2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 2005年7月31日 - 2005年8月6日 | トップページ | 2005年8月14日 - 2005年8月20日 »

2005年8月7日 - 2005年8月13日

2005年8月13日 (土)

セコいというか

以下Yahoo!ニュースより
>NHKは公開番組の観覧申し込みについて、受信料を支払っている人に限定する措置を取ることが、13日分かった。
>NHKが公開番組への入場で受信料支払いを条件とするのは初めて。
>増加する受信料不払いへの新たな対応策となる。(読売新聞)

そもそも不払いが増えた原因はNHKさんなんですけどね。
逆に今までそういう対応策をしていなかったのがおかしくて、
今になってこういう事をしても遅いような気がします。

どっち?

時々見かける駅の案内板。
「こんど」と「つぎ」…。

どっちが先かわかりません!
(まあ上下でわかりますが…)

2005年8月12日 (金)

父と娘

電車内で隣にいた父と娘(20代くらい)らしき二人のやりとりが微笑ましかった。
お父さんが座っていて娘さんが立っているのだが、お父さんがしきりに「代わるよ、座りなよ。」と言っている。
娘さんは「いいよ、もうすぐだし。お父さん明日朝早いんでしょ。」と気遣う。

その後、お父さんが席を立って娘さんと交代した。娘さんは「も〜いいって言ってるのに。」といいながら座る。
でも娘さんは疲れていたようですぐに寝てしまった。

なんでもないことかもしれないが、お互いを思いやる気持ちが微笑ましく感じられた。

大画面

Q-FRONTです。
ウメは中に入ったことがありません。
なのでよくわかりません。

大画面モニターがありますが、たぶん1つ1つのライトは意外に大きいと思います。

あと一日の電気代も気になります。

くだらないことを考えました。

2スト

かつて一世を風靡した格闘ゲームのスト2ではありません。

ウメの愛車(原付スクーター)レッツ君のエンジンの種類だ。
スクーターには2ストと4ストがあって、4ストのほうが機械が複雑らしい。
2ストはパワーはあるしコストも安いが、音がうるさく燃費も若干悪い。4ストは静音で燃費もいいが、パワーに欠けコストも高いと言われてきた。
しかし最近の技術向上で4ストでもパワーが出せるようになり、最近では10万円を切る4ストスクーターも発売されるようになった。
これから発売されるスクーターは全て4ストになるという話もある。

確かにレッツ君は音がうるさい。ただ、33km/1Lの燃費は悪くないと思う。
レッツ君は今7歳。肩身が狭くなってきた2ストレッツ君は、今日もウメを乗せて順調に走ってくれている。

ところでストってなんの略だろう?ストローク?

顔話

実習先でお世話になっている人と話していた時に面白い話を聞くことができた。
手話は「顔話」だというのだ。

手話は手だけ見る言葉ではなく、手も含めた顔の周辺全体を見なければならない。
極端な話、顔だけでも話すことができるよねーなんて話にもなった。

確かに、顔の表情と指差しさえあれば成立する会話もある。
その人が試しにやってくれたのが、「あの娘がウメのことを好きらしくて、私は告白すればいいよって言ったんだけど、恥ずかしいからできないって言ってた。ウメはあの娘のことどう?」という文。
その人の表現がすばらしかったのもあったのだが、ちゃんと文になってました。
要するにそこに文法があればいいわけで、手を動かすだけが手話ではないのだなぁーと改めて実感した。

予備軍?

油性マジックの匂いが好きな人っていますか?

ウメは好きなんです、あのにほひ。特に「?」と書いてある短くて太いやつの匂いがいいですねー。
ついつい書くときに匂いを嗅いでしまいます。
そうするとかならず「ウメちゃんやばいよーシンナー中毒になるよー。」って言われます。

油性マジックってシンナーを使ってるんですか?実はよく知らなかったりするのです。
だとしたら気をつけたほうがいいですよね。
マジックで済んでいればいいですが、物足りなくなってシンナー中毒「注意」「必要」ですね。

ちなみに余談ですが、小学校の時に学期末に床を磨くワックス(オレンジ色限定、白色のはダメです)のにほひも好きでした。

シュレッディング

個人情報保護法が施行されてから、紙を裁断するシュレッダーが売れているようです。

ウメはシュレッダーに紙を入れて、むしゃむしゃと紙が食べられていく瞬間が好き。
なんとも言えない(小さな)快感なのです。

ウメは紙をシュレッダーにかけることをシュレッディングと言っています。そう、〜ing系にしてみただけです。シュレックではありません。

意味もなく逆回転させたりして遊んだりもしますが、良い子のみんなは真似しないでくださいね。

宣伝?

朝、出がけにテレビを見ていると、なんと母校「東海大学」のCMが流れていた。
大学もCMをしなければいけないほど志願者が減っているのだろう。

それにしても名前だけは有名な我が母校でも宣伝しなくてはならないとは…やばいのか…。

神奈川にあるのに東海大学。
すぐ近くに丹沢山系が広がるのに湘南キャンパス。

そんな大学の話もおいおい書いて行きます。

2005年8月11日 (木)

今日は・・・

いつもお世話になっているK先生の誕生日。
K先生のブログをのぞいていると3回もお祝いしてもらったと書いてある。
いいなー、うらやましいなー。
というか、1年生も祝ってたぞ。(誘ってよー。実習中で行けなかったけど。)

でもそれだけたくさんの人に祝ってもらっているというのも
K先生のお人柄。
K先生、おめでとうございます!

駆け込み失敗

さらに電車ネタ。
ウメは駆け込み乗車しようとして失敗した人を見ると笑ってしまう。
何故、皆無理に平静を装うのだろうか。

そういえば高校生のころ、駆け込み乗車しようとした(いかにもアホそうな)高校生が、持っていた傘を挟んでドアを開けさせようとしたところを見た。
ウメはムカっと来たが、なんと電車は傘を挟んだまま発車。
高校生ポカーン。

車掌ナイス!!

傘を挟んだまま電車は去って行き、ウメはニヤリと笑いながら反対方向の電車に乗った、なんてことを思い出した。

駆け込み乗車は(できるだけ)やめましょう。(弱気)

日能研

関東近県ではご存知の方も多い「日能研」。
小学生向けの塾だ。
「四角いアタマを丸くする」がキャッチフレーズらしい。

ウメは大の塾ギライ。予備校も含めて一度も通ったことがない。そんなに勉強したくなかったのだ。

日能研はよく電車の中に広告を出している。中学入試の問題が載せてあるのだが、それが解けない。
アタマが丸くなるどころかとがってしまいそうだ。
見なきゃーいいものをつい見てしまうからダメダメ。
自分の学力のなさに呆れるが、逆にそんなこと知らなくても生きていけるもーん、と開き直る自分もいる。

日能研バッグなるものを背負って塾に通うガキ達を(ここはあえてガキと呼ばせていただく)見かけるが、大概マナーが悪い。
うるさかったり、席を占領したり、車内をうろうろしたり…。

学力を鍛える前に別のことを勉強したほうがいいと、ウメは常々思う。

多少学がなくても、周りが見える人、常識のある人のほうがよっぽどリッパだ。
そーゆーことを教えてくれる塾はできないものかねぇ。

あぁ学歴社会のバカ。

交差点

実習の帰りにパチリ。
平日でも夏休みだからかものすごい人だ。

数分毎信号が変わるたびにワラワラ人がわいてくる。
いったいどこからこんなに人がでてくるのだろうと不思議でならない。

ちなみにこの交差点はよくテレビに映るが、ウメも見切れたりしていないかなー。

西武新宿線

またまた電車ネタで申し訳ありません。
ウメが学校に通うのにも利用している西武新宿線。名前を聞くと響きがいいのだが、実はビミョーな路線なのだ。

西武新宿〜本川越の間を結んでいるのだが、どちらの駅も乗り換えが不便。
西武新宿駅は新宿駅まで徒歩10分くらいかかるという微妙な位置。でもあの有名な歌舞伎町はスグ。水商売の方御用達路線でもある。
どうせなら歌舞伎町駅でもよいのでは?と思う。
本川越駅は、市役所や有名な蔵作りの街には近いのだが、栄えている川越駅まで歩いて15分。これまた微妙。
しかし、かつては西武線の駅の方が早くできていて、川越駅は後からできたらしい。
その後川越駅界隈の方が発展してしまったというわけだ。

両端の駅の乗り換えが不便。そして走っている特急「小江戸」はいつもガラガラ。
川越から都内へ出る路線は、東武、西武、JRがあるが、一番時間がかかるのも西武。
地下鉄の乗り入れもない。

そんな微妙な路線だが、川越市内から新宿に行くには一番安かったりするのだ。
金欠ウメにとっては助かってマス。

ゆっくり話す

ろう者の先生が私たちに手話を教えてくれる時、いつも話している速さよりもゆっくりな手話で表現してくれる。
しかもゆっくりになったからといって音韻が変わったり変な手話がでてくるわけではない。

ろう者はみんな手話を教える力があるのかというとそうではなく、私たちが日本語を教えるための専門課程があるように、手話にも(わずかだが)そういった専門養成講座がある。

学校では、そういった言わば日本で有数の手話を教える力をもった方々に習っているのだ。
考えてみるとすごいこと。

学習者に対してゆっくり話すというのは簡単そうでなかなかできないことだ。
特に早口のウメには…。

2005年8月10日 (水)

話題・注目商品

以下Yahoo!ニュースより
>電通は10日、2005年上半期の話題・注目商品のランキングを発表した。
>1位はインターネット上にある日記風のサイト「ブログ(blog)」となった。
>電通は「昨年までは芸能人など有名人が中心に情報発信の手段として使っていたが、一般化してきた」と分析している。

あら、ブログが1位ですよ。
ちょうどウメがこのブログを始めたのも同じ時期。
奇遇ですな。

パソコンの知識が無くても気軽に始められて、
情報発信や日記風に使えるブログ。さらにお友達も増えちゃう。
これを機会にまだの方、改めてみなさんいかがでしょう?

入れる&タッチ

実習に通っている途中、高田馬場駅で西武線からJRに乗り換える。

ちなみに高田馬場駅は1ホームしかないJRの駅で一番利用者数が多い。いつも乗り換えの客でホームには人がたくさんいる。
さらにJRの発車メロディは鉄腕アトムの曲なのだ。理由は聞いたような気がするが忘れました。
鉄ちゃん的なところから話をもどしてその乗り換えの話に戻ろう。
ウメは私鉄で使えるパスネットとJRで使えるSuicaを利用しているのだが、改札口での素早い動きが必要なのだ。
まずパスネットを入れてから絶妙なタイミングでSuicaをタッチ!遅いと後ろの人がつっかえてしまうし、かと言って早すぎても機械が認識してくれない。
今日、ウメは見事に「ピンポーン」と鳴らしてしまった。うーん、なかなか慣れない。
改札の前に来るとどっちが先なのか忘れてしまい、改札口上の案内板を見ていたりするとアタフタしてしまう。

それにしても改札口も進化したもので、入れる&タッチを数秒もしないで認識できるのはすごい。
駅員さんが鋏を高速でカンカンしながら切符をきっていたころも子ども心にすごいと思ったが、いやー時代は進化したものだなぁと、おっさんくさいことを考えるウメなのだった。

店頭マイク

今実習をしている所の近くに(ウメが働いていた所とは違う)某家電量販店がある。
そこの店頭で若い店員さんがマイクで携帯が安いだのパソコンが安いだの元気に宣伝している。

3年前の今頃はウメも新入社員で似たようなことをやっていた。ただ、地声の場合が多かったが…。
ああいう店頭マイクの声を聞くと会社員だったころの記憶が蘇る。あぁ懐かしい。

あの頃の元気を忘れずに明日からもくたびれたサラリーマン姿で実習、頑張ります。

ペペ

ペペと読みます。西武線沿線にあるお店です。
ウメが住んでいる川越にもあります。
デパートじゃないしショッピングモールでもないし、なんとも微妙な店なのですが、ウメも学校帰りにたまに利用します。

それにしてもこの店の名前は誰が決めたんでしょうね。ペペですよ、ペペ。
埼玉に越して来て聞き慣れるまでに時間がかかりました。

Excelができます…

パソコンのワープロ・表計算ソフト。仕事をされている方はもちろん、学生のみなさんもいつもお世話になっているものだと思います。
有名なのがマイクロソフトのWord、Excelですよね。この2つのソフトが使いこなせればビジネスでは大活躍、ですよね。
Mousというマイクロソフト主催の資格を持っていると就職に有利と聞きます。
また、求人でも「Word、Excelができる方」とよく見かけます。それくらいメジャーなものです。

しかし、Wordができるというのはなんとなくわかるのですが、Excelができるって何ができればいいんでしょうか?
ウメは大学時代、社会調査をかじったのでExcelを使ったアンケートのデータ整理やグラフ作成くらいまでならできますが、
複雑な関数やマクロになるとお手上げです。

こういう人はExcelが使えるって言っていいんでしょうか。
求められるものが違うので一概にはいえないんでしょうけどね。

Excelがバリバリ使えたらカッコいいなー。

2005年8月 9日 (火)

バリエーション

手話での会話において、相手の話を親身になって聞く必要がある場合、
リアクションが非常に重要だ。
相手に自分の話を聞いてくれていると感じてもらえるように、相槌をうったりするが、それも単調なものではなく、バリエーションに富んだものでなければならない。

同じ反応を繰り返していれば、相手にとって話を聞いていないのと同じ。
これは日本語の会話にも言えることで、相手が「へぇ」だけでしか相槌してくれなかったら話す気もなくなるだろう。
だが、私たち手話学習者は、いかんせん手話の語彙も少なく、パターンも持っていないので単調になりがち。

手話での会話の大事なところって意外とこういうことなのかもしれない。

着ない上着

今日一日スーツを着たものの、結局上着を着ることがなかった。
なんのために持って行ったんだろう。しかし、初めて訪問するところに持っていかないとたぶん不安だったろうから仕方ないのかも。

それにしても行き帰り腕にかけられた上着というものは邪魔で仕方ない。
クールビズを法律で定めてくれないかなぁと思った一日でした。

ドトール

都内某所のドトール。
食事をしたあとの、ホッと一息の時間。
ちなみにスタバとドトールならドトールが好き。スタバはなんか気取っている感じがするのだ。

それはさておき、店内にはウメと同じように、タバコを吸いながら休憩しているサラリーマンがたくさんいる。
お仕事お疲れ様です。

ウメはサラリーマンみたいな格好をしていますが、お仕事ではありません。

来年の今頃はサラリーマンの仲間入りできてるかなー。

久々のスーツ

今日から夏期実習。

都内某所での実習なのだが、久しぶりにスーツを着た。
2年前までは毎日着ていたし、ウメの年齢ならもう着慣れている人も多いだろう。

久しぶりに着るスーツは新鮮だが、やっぱりどこかくたびれたサラリーマン感が出てしまうのは、
もう歳のせいなのだろうか。

あぁ、いつまでも若くいたい…。

2005年8月 8日 (月)

解散しちゃった

郵政民営化法案が参議院本会議で否決された。
小泉首相がどうしても成し遂げたかったものだけに、さぞかし意気消沈なのだろう。

そして首相が言っていた通り(何故か)衆議院が解散された。
参議院で否決されたのになぜに衆議院が解散なのかよくわからないが、
民意を問うということでいいのだろうか。

それにしても政治ってこんなものだろうか。
なんだか子どものクラス会のほうがまだマシなような気がする。
ジジイ同士の駆け引きなんて見たくない。
問題は成立させる法案が多くの国民にとって利益があるかどうか。

あれ、そういえば解散しちゃったよね。
障害者自立支援法案はどうなるのだろう。なくなっちゃうのかな。

宿題が・・・

またやってしまいました。
起きたら夜の7時半。

今日は郵政民営化法案否決の瞬間を見た後、
頑張って宿題を片付けようと思っていたのだ。
そう、夏休みに入ってからまだ手付かずの。

なのに、なのに。
また寝てしまった。
あぁ、本当に終わるのだろうか。今から心配。

初診で思ふ人と人の関係

ウメが通っている心療内科は、7月から制度が変わって初診の人だけ電話などで予約を入れなければならなくなった。
思い起こせばウメがこの病院に通い始めたのが一年前、そのころから比べればだいぶ患者さんも増えている。みな病んでいるのだろうか。
ウメのころは予約なしで行けたのだが、初診の時はかなり待たされた。それを考えれば予約制も仕方ないのだろう。特にカウンセリングだと時間もかかる。

診察を待つウメの前で予約をしていない初診らしき人が受付のお姉さんとモメていた。
話を聞くと、「予約制と知らなかったのでなんとかして欲しい」ということらしい。
受付のお姉さんは今日の予約はもういっぱいだと伝えている。
その人は電話帳を見て来た人らしく、「電話帳には載ってなかった、朝早くからせっかく来た患者を追い返す気か。なんとかしてくれ」と引き下がらない。アンタ何様だ。
お姉さんが打開策として「近くの病院に受付できるところがあります。」と言っても、「そんなところに行く気はない。」まあ、せっかくの好意に対してなんて言い方。

なんでも時間外に電話をしたが留守電だった、とのこと。そりゃアンタ、時間外に電話しても出ませんよ。

そんなこんなでモメていると助っ人のお姉さん登場。
かなりテキパキと事情を説明し、その人は不満げながらも次回の予約をとって帰っていった。

電話帳は1年に1回しかでないので情報も古い。しかし市役所や保健所など、各公共機関にも連絡はしてあるとのこと。
インターネットのホームページには確かに初診予約制とは載っているが、パソコンを使わない人もいる。
そういう意味では情報を周知しきれていない病院にも落ち度がないとは言えない。

しかし、患者だから、知らなかったといって自分だけ何とかしてもらおう、自分は悪くない、という考え方はウメは大嫌い。
時間内に電話することだってできたはず、他の公共機関に問い合わせることだってできたはず、出掛ける前に電話することだってできたはずだ。

その病院のやり方があるのならそれに従うのが当然だと思うが、厳しいだろうか?

話はそれるが、ウメは元サービス業、その時にゴネようとする人には(ウメは人間ができていないので)サービスしたくない気持ちになった。
もちろんお客様なので大事にはしたいが、その前に人と人とのコミュニケーションなのでは?と思うのだ。
店と病院は事情が違うのかも知れないが…。

それにしても色んな人がいるものだ。

謎の小部屋

毎月一回通っている心療内科。待合室のレイアウトが微妙に変わっていた。

ふと見ると謎の小部屋が一つ増えている。なんだか「所沢の母」などと看板をたてて占いでも始められそうな小部屋だ。
何に使うのだろう…気になる。もしかしたら先生に聞いちゃうかも。

2005年8月 7日 (日)

夏場の乾燥対策

暑くて寝苦しい夜が続いていますね。
ウメも寝る時もクーラーのお世話になる日々が続いています。
地球に優しくないですよね。

しかも涼しいのはいいのですが、身体にも優しくありません。
ここ最近、乾燥しているせいかのどの調子がかなり悪いのです。
クーラーのせいだとわかっていても、寝苦しくてついついつけて寝てしまいます。

そこでウメは100円ショップでバスタオルを買ってきて、
寝る前にバスタオルをしめらせてハンガーに掛けてから寝ます。
そうすると室内にある程度の湿気が保たれてのどへの負担も減りました。
バスタオルは朝には完全に乾いてしまっています。
クーラーをつけるとそれだけカラカラになってしまうんですね。

クーラー乾燥対策の一つとしてぜひお試しください。

電話で話し放題

皆さんはウィルコムという会社をご存じでしょうか。
聞き慣れない方は旧DDIポケットと言えば、ピンとくる方もいるかもしれません。
そう、かつて一世を風靡したPHSの会社です。

今でこそ携帯電話が主流になってしまいましたが、
かつては(ウメがちょうどその頃)高校生に大人気でした。
いわゆるピッチです。

PHS?いまさら?とお思いのアナタ!
ウィルコムの電話同士の通話は無料だということはご存じですか。
メールではなくて通話がです。
月2900円のウィルコム定額プランというのに加入すれば、
ウィルコム同士の通話は何時間(1回につき2時間35分を超えると有料ですが、いったん切ってまたかければ無料。)話しても無料なんです。

月2900円ですよ。なんだかアリコの保険のCMみたいですが、
月2900円で話し放題。ちなみにメールも送り放題。
PHSなので音もいいし、電池も長持ち。
惜しむらくは都会に住んでいないと電波が届かないことがあるのと、
機種が現在の所3種類しかないこと。

特定の人としか話さない場合、今持っている携帯のプランを下げて、
ウィルコムをお互いに契約すれば、
2900円で話し放題になります。
そう、遠距離恋愛で電話代に悩んでいるカップルにも、
遠距離恋愛ではないカップルにも、
一人暮らしでホームシックにかかってしまったアナタにも、
いいかもしれませんよ、ウィルコム。

マイブームドリンク

学校の近くのミニストップで売っている「コーラスウォーター」。
最近ウメはこれがお気に入り。

味はカルピスのような感じで、1リットルで130円位。
暑いこの季節、水分補給が大事。しかもおなかにもやさしいときたもんだからナイス飲料。

カルピスのように初恋の味は残念ながらしませんが、甘ーい感じにウメは夢中なのです。
あまりコンビニでは見かけないのが残念。

よし、(勝手に)コーラスウォーター拡販キャンペーンだぁ。

ウメの生い立ち16 〜一緒に勉強〜

生い立ちシリーズ、なかなか中学校から卒業できません。
今回は横道にそれるかもしれませんが、弟と関連づけて書こうと思います。

聞こえない子どもが通う学校は「ろう学校」です。
都道府県にそれぞれ1つ〜3つ程度あり、(東京はもうちょっとありますが)
聞こえない子どもが集まって、勉強をするところです。
そこでは手話ではなく、「口話法」(発語と読唇)で教育が進められてきていて、
そのことが最近問題視されてきています。
都道府県に数校しかないということは、当然電車通学、
もしくは遠くて通えない子どもの場合は寄宿舎に入って学校に通います。

しかし、ウメが昔住んでいた地域は、障害者でも地域の学校に通うのが当たり前!
という考え方で、聞こえない弟も当然のように近くのウメと同じ小中学校に通いました。
このように、聞こえない子どもが地域の普通の学校に通うことを
(狭い意味で)「インテグレーション」といいます。
このことがいいことか悪いことかは個人の判断にお任せするとして…。
ウメが高校入学と同時に埼玉に引っ越してきたので、
弟は中学2年から埼玉の坂戸ろう学校に編入したというわけでなのです。

弟は小さい頃から発語訓練をしてきたので、
大阪にいた頃は手話を全く知りませんでした。
指文字ができた程度でしょうか。
手話を覚え始めたのは埼玉でろう学校に通い始めた後です。
それ以前は、家族をはじめ、友人や周りの人とのコミュニケーションは
すべて口話でしてきました。
今でも家族内のコミュニケーションの中心は口話です。
ただ、ろう学校に入って手話を覚えられたことは今の弟にとって
良かったことだと思っています。
聞こえない友達や先輩との会話では手話は欠かせないものですし。

インテグレーションと聞くと、いじめや周りからの疎外感など、
あまりいい話を聞きません。
弟の場合はどうだったか?
先生や友達に恵まれたようで悩んでいる様子はありませんでした。
もちろん、本人の心の中では色々あったのかもしれません。
でも毎日一緒に学校に行っていました。
その時の弟の顔はとても楽しそうだったのを覚えています。

弟は小学校では難聴学級にもはいらず、普通のクラスで皆と一緒に勉強していました。
友達もたくさん出来ていて、友達をいじめる(からかう)ことのほうが多いくらい活発でした。
勉強の方は、学校の配慮で音楽の時間などを先生との個別学習の時間に
当ててもらい、国語や算数でわかりにくいところをマンツーマンで
勉強していました。
親とは連絡帳なるものを作って、毎日1ページの半分ぐらい、
学校での弟の様子や連絡事項などをぎっしりと書いてやりとりしていました。
そんな(ある意味では)恵まれた環境で弟は学べたと思います。

ウメも時々お兄ちゃん面して教室に様子を見に行ったりしていました。
すっかりおっさんになった今と違って笑顔がかわいかったのを覚えています。
ウメも弟が聞こえないことでいじめられることなどなかったし、
ウメ自身も全く恥じることもありませんでした。(もちろん今でも自慢の弟です。)

一緒の学校に通えたこと、一緒に登校できたこと。
普通の兄弟なら当たり前なのかもしれません。
ウメ家の場合はそのこと自体がいい思い出になっています。

手話語りを楽しむ会

土曜日にろう者の団体「D PRO」が主催する「手話語りを楽しむ会2005」にお手伝いとして参加させてもらった。

ウメ自身は今まで手話語りを楽しむ会には行ったことがなかった。
存在自体は知っていたが、正直なところあまり興味がわかなかったのだ。
それと参加費…、ぐわっ、パソコン用品にお金が消えていく…。

さて、そんなウメが学校の先輩から誘っていただいて今年は
客としてではなく、スタッフ側として参加させてもらうことになった。
何故やる気になったか?
先輩からの誘いがとてもうれしかったし、やり甲斐がありそうだった。
そして何よりこういう事が出来るのは学生の間だけかもしれないからだ。
興味がわかないからといって食わず嫌いでもいけない。

実際に参加してみて、ろう者のバイタリティのすごさに圧倒された。
聞こえる人はウメを含めて数人、あとの何十人はみんなろう者。
やりとりは全て手話で行われる。ウメたちはそれを読み取って、
自分の役割を果たさなければならない。
そういうプレッシャーもあったが、ある意味心地いいものだった。
ろう者と何かを一緒に行える、そんな時間はそうそうもてるものではない。
しかもろう者の世界では有名人ばかり。うーん、貴重な時間だった。

手話語りを楽しむ会2005自体は、手話文化村による舞台と、
手話語りコンテストの2部構成で行われた。
何百人が見に来ていて、そこではスタッフと同じように手での会話が飛び交っていた。

手話語りコンテストとは、ろう者自身が手話で物語を作って発表し、
その内容を競うというもの。日本語に引きつけられていないか、ロールシフトがあるか、など
その審査基準はそのままレベルを落として私たち手話学習者にも当てはめられそうだ。
裏方として舞台から見ていたが、手話語り人のろう者は
発表前、みんな緊張していて落ち着きのない様子だった。
さすがのろう者もこれだけの大舞台になると緊張して落ち着きが無くなるのがちょっと面白かった。
(当たり前のことかもしれないが、緊張したろう者をあまり見る機会がなかったので。)

司会の計らいで、ウメもほんの数秒だが表舞台に立たせてもらえた。
なーんにもしていないのだが、とても緊張した。
主役ではない自分たちを舞台に立たせてくれたこと、いい思い出になった。

さて、その中でウメに何が出来たか?
今でも自分は役に立てたのだろうかと不安だ。
ウメ自身の中では達成感でいっぱいなのだが、ウメがしてきたことは
事前に準備をしてきたろう者や先輩から比べたらほんのわずか。
無事終わった今でも不安がぬぐいきれない。

とにかく、ウメにとって夏休み最初のいい経験になった。
ろう者とたくさん出会えたこと、たくさん話せたこと、たくさん笑えたこと、
これら全てがこれからのウメにとってプラスであることは間違いない。

本当にありがとうございました。

宅配ピザ

友人の家で宅配ピザを食べた。何年ぶりだろう。おいしかった。

ウメ家にとって宅配ピザというものはほとんど頼む機会がない。
ピザは母が作るものだからだ。
母の作るピザはおいしい、材料費も安くできているのだろう。

だからこそたまに宅配ピザというものを食べてみたくなる。
そんなときに食べることが出来た。
いつもと違った味。

おふくろの味とは違ったいいものだ。
もちろん、おふくろの味ももっといいものだ。

« 2005年7月31日 - 2005年8月6日 | トップページ | 2005年8月14日 - 2005年8月20日 »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: