で歌うのは当然初めてなわけで、若干緊張気味。友人とはカラオケに何度か行ったことがあるようで「ビールを飲んだ後はのどの調子が悪いわ。」と言い訳をしながらも高い声で歌っていた。

ウメは「あずさ2号」や「世界に一つだけの花」など、両親世代でも知っていそうな曲をセレクト。父には「歌いこんでるなー」と言われた。いやいや、最近の若者はみんなカラオケ好きでっせ。

そして弟。弟は耳が聞こえないので音程は取れないのだが、それでも積極的に数曲披露。森山直太朗の「さくら」を(良い曲だと言いながら)入れたのでウメときょうだい初デュエット。いやー、まさか弟とカラオケでデュエットする機会があろうとは思わなかった。ちなみに弟とはPuffyの「これがわたしの生きる道」も一緒に歌った。これも弟の選曲だが、なぜコレにしたのかは謎。

場を盛り上げてくれる叔父と叔母。あちらの家族ではよくカラオケに行ったりするらしい。さすがウメの入れる若い曲にも反応してくれて、場を盛り上げてくれた。叔父は所々にモノマネを織り交ぜて歌い、祖母はなんと「島のブルース」(懐メロ好きのウメでもこの歌は知らなかった。)に合わせて踊り出すではないか。それに叔母が一緒になって踊り出し、なかなか愉快なカラオケとなった。

ウメにとって貴重な思い出となったのは、ウメ父とウメ母の「銀座の恋の物語」のデュエット。いやー、ええもんみせてもろた。

家族でカラオケ、これからウメ家の新しいレジャーとなるだろうか。いやはや、昭和の歌をもっと練習しなくては。

喜寿

一緒に暮らしている母方の祖母が今年で77歳になった。それでささやかながら喜寿のお祝いをしようということで、祖母、両親、叔父と叔母が集まって食事会をした。

家の近くにあるちょっとこじゃれたお店で会席料理を頂いた。秋の味覚、まったけ、いやいや松茸も出てきた。まったけを食したのは何年ぶりだろうか。料理は薄味で、ご年配の方が喜ぶような感じ。皆おいしいおいしいと食べていた。

そんな中母はウメにしきりに「食べるものあるかい?大丈夫?」と確認してくる。昔小さい頃、家族旅行に行ったときに旅館の夕食に食べるものが無く、ウメが文句を言っていたのを覚えていたようだ。ウメも成長してもう2ウン歳。そりゃーこういう食事も食べられるようになりましたとも。ご心配をおかけしました。

ウメ以外の皆はお酒もたしなみ、会は和やかに進んだ。祖母も楽しそうで良かった。次のお祝いは米寿・・・、それまではあっという間だろう。まだまだお元気でいてください。

ジャパネット

家に帰ってふとテレビを付けてみると、「ジャパネットたかた」のテレビショッピングが放送されていた。ウメはテレビショッピングを見るのが大好き。買ったことないが・・・。その中でもジャパネットたかたはウメ好きの商品がたくさんある。

たかた社長は凄い人だと思う。あの話し方は他の人にはまねできない。最近でこそ部下のヤングメンが出てくるようになったが、たかた社長にはかなわない。あのトークと金利分割手数料ジャパネット負担、これが見事に受けたのだろう。

某家電量販店時代にはパソコンの売り方の勉強をさせてもらった。「DVDスーパーマルチドライブ!!」とか、「筆まめ・筆王・筆ぐるめ!」と叫んでいるだけで電話がジャンジャン鳴るのである。うらやましい。「セレロンですよ、セレロン!!」いやー、そんなに性能高くないんですけど・・・。

たかた社長、調べてみるともう57歳。いやー若々しい。そのお年で数々の家電製品を使いこなして、家電がちょっと苦手・・・という人の心を見事につかんでいる。おかんも「若いわねー、この人カツラなんじゃない?」と訳の分からないところにポイントをおいたようだ。

ジャパネットのテレビショッピングを見ているとあれこれ欲しくなってきてしまう。ウメが働いてお金ができたら買っちゃおうかな。

いよいよ来ました

「聴力障害者情報文化センター」から一通の封筒が届いた。

そう、手話通訳技能認定試験、つまり手話通訳士試験の二次試験の受験票だ。いよいよ受験の時が近づいてきている。

昨年一次試験に合格したので、今年二次試験を受けなくて良いことになっている。しかし、今年二次試験に落っこちてしまった場合、来年はまた一次試験から受けなければならないのであーる。あぁ、もう一次試験なんて合格できない。お勉強できない。

二次試験は読み取り(口頭・筆記)と表出通訳。

読み取りの筆記はメモの字が汚くて思い出せず。口頭読み取りは日本語がどうもおかしい。表出通訳は日本語に引っ張られる。

うーん、どうだろう。あと1ヶ月半でなんとかなるかな。

揺れた~

1時間ほど前に関東地方で震度4の地震があった。ウメもぼーっとしていたらグラッと来て驚いてしまった。

ここ最近関東地方は地震が増えてきている。なんだか大きな地震の前触れのようで怖い。

パキスタンでも大きな地震があったばかり、せめて心づもりだけでもしておかなければ。

« 2005年10月9日 - 2005年10月15日 | トップページ | 2005年10月23日 - 2005年10月29日 »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: