2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 2005年9月11日 - 2005年9月17日 | トップページ | 2005年9月25日 - 2005年10月1日 »

2005年9月18日 - 2005年9月24日

2005年9月24日 (土)

長崎の方言

長崎の言葉でよく耳にするのが「~けんねー。」。
手話にも地名をはじめとして、いくつか地元ならではの手話がある。
そのなかで驚いたのが、「お願いします。」という手話。

長崎では手を胸の前で組む動作で表す人もいるそうだ。キリスト教の影響が強かった地域だからだろうか。

方言の成り立ちを聞いているだけでも勉強になる。

長崎の公園

長崎は海と山しかないと聞いていたが、市街地は結構栄えていた。
坂道が多いが、雰囲気のいい街だ。

市街から30分くらいバスにゆられて公園についた。のどかな公園。山がすぐそこにせまっている。
関東にはなかなかない景色。少しの間だけだが、たっぷり味わいたいと思う。20050924130346.jpg

さわやかな朝

会場に向かうバスに乗っていると、途中のバス停で女子高生が運転手に「このバスは(会場の)運動公園までいきますか?」と聞いていた。
運転手は「行きますよー」と明るく返事。

すると会場に向かうろう者らしき人が二人乗って来た。話を聞くと、どのバスに乗っていいかわからず地元の女子高生にお願いしたとのこと。

どうやって頼んだかはわからないが、ちゃんと伝わっていて、最後はお互いに笑顔で手を振っている姿をみると、気持ちまでさわやかになった。

長崎は今日も快晴です。

一人なのに

部屋がツインです。誰か連れ込めます。

一人でツインは豪勢です。広いー。20050923230850.jpg

2005年9月23日 (金)

やったー

長崎に来た初日の夕食はなんとコンビニ…。宿がないトラブルと急遽入った手伝いのため時間がなく、泣く泣くコンビニで…。
ホテルも薄暗く、散々でした…。

うってかわって長崎市内。待望のちゃんぽんです!そして肉まんじゅうです!やったー!
長崎市内にある日本三大中華街の一つ、「新地中華街」の会楽園というお店でたらふく食べました。うまかったー。

やっと長崎にきた実感が湧きました。やっぱり食べ物の力は大きいですね。20050923205600.jpg

オロオロ

ろう者のイベントに来るといつも本当に圧倒される。あちこちで手が軽やかに動いていて笑いがおこっている。

私たちはその勢いに圧倒され、また要員として何をしたらいいかわからずオロオロ。
おまけにまだまだ手話もスムーズとは言えず…さらにあわわわ…。

でも、あの生き生きとしている様子を見て元気をもらえた気がする。

黄色い集団

今回の実習で支給されたTシャツは黄色。デザインはシンプルなものの、かなり派手。
学生でかたまっていると、あの番組を思い出す。そう、毎年100キロマラソンをするあの黄色い番組。
誰かに走ってもらいたい気分だ。
このTシャツは3日間で1枚しかないのでホテルで洗濯しなければならない。

さて、最後は番組と同じように感動のフィナーレとなりますでしょうか?

長崎にも

ここは長崎、大村の地。
写真は大村駅ののどかな風景。
いましたよ、ここにも電車男が。誰も頼んでいないのに案内放送と客を誘導している。

果たしてこの男にエルメスは現れるのか?20050923180444.jpg

ご飯が来ない!

急遽手配してもらったホテルに泊まったのはいいのですが、朝食に30分も待たされました…。

しかも出てきたものは4分で食べられてしまうくらいのもの。出発のバスの時間が危なかったですが心配はいりませんでした。

色んな意味で/ピッ/です。早食い実習ではありませんからー。

2005年9月22日 (木)

ひこうじょう

飛行機がどうやって飛ぶのかわかっているようでわかっていないウメ。
まだ乗った回数は片手の指の本数で足りるくらい。まだ慣れない。

特に離着陸の時のフワ~っとした感じがダメ。オロオロしてしまう。
曲がったりする時に、曲がり過ぎて落ちるんじゃないかと思ってしまう。
そうそうおっこちても困るのだが…とにかく安全なフライトをお願いしたい。20050922100610.jpg

長崎は大阪風?

手話の方言の例を出すときによく/名前/という手話が使われる。
東京は手のひらに親指をあてる形だが、大阪をはじめとする西日本は胸に/メ/の形をあてて表す。

長崎の人たちは皆大阪の形で表していた。
長崎独自の手話を見られることもあるだろう、それも勉強の一つ。じっくり見させてもらいたいと思う。

宿がない!

長崎の大村にやっとのことでたどり着いたのはいいのですが、なんと、泊まるはずのホテルが予約されていませんでした!
およそ20人分の宿がありません!ありえない…。
旅行会社の手違いで違うホテルを予約していたのです。あぁー宿がない…。

結局、別のホテルが取れてことなきを得ましたが、宿がない実習って…。

長崎のバス

空港から目的地まで路線バスに乗った。普段乗っているバスとさほど変わりないが(当たり前か)少し田舎くささがただよう。
バス停を案内する車内放送のイントネーションがおかしかった。あきらかに長崎弁とは違う機械でつないだおばさまの声。

そんな声で、「髪を、髪を切りた〜い!」(理髪店の宣伝)って言われた日には思わず笑ってしまった。20050922130213.jpg

つとめて

この時期になると朝は涼しい…むしろ半袖だと肌寒い感じがする。
都内へ行くサラリーマンに混じってウメは大きい鞄を背負いながら空港へ向かう。

今度の実習は何が待ち受けているのか…期待半分、緊張半分。
とりあえず居眠りしないように頑張ります。

2005年9月21日 (水)

マーケットウメダス

テレビ東京で平日早朝に放送されているニュースモーニングサテライトという番組の中に、「マーケットウメダス」というコーナーを見つけました。

>分かっているようで意外と知らないマーケットの知識を解説する「マーケット・ウメダス」のコーナーです。
今週のテーマは「マーケットメイク制度」です。
先週のコーナーで、マーケットメイク制度には値幅制限がないというお話をしましたが、そもそもマーケットメイク制度とは何なのか、その根本に迫ります。

とまあこんな感じで進んでいきます。マーケットの話をするらしいのですが、なぜウメダスなのか、ちょっと調べてみたのですがわかりませんでした。話している男の人の名前がウメ関係なんでしょうか。

ふふ、さてはパクったな、テレビ東京さん・・・。

旅立ちの前日

明日から長崎へ実習に行ってきます。明日の今頃は長崎にいるんだなぁ、とふと思ったりするのですが、実感がわきません。

今回の実習は5ヶ所に分かれてしまうので、同期が全員集まることが少ないようです。また、例年と違う実習場所なので決定事項も少なめ。やや不安です。羽田空港に着いたその時から手話オンリーです。日本語はホテルの部屋に入るまで話せません。

初めての長崎。せっかくですから楽しんでいきたいと思います。

手作りケーキ

写真がちょっと暗いですが、これが模擬結婚式に出した母の手作りケーキです。
純白のクリームでシンプルに仕上げてあります。真ん中のデコレーションがかわいいですよね。

母は「これは失敗したのよ。クリームが足りなくて…しかもちょっとかたいわ」と言ってましたが、充分おいしかったです。
友達にも好評でした。よかったよかった。
母はやはり偉大です。20050921064255.jpg

結婚式

通訳の実践授業の最終日。最終日は毎年模擬結婚式を行い、結婚式での手話通訳のあり方を学ぶために、同期みんながそれぞれの役になりきって結婚式の「てい」で授業を進める。

同期のMさんがちょうどおめでたで、この際祝ってしまおうということで、Mさんの結婚式ということにしよう!と決まった。Mさんのだんなさんになる人、Mさんのお姉さんがわざわざ遠方から来てくれるという。

場所もいつも授業で使っている教室ではなく、学校の最上階にある大研修室を使用させてもらって、結婚式場の雰囲気を出した。ウメ母にも手作りケーキを作ってもらい、本当の結婚式になるべく近づけるようにした。

ウメは仲人役。新郎新婦のプロフィールを紹介する役だったのだが、あまり練習していなかったのと、大勢に見られていたことで緊張。予想通りグダングダンになってしまった。それでもなんとか自分の役目を終えた。

結婚式では牧師(役)が英語で二人の愛を確かめ(かっこよかったー。)、披露宴ではキャンドルサービスや、友人の出し物、上司の祝辞、家族への手紙など、本物の結婚式に行ったことがないウメにとっては参考になるものだった。

そこに手話通訳が4人。事前打ち合わせはしていたものの、次々と繰り出される皆の動きに通訳担当の同期もアタフタしている様子だった。臨機応変に動くのはわかっているのだが、わかっていてもなかなかできないものである。でも、通訳を担当した人は本当にいい経験ができたと思う。

ウメは仲人役をそこそこに、音楽や照明、プロジェクターの操作など、いつのまにか裏方さんになっていた。裏方さんはきらいじゃないのでいいのですが、ここでも機器委員。キカイといったらウメであることは役になりきっても抜けないようだ。

せっかく撮ったのに

今日、K先生の同時通訳の課題が休講になった。ウメはその担当で、前日だった昨日、毎週欠かさずに行っているバレーボールもあきらめ、必死にビデオ撮りをした。なんとかお見せできるものをやっとこさ撮ることができた。

が、今朝「休講です。」メール・・・。あーぁ、休講なのはうれしいのだが、昨日急いで撮った時間はなんだったんだぁー。

「だから何?」なんて言わないでください。ちょっと愚痴ってみただけですから。

2005年9月20日 (火)

何もしていないのに・・・

先日からインターネットに接続できない状態が続いていたウメ家ですが、今日帰宅すると、直っていました。モデムのいやらしい点滅状態が収まっていたので、もしや・・・と思いインターネットを開いてみたら、出るじゃありませんか、Yahoo!が。

何もしていないのに壊れ、何もしていないのに直りました。機械の機嫌というものはこういうものでしょうか。母も「あたしは何もしていないんだけどねぇ。」としきりに繰り返し、不思議がっていました。そりゃ、何もしていないでしょうねぇ。

故障した・・・はずのモデムの交換を頼んでしまっているので、一応交換します。(直ったとはいえ、一度は壊れたものですから・・・。)プロバイダーの方、ごめんなさい。壊れていなさそうなモデムを送り返させていただきます。

ショートステイ

手話に翻訳するとどうなるでしょうか。

ウメはショートステイを1日のうち数時間施設に行くことと勘違いしていました。本当は1週間なり数日なり、短期の宿泊で施設に入ることだったんですね。そもそもそこを間違うと翻訳もできませんが。

で、「ショートステイ」の翻訳です。

日本語から引用して/短い/いる/とやっても伝わらない場合、/老人/例えば/1週間/施設/泊まりで/行く/みたいに訳せばいいでしょうか。

もっと短い文章で翻訳したいのですが、なかなか。

訳し方

手話を読み取って同時通訳するときの日本語にウメは最近気をつけています。先生からフォーマルな日本語で話すように言われ、またウメ自身の性格として見えたものをすぐボロッと言ってしまうので、少し見たものをためて日本語を考えてから話すようにしました。

そうすると出てきません、日本語が。また、考えて話したのが裏目に出てしまって支離滅裂な日本語になってしまいました。それに単語の誤訳も重なってわけの分からぬ読み取りに・・・。あぁ。

「もう少し見えたものをそのまま素直に訳しても良いんじゃないかな。」と先生に言われ、うなずくしかないウメ。今までがそのまま訳しすぎたので、ガマンしてみたのですが、なかなかうまくいかないものです。

野球でもフォーム改造する時はうまく投げられませんよね。多分そんな感じです。ウメはしばらく迷走し続けそうです。

モエ~

母が朝から「アキバ系って何?モエって誰?なんかのキャラクター?山口もえ?」と聞いてきた。
アキバ系はなんとなく想像がついているらしいが「モエ」はわからないらしい。

ウメは「萌え~」であることを説明したのだが、なかなか知らない人にこの表現を伝えるのが難しい。興奮したときの様子…じゃ誤解されそうだし。

ウメ「それは知らなくても通訳で出てくることはないと思うよ。」
母「わからないわよーなんかの講演で例え話で出てくるかもしれないし。」

なるほど。確かに知らないより知っておいたほうがいい。
でも通訳に出てくるから知りたいのか、ただ単に知りたいだけなのかはわかりません。

殿!カラオケでござる

最近、城下ではではカラオケとやらが庶民の娯楽になっておるらしい。
ワシが忍び込んで撮影して参った。
「祭り一丁」と店の札が掲げられておったが、ワシには居酒屋にしか見えぬ。
なにやら「サイバーダム導入!」とわけのわからぬことを言っておったわい。

殿に報告致すため、どのようなものかさらに探ろうと思うたのだが、1時間も待たなければならず、やむなく断念したのじゃ。
出てくる人皆すっきりした顔をしておる。庶民はここで一揆の相談をしておるのじゃろうか?まずい…。
うーむ、殿に報告する前にもう一度行かねばならぬ。20050918193841.jpg

カマ…

カセットテープなどに吹き込んだ自分の声が、いつも聞いている声と違って驚いた経験がある人は多いだろう。
考えてみれば手話にもそういうものがあるのだろうか…。
ビデオに撮った自分の手話を見て「こんな動きしてないよー」なんて思うのだろうか。チョット疑問。

さて、手話通訳の勉強では、手話を読み取っている自分の声を聞くことがある。
当然、何かに録音したものを聞くのだから、自分の声ではないような違和感を感じる。

「ウメってこんなにカマっぽい喋り方なのか…」
改めて感じた。特に「丁寧に話そう」と心掛けるとでるようだ。
自分で聞いてやや、いやかなり気持ち悪い。

先日、同期の皆の前で読み取り通訳をする機会があったのだが、皆口々に「おカマっぽかったよー」と。
ウメ、普通にしたつもり…。
ウメの普通=おカマ!?
ろうの先生に自然に「ウメ子」と呼ばれるくらいだからなぁ。
なんとなくカマっぽいと言われる理由もわからなくもない(自覚はあるつもり)のだが、手話通訳は無標がキホン。
カマっぽくてはいけない。ウメの「オトコ」らしさをもっと前面に押し出さなくては…。

計画的に

連休最終日、いい加減課題をやらなければと思いつつダラダラしてしまった。
夕食を食べて少し休憩をしてから始めようと思ったのがいけなかった。

はい、寝てしまいました。気がついたら夜中の12時半。目覚めたこと自体が素晴らしいくらいだ。
眠い頭の中で「せっかく起きたんだから課題やろうよ~」というウメ天使と、「眠いんだから課題なんか後にして寝てしまえ」というウメ悪魔が戦っていた。

勝った…。

天使が勝った。眠気に耐え、やっと課題を終えたのだ。
ちゃんと計画通りにやっておけばこんな戦いを演出することがなかったのに…。

(連休も)ご利用は計画的に。

2005年9月19日 (月)

ゆっくりやって

手話を表現するときはある程度の速さを持って表現しなければならない。よく、手話を学習する人でゆっくりやって、という人がいるが、ゆっくりやってわかるならともかく、いずれは速い手話にも対応しなければならない。

例えば「おはようございます。」。日本語でもゆっくり「お・は・よ・う・ご・ざ・い・ま・す。」と言われても余計わかりにくい。ゆっくりでもある程度意味がわかる速さを保持しなければならない。そこの調整が非常に難しい。何でもゆっくりやればいいものではないところが難しい。

手話通訳をするくらいになると「ゆっくり・・・」などと言ってられなくなるところが悲しいところだ。あぁ、待ってください。

祝日の昼ドラ

フジテレビで放送中の「契約結婚」を見る機会があった。雛形あきこが出ているというのは知っていたが見たのは初めて。

「おろしてくれ。」「産むわよ。」・・・。でました、いきなりおきまりのフレーズ。どうしてこう昼ドラには悪女がいるんでしょうか。

画面では雛形あきこが人の良さそうな友人に相談しています。「はぁ。」

2005年9月18日 (日)

仲秋の名月

今日は十五夜ですね。満月が綺麗に出ていました。頑張って携帯のカメラで撮ったのはいいのですが、点…ですね…。20050918191802.jpg

ふるさとの湯

ウメが住んでいる川越近辺にはスーパー銭湯がたくさんあります。埼玉牧場に隣接しているサイボクまきばの湯や、蔵の湯、いるまの湯など・・・。

その中でオススメしたいのが「ふるさとの湯」。ウメの住んでいる川越市の北隣、坂戸市にある天然温泉のスーパー銭湯です。湧出量が少ないので循環式ではあるものの、湯の色が茶色く濁っており、無色透明のものと比べると温泉の雰囲気が出ます。

入場料は土日で700円、平日で600円。普通のスーパー銭湯と同じくらいです。湯上がりは本当の温泉だけにお肌すべすべ。

身近にある温泉を探してみるのもいいですよね。

1分なのに

以前よく見たドラゴンボール。このマンガは戦闘シーンが長いことでも有名。現在ウメの目の前で魔人ブウとベジータが闘っています。悟空が1分気をためる時間を稼ぐらしいのですが、もうすでに放送時間は5分を経過。というか、この1分ためる話で1話を使ってしまいそうな勢いです。というか使います。

アニメは時間の流れ方が不自然なときがありあますよね。ドラゴンボールもそうですが、キャプテン翼や、聖闘士星矢、北斗の拳など、あれっ、と思う時間の流れが存在するものです。

さて、もうそろそろ7分がたつでしょうか。相変わらず悟空の気がたまりません。どうしてでしょうか?

ウメの気もたまりません。

« 2005年9月11日 - 2005年9月17日 | トップページ | 2005年9月25日 - 2005年10月1日 »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: