2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 2005年7月17日 - 2005年7月23日 | トップページ | 2005年7月31日 - 2005年8月6日 »

2005年7月24日 - 2005年7月30日

2005年7月30日 (土)

「裏付け」

インターネット大辞林で調べました。

1 証拠や保証となるもの。
「実験による―のない空論」

2 結論を証拠や資料によって確実なものとすること。
「―捜査」「―をとる」

うーん。
これをどうやって通訳しましょう。

ちなみにウメは…、そう、またやってしまいました。「裏」という手話を。
どうも日本語が頭から離れないようです。

誰かこの手話の「裏付け」を取ってください。(あんまり上手くない)

100円ショップの時計

ウメの腕時計が壊れてしまっているのは先日書いたが、
今日腕時計が急に必要になったので、
あわてて100円ショップに買いに行った。
キャン★ドゥである。(つのだ★ひろバリだ。)

売っていたのがカ○オの「○ショック」に似せたものしかなかった…。
本当はもうちょっとシンプルなものが欲しかった。
ボタンのようなものが両側にあるのだが、
実際に押せるのが右側だけ…。
しかも表面に「shock …」と耐衝撃性があるような所まで似せている!
これはどうなんだろうか。

とりあえず時間が見られればいいので購入。
しかしもうウメの腕につけられることはないかも…。

モノレール

今日はモノレールに乗りました。
沿線で花火大会があったようで、浴衣の人がいっぱいいました。
用事があったので見られませんでしたが、花火を見たかったです。

一緒に乗った友達が、
「これ人がいっぱい乗ったら落ちないのかな」と物騒なことを言っていました。
そんなことは考えないでください。

モノレールは駅と駅の間が近くて驚きました。
また乗ってみたいです。

<小学生の日記風にしてみました。>

必要とされること

誰かに必要とされること。
仕事でも、友人関係でも、家族でも、恋愛でも…。

それはウメにとってとてもうれしいこと。
逆に誰からも必要とされなくなってしまったら…、そう考えると怖い。

そういった意味では他人に依存しているのかも。
でも、どこかにウメのことを必要としてくれている人がいたら、ウメはその人の役に立ちたいと思う。
手話通訳者になりたいって思っているのもそういう考えからかもしれない。

誰にも必要とされない人間なんてきっといない。それはわかっているつもり。

ウメは誰かに「必要とされている」と感じることで、やる気が出たりする。

朝からなんだか不思議なことを書いてみました。

2005年7月29日 (金)

知らぬが花

今日の授業、ウメがVTRをチェックされる担当だったのだが、
その中でウメが何故かカメラから目線をはずしてしまっていた所があった。

これはつまりろう者から目線をはずしているということで、
手話の文法にはそぐわないという指摘を受けた。それは納得。
自分でも何故だろうと考えてみたところ、
文中で2つのものを比較する、というようなことを話していたため、
自然に(いや勝手に)身体が左右に振られてしまい、それで目線がはずれてしまったのではないか、ということに落ち着いた。

先生にすかさずビデオを止められ、少し考えた後のやりとり。
先生「この学校に入る前にどこかの市とかの手話講習会に通った?」
ウメ「いや、通っていません。」
先生「手話講習会でよく教えられる手話習得の7つのポイントを知ってるか?」
ウメ「(「7つ」が「市」に見えた。)「市」ですか?」
先生「そう、「7つ」。」(ここでウメようやく気がつく。)
ウメ「知らないです。」
先生「うん、知らなくていい。」
ウメ「…。」

え、先生。何が言いたかったんでしょうか。

先生曰く、その7つのポイントはろう者が考える教え方のポイントとは
ずれているもののようで、ウメがどこかでそれを身につけてしまっているのではないかと感じたようだ。

知らなくてもいいと言われると気になるものだが、
まあ先生が知らなくていいというのなら、あえて知ろうとはしないでおこう。
でもちょっと気になる…。

それはないだろ

ふと思い出したので書きます。

数年前、パソコンの日本語入力ソフトで、
先にご紹介したジャストシステムのATOKと、マイクロソフトのMS−IMEが
しのぎを削っていた頃、
「このような変換もできます!」というアピールで下記の単語が紹介されていた。

新バージョン「オイリーな顔」
旧バージョン「オイリー中尾」

どっちが正しいのかわかりません!
つまり、「オイリーな」みたいな語彙まで入っているぞ!ということを
アピールしたかったのでしょうが、
そんな言葉を使う人が世の中にいるのでしょうか。
むしろ「オイリー中尾」という名前の芸人さんでも先に出てきそうです。
こんなところで賢さをアピールしても仕方ありませんよね。

ちなみにウメのケータイF901icでも
「オイリーな」は変換できました。無駄に頭がいい…。

どこかで使う機会があるのでしょうか…?

明日から…

ウメをはじめとする同期にとっては待ちわびた夏休み。

夏休みといってもぼーーーーっと出来るわけではなく、
通訳研修や実習に出かけなければならなかったり
なんだかんだで出された宿題をこなさなければならなかったりと
それなりに忙しそうな毎日になりそうです。

それでも社会人の皆様に比べれば幸せな身分ですよね。
この貴重な時間、様々な体験ができれば…と考えています。

デザイナーアトム

これは今年同期で作ったTシャツのイラストです。
顔が並んでいますが、この方々は学校の先生達の似顔絵です。

デザインしてくれたのは、あの砂田アトムさん(HPはこちら)です。
彼はろう者の俳優でもあり、デザイナーでもあるアクティブな人。学校にも非常勤講師として教えに来てくれています。

普通に依頼したら結構マネーの香りを漂わせないといけないところを、学校の生徒ということで、おごり飲み会を開く条件で快く引き受けてくれました。

ウメは絵心が全くないので、こういう才能を持つ人に憧れます。

こういうことができるのも学生の特権、いい思い出として残したいものです。

ウインカーを出せー

昨日の帰りも今朝もそうだったのだが、ウインカーを出さずに急に曲がり出す車に遭遇した。

スクーター乗りにとって急に曲がられるほど怖いものはない。
どうして右手でスイッチ一つ触るだけのことをしないのだろうか。それも面倒なのか。
スクーターの場合はウインカーは自動で消えないので、曲がった後操作する必要がある。
それに比べたら一回触るだけでいいのに。ムカッ。

自分の行く道くらいしっかり示せー(注:人生のことではありません)と朝からおかんむりのウメでした。

2代目

ポータブル温温庫に変わり、新しくウメの部屋に冷蔵庫がやってきた。
今回は本物の冷蔵庫だ。
リサイクルショップで、なんと4500円。すばらしい。
ただ、リサイクルするときに同じくらいの値段がかかるわけだが…。

とにもかくにもウメルームに冷蔵庫復活。キンキンに冷えたジュース(ビールではない)がいつでも飲めるのは幸せ。

今回は1年以上活躍してくれることを願います。

2005年7月28日 (木)

書いたつもりが

パソコンのお世話になっていると手書きで文字を書く機会が少なくなってくる。
これがまたやっかいなことを引き起こす。

手話通訳士試験には、手話のVTRを見て翻訳し、手書きで用紙に記入する試験があるのだが、
それにむけての授業もある。

今回は「運転免許の取得」の話だったのだが、
ウメの回答は何故か「運転免許の所得」になってしまっていた。
しかも自分で一回読み上げているのに全く気がつかない。
あぁ、だめだ。
なんだよ、運転免許の所得って…。給料が入るわけでもあるまいし。
また、同じクラスの友人は「勉強」を「勉勉」と書いていたようで、
これまた先生に指摘されるまで気づいていなかった。

先生曰く、「漢字に関する間違いは3つあると思って見直してください。」とのこと。
まさにおっしゃるとおり。

基本的な漢字のお勉強もしなくては…。

初心を思い出せ

※あなたはどうして手話通訳者になりたいと思ったのですか?

そう問われた授業があった。
1人1人答えていくが、理由は本当に様々。
1年以上一緒に過ごしている同期だが、初めて聞いたものもあった。
皆それぞれに手話に思い入れがあって、この学校に入ってきている。

どうして手話通訳者になろうとおもったのか、
そこまでいかなくても
どうして手話を勉強しようと思ったのか、
その頃の気持ちを持ち続けていれば、
技術はともかく、せめてモチベーションは続くはず。

学校は明後日から夏休みに突入する。
ウメも夏休み待ちモードに入ってしまっている。
(薬のせいもあるのだが眠い眠い。)
実習などで忙しいものの、多少の時間がある夏休み。
もう一度、あの頃のことを思い出してみようと思う。

情報流出

かの有名な楽天から個人情報10万人分が漏れたという。
氏名、電話番号、住所、ひどいのになると下着のサイズまで…。
幸いウメは楽天を利用したことがなかったのでセーフ。

いったい誰が漏らしているのだろう。
金に目がくらんだのだろうか。
報道によると1件3000円で購入したという、それほど情報は価値のあるものらしい。

4月から個人情報保護法案が施行され、個人情報の取り扱いについては
どの企業も敏感になっている。
はずなのだが…。

楽天さん、野球とかサッカーとかやってる場合じゃなさそうです。

女性のしぐさ

ウメはいつも不思議に思うのだが、オーディションなどに合格した時など、
女性はものすごく驚くと必ず口に手を当てる。しかも世界共通で。男性がそういうことをすることを見たことがない。
なんでだろう、口から何か出そうになるのだろうか…。
ウメは不思議なのです。

夏には…

昨日のウメの夕食。
本物のおふくろの味である肉じゃがだった。それは大変おいしくいただいた。
問題は隣にあるきゅうりもみ。ウメはきゅうりがそれほど好きではない。
なのにこんなに盛られてしまうのだ。それが夏になると週に数回登場してしまう。
あぁ、あの薄緑色、生臭さ…憎たらしい…。よってウメはいつもしょうゆを多めにかけて味をごまかすのだ。

今年は控え目ならうれしいのだが…。

2005年7月27日 (水)

テンキー電卓

ノートパソコンで数字を入力する時、テンキーがないとキーボードの上部で数字を打たないといけないので、スムーズに打てません。

事務などで数字をよく打つ人は、別売りのテンキーを買いますが、これはそのテンキーと電卓が一緒になった製品。
販売しているのはキヤノン。あやしいメーカーではありません。
もちろんパソコンと繋がずに電卓としても使え、パソコンに接続するとテンキーに早変わり。
電卓で計算した結果をパソコンに送ることも可能です。
意外と便利そうじゃないですか?

コレがウメ御用達のホームセンター、カインズホームで1800円で売っていたので、必要ではないのに思わず購入。
実は買ってからもあまり使っていないのですが、就職後など、いつか必要になるだろうと、バッチリパソコンに繋げてあります。

こういう無駄遣いをなくしていかないとウメは貯金できませんね。

ひらめかない

明日、ウメの卒業研究がどうなっているかの中間発表をしなければならない。
大体の内容は決まっているのだが、そこから先が進まない。
「アイデンティティ」から一歩進んだ研究。
「ろう者のアイデンティティに影響を及ぼすもの・・・。」
それについて研究をしたい。
研究でろう者にインタビューをするのだが、「何を聞きたいのか?」、
それがウメの中でまだまだ曖昧なのである。
そこがはっきりしないとこの研究は全く進まない。

そう、ひらめかないのだ。
ひらめきで研究を進めるのもどうかと思うが、
「コレについて研究したい!」と思えるものを研究したい。
それがなかなかひらめかないのだ。
明日の中間発表のために無理やりひらめかすのもなー。

そんなこんなでブログを更新したりしながらひらめきを待っているのです。
その間に同期はどんどん進んでいる、ちょっとプレッシャー。
夏休みに入ったら遅れを取り戻そう!と思うのだが、果たして・・・。

ごめんね−イクラ

寿司ネタの中でも高級なイクラ。
ウメは食べろといわれれば食べますが、あまり好きではありません。

なんだかあのプチプチが一つ一つの生き物を殺してます!って感じで・・・。
もちろんそんなことを言い出したら肉とか魚とか卵とか全て食べられないんですが、
イクラの場合は特に「プチッ、ドロ〜」「あぁ、死んだ。(もう死んでますが。)」感が感じられてしまうのです。
味も特に美味しいとは思えないし・・・。
美味しいイクラを食べたら考え方が変わるかもしれませんが。

ちなみに、サザエさんに出てくるイクラちゃんもワガママなので好きではありません。

ウメの生い立ち14 〜新幹線受験〜

ウメは高校に入学するときに埼玉に引っ越してきた。
中学3年の5月くらいには父の転勤が決まっていたので、
クラスの友達と高校受験の話ができなかった。

ウメが住んでいた地域は、「近くの高校に皆で入学しよう」運動(勝手に命名)が、
盛んで、ちょっと頭のいい人達も、先生に「近くの高校に入ろうじゃないか」と説得されていたようだった。
頭のいい人達は不満そうだったが、というか、先生の言うことは話半分のようだった。
ウメは埼玉に行くことが決まっていたので、先生も手が出せない様子。
逆に先生の力を得ることができないということだった。

幸い、ウメの叔父さんが埼玉で中学校の教師をしていたため、
色々な情報を送ってくれた。
埼玉では有名な模擬試験「北辰」の情報もくれて、数回学校を休んで
受験しに行ったものである。毎回新幹線に乗って。
宿はどうしたかというと、これまた幸い母方の祖父母が埼玉に住んでいたので、
そこにお世話になっていた。
もともと両親は埼玉の人間なので当たり前かもしれないが、
ウメにとっては好条件だったのかもしれない。

いよいよ受験。
普通高校受験といえば、頭のいい人はどうか知らないが、
公立1校、私立1校(もしくは数校)を受験する。(そうですよね。)

ウメの場合、住んでいた大阪のレベルと埼玉のレベルでの比較ができなかったため、
私立は滑り止めということで安全校を受験したのだが・・・、
おっとどっこい、試験問題が訳分からなかった。(習っていない問題多数。)
しかも名前を書くところの隣に居住地を番号で書く欄があったのだが、
そこに関東地方以外の番号がなく、ウメは戸惑い、
試験官に「大阪なんですけどどうすればいいですか?」とたずねると、
「え、あぁ、適当に書いといて。」とそっけない返事を頂いた。
あのときのそっけなさは今でも記憶に残っている。許さん。

というわけで、私立は見事に不合格。
普段はめったに怒らない父も、不合格の翌日にゲームをしていたウメを見るなり
「勉強しろー。」と怒鳴った。そりゃそうですわな。
ウメ自身は、そこの高校に行く気もあまりなかったので、
気にしていなかったのだが、そこはまずかったか。もうちょっとあせるべきだった。
公立高校は見事合格。高校浪人にならずに済んだというわけだ。

その受験の度に新幹線で往復。
今考えれば交通費も結構大変だったのではないだろうか。
ウメは夏休みにおばあちゃん家に行く気分の延長程度にしか考えていなかった。
でも今思うと、高校で新幹線受験をしたなんて珍しいかも。

式典通訳

大会など、大きな式典などの手話通訳の場合、
ろう者と1対1の対面通訳と違って、気をつけなければいけないことがたくさんある。

まず、手話を大きく表現すること。
そして、指文字はあまり使わないこと。(遠くて見えない。)
同じく、数字は空文字で表現するなど、見やすく工夫すること。

また、読み取り通訳の場合は
式典ならではの言い回しなども事前に身に付けておかないと、
式典にふさわしくない日本語になってしまう。

ざっとあげただけでもこんなにたくさん。
しかも式典などの通訳は皆に見られる(聞かれる)場合が多いので、
緊張してしまって通訳に負荷がかかる。
あがり症のウメにとっては将来なるべくやりたくない通訳だ。

考えただけでも空恐ろしい。
だが、通訳者を目指すなら避けては通れない道。
せめて気持ちだけでも・・・。
本当はそれだけではだめなのだが、
式典にふさわしい態度で通訳できるために、自分に自信が持てるよう
ひびしょうじん。したいところです。

字幕ビデオ

聴覚障害者のための字幕ビデオ製作について見学する機会があった。
字幕ビデオというのは聴覚障害者情報提供施設という施設で
聴覚障害者向けに貸し出している、
普通のテレビ番組に字幕を付けたもののことだ。

専用の機械を使用して、字幕を挿入していくのだが、
こういった作業でも、最近のハイテク化・ネットワーク化の恩恵にあずかっているという。
以前は文字起こしなども手書きで行っていたそうだが、
現在はパソコンで入力、編集しているそうだ。これで時間がずいぶん短縮できたらしい。

字幕といってもセリフなどをそのまま字にすればいいというものではなく、
読みやすい字数に要約したり、誰が話しているのかを明確にしたり、
画面の外から入ってくる音の情報を伝えたりと、
私達が考えている以上に大変な作業だ。

母も大昔(十数年前)字幕ビデオ製作をちょっとかじっっていた。
その頃は今のようなハイテクなパソコンがなかった為、
福祉センターにある大型専用の機械を使っていたことを覚えている。
あの頃から文字起こしは大変だと、よく聞かされていた。

映像に文字が自動で入れられる技術、
現代技術をもってすれば開発できそうなものだが、なかなか難しいのだろうか。

台風いっか

昨日の荒れ模様から一転、今日は空が青くていい天気だ。
この季節にしては珍しく富士山が見えた。雪のない美しい富士山だった。
まさにこれが台風一過というやつだろうか。
ちなみにウメは小学生まで台風一家だと思っていた。ありがちな間違いである。

今日は暑くなりそうだ、皆様も熱中症に充分注意してください。

2005年7月26日 (火)

ステッパー

友人の家で試させてもらった。ジャパネットたかたで似たような商品が売っていて興味があったのだ。

本当に効くのだろうかと思っていたが、腕のひっぱるやつをやりながらだとかなり効く。
30分もやると汗だくだ。これはTVを見ながらなどやるにはいいかもしれない。
どこぞの外人のようにピチピチのタンクトップ姿で「ハ〜イ!」なんて言いながらやったら気分はすっかり通信販売。
書いていることの意味がわからなくなってきた。

まあとにかくウメは買いませんが(否定から入る)、健康器具としてはいいかも知れない。

休講!

台風7号が関東地方にやってきております。
みなさま、風や雨に対する対策はお済みですか?

台風情報といえば、テレビの中継で何故か風の強そうな
海辺にリポーターがカッパを着てリポートしている場面をよく見かけますが、
あれには何の意味があるんでしょう。
普通にカメラを海に向けて、リポートは普通に屋内からすればいいのでは…、
と思ったりするのは、ウメだけなのでしょうか。
何か事故が起こらないと改善されないんでしょうね。

さて、ウメの通う学校では本日午後から休講になりました。
さっき自宅に帰ってきました。
雨が時折ものすごく強く降っていますが、
今のところまだ大変!というわけではありません。

休講になった分、どこかに補講が入るのですが、
とりあえず天からもらったこの時間、有意義に休んでみようと思います。
いえ、課題もやらなくてはいけませんよね。はぁ。

テンスその2

「祖母は80歳で現役です。」
さあ、この文を手話に…といわれても困るだろう。
何に対しての現役かわからない。
例えば、仕事・主婦・何かの趣味・役員・夜(?)…などなど。

それはさておき、「祖母は80歳で現役のフライトアテンダントです。」
という文があったとしよう。
なぜフライトアテンダントなのかは深くつっこまないでください。
この場合、文章通りに表すとろう者にとっては語彙の足りない文になってしまうそうだ。
手話で表す場合、
「祖母」「今」「80歳」というように、「今」という単語が必要になる。

これがテンス、日本語でいうと時制ということらしい。
時制と聞くと、学校で習った英語の「時制の一致」しか思い浮かばず、
しかもそれがどんなものだったかすっかり忘れてしまったウメにとっては
難しいお言葉です。

動詞の複数形

「ふるさとの母からよく荷物が送られています。」
という文を手話にする時、
「送られる」という単語の手の動作を複数回行う。つまり反復運動。
コレが大事。手話で複数を表現する方法の一つだ。
主に動詞に使われる。
「送られる」と1回だけやってしまうのは、まだまだ甘いとのこと。

このほかにも、「海外旅行によく行く」の場合も、
たくさん「飛行機」を動かせば、わざわざ「よく」とか「多い」とか
やらなくても複数回を表現できる。

名詞の場合でも手の動きで表現できるのだが、
それはまたいずれちゃんと教わった時に…。

2005年7月25日 (月)

コレなんでしょね

ご覧ください。
どこかのレストランのサンプルかとお思いでしょうが、
これはれっきとしたパソコン関連製品。

ナポリタンに見えるのが、USB延長ケーブル。
延長ケーブルですよ、延長するだけですよ。
お値段、なんと24,800円。ギャグじゃありません。
その名も「ケーブルga ナポリタン」はぁ。素晴らしいセンスです。

そして名古屋名物えびふりゃー。これもパソコン関連製品。
こちらはUSBフラッシュメモリ。
お値段、9,800円。これは何とか許せる値段。

販売しているのはソリッドアライアンスという会社。
このほかにも「イエ〜イドライブ」や「寿司ディスク」など、
謎なものを多数発売している会社。

話題性はあっていいが、採算はとれるのだろうか。
エビフライUSBメモリ、もうちょっと安かったら買ってるのになー。

万華鏡キラキラ

手話で万華鏡を説明する、そんな課題の授業。
筒があって、中に鏡があって、ビーズみたいなのがあって…。
そして中の綺麗な模様をどう表現するか。

担当の同期は本物の万華鏡を用意して
四苦八苦していた。
確かに、この綺麗さは(別の意味で)言葉で言い表せない。
手話で…さらに難しい。

ツーカー

今日、ツーカーがKDDIに吸収合併されることが発表された。
この発表まで、KDDIは合併を否定していたが、
企業などというものはそういうもので、(どういうものだ。)
裏では話を進めていたのだろう。

ウメは以前ツーカーの携帯を持ったことがある。
ツーカーはボーダフォングループのスカイメールと、
KDDIグループのEzwebの両方が使えて
メールに関しては便利だったりしたのだ。

現在ではシンプル路線を突っ走っている。
あのツーカーS、液晶もないケータイ。
あそこまでシンプルさを求めるのはなかなか出来ないことだ。
ウメのような人間は「液晶ぐらいつければいいのに」と思ってしまいそうだが、
それをあえて取っ払ってしまうところが思い切りがいい。

これからはauとの融合が進んでいくのだろう。
今auの勢いはすごいものだ。
NTTが王者の時代はいつまで続くのだろうか。

若いねぇ〜

駅を出たところを歩いていたら、高校生らしきカップルがあついキッス。たぶん別れの瞬間だったのだろう。
思わず見てしまったウメ。

チューって音が聞こえました。いやー若いっていいですなー。

ウメには到底できません。いや、しません。

「従って」

今日の授業で出てきた言葉、「従って」。
ろう者の先生いわく、この言葉に対応する手話はない、とのことだ。

ただ、意味を考えれば手話で表せないということではない。
ここが日本語と手話の使い方の大きな違いか。

同じ授業で「ただでさえ」という言葉も出てきた。
先生に日本語対応手話でやってみろと言われたので、「無料」「時」とやってみたら笑われた。
さすがにこれはない…か。
この「ただでさえ」は普段の状態を意味し、つまり手話では「いつも」などの単語で言い換えることができる。

このように手話を学ぶにはまず日本語の意味をきちんとつかんでいなければならない。
何回も書いていることだが、改めて自分の母語である日本語をもう一度勉強しなくては…、と感じた。

チャリ通

学校に行く時に使う駅までウメの家から愛車レッツ君で約20分弱。約5kmだ。

ウメ体重増量キャンペーンに反対するため、駅まで自転車通学してみた。学校のI先生は毎日20kmを往復で通勤されている。それに比べたらまだまだだ。

だが、久しぶりの自転車なので既に足がパンパン。運動したーという感じがする。
駅に着いたらちょっと帰りたくなってしまった。これでは本末転倒。頑張って学校までたどり着かなくては…。

しかしチャリ通も悪くない。好きな音楽♪を聞きながら爽快に自転車をこぐ。
陽射しがギラギラと照り付ける日などは無理だが、今日みたいな薄曇りの日にはいい運動ができる。

そういいながら今日だけ、にならないようにこれから頑張って運動します。

浅い眠り

人は眠りが浅いときに夢を見るという。

ウメはここ最近毎日何かしらの夢をみている。
先日おばちゃんとケンカする夢を見たと書いたが、
そのほかにもSONYの中古デスクトップパソコンを購入して喜んでいる夢や、
大学の廊下になぜかバスタブがあってそれにウメが入っているという不思議な夢も見た。
今朝はテレビ朝日系で絶賛放送中の「魔法戦隊マジレンジャー」のスペシャル放送を楽しそうに見ている夢だった。

夢に関連性がない…。心が乱れているのか!?誰かに夢診断でもしてもらおうかな。

夢を見ないような深い眠りはいつできるのだろう、夏休みまでのお楽しみか。

2005年7月24日 (日)

就職活動始めました

ウメの学校は2年制、ウメはもう2年生。
来年の3月には卒業を迎える。(単位を落っことさなければの話だが。)

卒業後には研修生として学校に残る人もいるのだが、
ウメは某家電量販店をやめてまでこの学校に入ったわけだし、
ウメ銀行の貯水率も限界に来ているので、絶対に就職したい。
就職といってもまた家電量販店では仕方がないので、
是非手話を生かした仕事に就きたいと考えている。

しかし、就職はなかなか難しい状況だ。
まず、手話通訳だけで食べていくというのが難しい。
どこかの登録通訳ならアルバイト程度の収入を得ることが出来るが、
それでは当然暮らしていけない。
実家にいれば食べるのに困るわけではないが、2ウン歳になった今、
学校を卒業して何年も実家に居座るのもどうかと思う。
欲を言えば正職員、せめて嘱託のフルタイムの職員の仕事を探さなければ。

またそこに壁が。
資格である。いくら国立の手話の専門学校で2年間みっちり勉強して、
手話がある程度出来ますと言っても、資格がないと受験できない場合もある。
手話通訳士を始め、各都道府県が実施している登録通訳者試験くらいは合格していないと
さらに就職の道は狭くなってしまう。

今から考えても憂鬱になってしまうが、考えていても始まらない。
受けられそうなところから受けていかないと。
と、言うわけでかなり気が早いのだが1カ所応募した。
出来れば関東近県で就職をしたいのだが、贅沢を言っていられない。
ウメみたいな人材でいいと言ってくれるところなら
日本全国へ就職してもいいと思っている。
独り身で若いうち(若い…ですよね、まだ。)だから出来ること。
勤務地を選んでさらに道を狭めるよりはずっといい。

応募した所は関西地方。
合格したいという気持ちはあるのだが、
本当に自分が就職活動を始めたのか、なんだか実感がわかない、と言うのが本音だ。
とにかく、始めてしまったので、後悔のないようにがんばりたいと思う。

皆さん、どこかいい就職先があったら教えてくださいね。

NACK5トラフィック

ウメがいつも聞いているFMラジオの交通情報、
NACK5トラフィックのバックの音楽が変わった。
交通情報のバックの音楽など気にして聞いてない人が多いかもしれないが、
ウメはあの音楽がお気に入りだった。
変わった音楽も悪くはないが、まだ今ひとつなじめない。

交通情報と言えば、交通管制センターのお姉さんが
どんな人なんだろうと気になる今日この頃なのです。

「人生の糧」

模擬授業の時に困った日本語。
「このことは人生の糧になります。」といわれた時に、
通訳に困ってしまった。

「糧」といわれてまさか「食料」とやるわけにはいかない。
仕方なく「カテ」と指文字で表現したが、これでは不十分。
意味をつかんでやらなくてはいけないのだが、
「糧」の意味といわれても、頭の中でイメージできるのだが、
説明ができない。
そういうあいまいな日本語というのは実に通訳しづらいものだ。

これからもっと難しい日本語の文章を通訳していかなければならない。
手話の実力もそうだが、日本語の知識を身につけないといけないですね。

さらに自己最高・・・。

今日、体重を量ったら、なんとなんと59キロ。
もう少しで大台にのってしまいそうだ。

まずい、これはまずい。
考えてみると、お腹周りとかにもお肉がついてしまったような気がする。
普通夏にはやせるものなのだろうが、
なんだか今年はぶくぶく太ってしまっている。

よし、55キロまでダイエットするぞー。

とりあえず友人が持っている何とかステッパーを借りて
30分ほど運動。疲れた。そして昼ご飯はマクドナルド・・・。

ダイエットの道は遠い・・・。

逆転負け

久しぶりに友人とやったビリヤード。
最初は有利に進めていたのだが、最後のほうで見事逆転負けしてしまった。
ウメはビリヤードには多少の心得があって、負けない自信はあったのだが、
そうは問屋が卸さなかった。

くやしい。くやしいよー。
負けず嫌いのウメにとっては再戦で勝利あるのみ、だ。

« 2005年7月17日 - 2005年7月23日 | トップページ | 2005年7月31日 - 2005年8月6日 »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: