2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 2005年4月10日 - 2005年4月16日 | トップページ | 2005年4月24日 - 2005年4月30日 »

2005年4月17日 - 2005年4月23日

2005年4月23日 (土)

頭痛

お恥ずかしいことにウメは今日11時に起きたのだが、
(お仕事されている皆さん、申し訳ありません)
朝食を食べようとしたら頭に激痛が・・・。
体から冷や汗も出てくる。

いつも飲んでいる常備薬を昨日飲み忘れたから
&昨日の授業でぐったりしてしまった疲れが残っているから
だとは思うのだが、それにしても苦しかった。
母に「脳梗塞」じゃないの?といわれてしまった。
この歳にして「脳梗塞」。考えたくないが、用心しよう。

幸いに薬を飲んで少し横になったら収まった。

こういうときに健康が一番大事だなって思う。

みみにかける機械

ウメの弟は聞こえないので仕事に行くときなどは補聴器をかける。
この補聴器、皆さんは見たことがあるだろうか。
ご年配の方がかけているのもそうだが、
ウメの弟がかけているものは十ウン万もする代物らしい。(補助はあるが)

(医学的ではなく文化的な)「ろう者」は補聴器をつけない。
必要がないらしい。(車を運転するとき以外)
ということは、ウメの弟は「ろう者」ではないことになるようだ。
ま、この辺のところはまたいつか。

補聴器をかけたからと言ってすぐ聞こえるようになるわけではない。
あくまでも聞こえてくる音を全て増幅するだけなので、
雑音も拾ってしまい、非常に聞き取りづらいそうだ。
また、音はわかってもそれが声なのか、どんな発音なのかはわからないことが多い。

ただそれでも弟には必要なもの。
昔かけていたポケットラジオのようなボックス型のものから、
今は耳かけ型になって楽になったようだが、
耳掃除が欠かせないらしい。夏などは特に蒸れるようだ。
また、あくまでも精密機械なので汗や雨などの水分、
スポーツをするときなどは気をつけなければいけない。


それでもうまくつきあっていきたい機械である。

2005年4月22日 (金)

通訳体験

今日は講演会と称した模擬通訳の授業があった。模擬といっても一通りしっかりやるもので、色んなところに気を使う。

まず手話が読めない、そして先生の目が光る。あー緊張した。
手話以外のところの方が頭をつかうくらいだ。通訳としての資質を試されているようだった。

もちろんたくさん注意された。通訳のスタンス的なところなどまだまだ反省しなければいけないことは沢山だ。

見ているだけなら意味のわかる手話が、通訳となると目に入らなくなる、また逆もしかり。

人間二つのことを同時にやるのは容易ではない。何度か書いているが手話ができる≠手話通訳ができる。まさにこの通り。

とりあえず終わってホッとした。ホッとしているようではダメなのだろうが…。

機器委員

ウメは学校で機器委員というものを担当している。

高校みたいに係があって機器委員というのはパソコンやビデオカメラなどの管理、操作の説明、不具合チェックなどが仕事である。

元電気屋のウメには最適とばかりに選ばれた。
手話ができて機械関係にも詳しい人というのはなかなかいないものである。

ウメの野望はパソコン要約筆記もできる手話通訳。野望とは言っても頭の片隅にあるだけだが。

この学校ではちょっとパソコンができたりするとチヤホヤものかも。
うっしっし。

ちなみに写真は学校の教室の風景で機器委員とは特に関係ありません…。

帰宅

ただ今帰宅中。

最近はこの時間に学校を出ることが多くなった。真面目に課題をやるときもあれば友達とのんびりダベりながら時間が過ぎていくこともある。

考えてみたら朝の8時半から登校しているので一日の半分以上を学校で過ごしていることになる。

遅くまで残っている人はだいたい毎月家賃が6000円の格安の寮に入っているので帰りはいつもヒトリ。

この時間にブログを更新していることが多いかな。

空を見上げても星なんか見えたりはせず、今日もさみしく黄色い西武線と愛車レッツ君に乗って帰るのだ。

まだ春の風は少し冷たい…。

ウネウネ

学校の同期のなかで今ダイエットが流行りつつある。
と、いうのも教官のI先生、私達が入学してからの一年間でとてもスマートになられたのが皆にとっての目標らしい。

さて、ウメはというと「2005年こそ筋肉をつけようキャンペーン」を始めてみた。とは言ってもまずは多少太らないと。時代の流れに逆行。

筋肉をつけるといっても普通に筋トレをしても100%続かない。
そこでこの「エアロバー」の登場だ。ひと昔前に外国人がやっていた通信販売で人気だった商品(のまがいもの)

ウメは数年前にドンキホーテにて1980円でこれを購入したのだが、あまり使っていなかった。
まさにありがちなパターン。

これ、見た目よりは効果が有るんですよ。特に縦に持って横にウネウネすると効く。なかなかつらい。

一日数分でも毎日やれば、ムキムキとまではいかなくてもマシにはなるかな。あとは腹筋と腕立てを少し…。


…こんなんじゃだめって怒られそうだ。

2005年4月21日 (木)

ブログで出会ってみよう!

ブログ上での出会いというのもあるのだろうか。
書き込み100件を超え、ちょっと欲を出してみようかと思います。


実はウメは寂しがり屋なのです。いつも誰かとつながっていたい、なんてことを思っています。
ブログやHPの相互リンクをしてくれる人、メールを送ってくれる人も大募集。
男女問わずいつでもお待ちしています。
ウメのメールアドレスはこちら。

ブログを通してウメの狭い世界が少しでも広がったらなーと夢を抱いています。
手話に興味のある人、またウメ自身に興味のある人はぜひよろしくです。
また何か聞きたいことなど質問があればコメントでもメールでもして頂ければ
答えるようにはしまーす。


繰り返しますが寂しがり屋なんです。うさぎなんです。

駅の放送

ウメが学校に行くときは西武鉄道の西武新宿線を使っている。
西武鉄道といえば汚職事件で話題になったイメージの悪い鉄道だ。
でも普段乗っている分には関係ないですな。

西武線と言えば黄色い電車。
最近は新しいステンレスのもあるのだが、やっぱりイメージは黄色。

そんな西武線。駅で電車を待っているときに
もうすぐ電車がきまーすという放送。
あれの男バージョン(下りかな。)が怖い。
とにかく暗い、しかも途中で声色が変わり、さらに暗くなる。

噂では、2人の声をつなげているらしいのだが、
どちらか片方の人が亡くなってしまったらしく、
思い出(?)に残しているらしい。
あくまでも噂です。

西武線に乗る機会があったらぜひ耳を傾けてくださいね。

感謝感謝

お友達のちえぞうさんに誘われて始めたブログ。
この投稿で100件目です。
ちょっと早いですがリニューアルしました。春ですからね。
デザインやコメントも変えてみました。どうでしょうか?

100件も書き続けて来られたのも
こんなページを見て頂いている皆さんのおかげ。
今のところ順調ですが、いつまで続くことやら・・・。

でも更新が苦にならないように日々色んなことを考えるようになりました。
他の人が見てできるだけおもしろい文章を書くようにも心がけています。
あ、これって通訳のいい勉強になってる!と思います。
これから200件300件、いや1000件目指してがんばります。

ブログを誘ってくれたちえぞうさんに感謝。
コメントをいただいている方々に感謝。
また、このページを見て頂いている皆さんにも感謝。

これからも「デイリーウメダス」をよろしくお願いしますm(_ _)m

通訳も時には命綱?

手話通訳は様々なところに派遣される。
講演会、会議、生活、学校などなど・・・。

その中でも一番多いのは病院。つまり医療通訳だ。
聞こえない人にとって、医者とコミュニケーションできないということは
私たちが想像するよりも大変なことだろう。
自分の症状を伝える、自分がどんな病気かを知る。
このほかに考えつかないコミュニケーションのバリアはあるだろう。
まして、自分の健康・生命に関わることならなおさらである。

医療通訳はそういった意味では一番大事だといわれている。
医者の言ったことを正しく通訳する。
専門用語、例えば「アレルギー」、「更年期障害」など
私たちが何となく想像できるものでも、聞こえない人の中には
意味がつかめない人もいる。
そういうことをどのように通訳するか。
また症状をどうやってわかりやすく伝えるか。
医者が理解ある人ならまだ助かるが、
やる気のない医者だったりすると非常にやりづらいそうだ。
間違えるわけにもいかない、聞こえない人のプライバシーにも踏み込むことになる。

通訳依頼の件数で一番多いのはやはり病院関係・医療だそうだ。
やはり筆談ではどうにもならないこともある。
そのためにはお互いの命綱となって、しっかりと通訳をしなければならない。
技術が足りないとは言っていられないのだ。


手話通訳、それは時に人の命を預かることにもなるのだー。

初体験

ウメダスではそんな大人の話もしてしまいます!えーあれはーと確か…。

んなわけないです。

学校の近くのサンクスで夕食を買ったのですが、そう、あの「おさいふケータイ」初体験。ドキドキ。

レジでケータイを読み取り機にかざして終わり。「ホントにCMと同じ同じ音がした!!スゲー!」と一人で感動。

いやー時代は進化したものです。もっと使えるところが増えればいいなー。


と、DoCoMoの戦略にまんまとハマっているウメでした。

わがままその2

学校には手話通訳学科の他に4つの専門課程があり、我が学科を含む4つの学科が同じ棟にある。
写真の建物なのだがまだ築数年しかたっていない大変綺麗な建物だ。贅沢である。

しかし体力を必要としそうなリハビリテーション体育学科が2階で、手話通訳学科が5階なのである。
しかも今階段使用励行期間中で、エレベーターに乗るところを先生に見られると冷ややかな目線が…。

2階と取っ替えてくれー。
なぜ手話通訳学科が5階なんだろう?手話通訳にも体力が必要ってことか?

わからなくもないが…。

2005年4月20日 (水)

またキリンさん!?

ちょっと前に書いたウメのマイブーム。
相変わらず子ども向け番組の「おかあさんといっしょ」略して「おかいつ」。

その中の新しいダンスのお姉さんのコーナー「ズーズーダンス」。
ダンスを通じて子どもの豊かな想像力を育てるコーナー(勝手に想像)。
ズーだけに動物をテーマにしたダンス。
お姉さんのテンションもだんだんあがってきた。声もうわずっている。

さて、1週間に1回テーマが変わるのだが、
「およぐキリンさん」「キリンさんのお買い物」「弱虫なキリンさん」
えっ、キリンだけじゃん。
お姉さんの衣装もすっかりキリンじゃん。

「キリンダンス」でいいのではないのか?

紙の上のミミズ

学校の授業には、通訳トレーニング・手話通訳士試験対策の一環として、ビデオで話されている手話を読み取って、文章に翻訳するというものがある。
これは実際の手話通訳士試験にもある課題だ。ビデオを見ている最中にメモをとって後で清書するというやり方。

ビデオの手話を見逃すわけにはいかないので、メモを取っているときに手元を見ることができない。

あとで見返すとなんとまあ汚い字。読めない。
まさにミミズがはったような字とはこのことだろう。

自分で書いたものが読めないのでウスーイ記憶に頼ることになってしまう。

字が綺麗な人は本当にうらやましい。

どなたか手元を見ないで綺麗な字を書く方法があったら教えてください。

お椀がない!

学校には母お手製の弁当を持っていっているのだが、
お弁当にもう1品、お味噌汁(とは言ってもインスタントなのだが)
も持ってきている。

が、しかーし、今日は味噌と具だけが入っていて
お椀がなかった。
少しばかり寒い日に限ってこうだ。
これで3回目。

しかしお母様。いつも美味しいお弁当ありがとうございます。
多謝。

狭間

ここは学校がある施設の中庭。

学校では実技授業中はもちろん、廊下や教官室は2年生から日本語は禁止となる。
(すいません、守れていないときもありますが)

まさに日本手話の海にどっぷり浸かれとのことだろう。
学生同士でも話が通じなくてモヤッとすることがある。

日本手話ということは音声がないということなので実に静か。でもあちこちで手話での会話が飛び交うので沈黙の世界では決してない。むしろにぎやか。

昨日は週一回のバレーの日だったのだが、そこには手話もあり、そして音もある世界。
メンバーは以前お話しした日本語対応手話や口話が使われている。

もっとも、私達学生が参加しているから気を使ってくれているのだろう。本当にその心遣いはありがたい。

こちらも彼らにあった手話で話す。同世代の会話、やっぱり楽しい。こちらも負けずににぎやか。

一番大事なのは理論より技術よりコミュニケーションしようとする気持ち。改めてそう感じた。

聞こえない人と話してみたい、一緒に楽しみたい。それはメンバーも同じ。
技術向上、今学校で学んでいることはもちろん大事。この庭はそんな二つの時間の狭間である。


と、技術が足りないウメが言っても説得力がないが…。

わがままその1

雨の日にいつも思うこと。地元ネタですいません。

本川越駅と川越駅(川越市駅)をくっつけてくれー。

というのもこの両駅は微妙に離れていて、歩いて10分くらいかかる。

ホントどうにかならんものかと。

くっつけるのが無理だとしてもせめてアーケードを…。

共感していただける川越市民は少なからずいらっしゃるだろう。

わがままその1でした。

遅咲き

桜だろうか?

学校のある施設の中庭に咲いていてあまりにもキレイだったので撮ってみた。

種類はわからない…。
♪このー木何の木気になる木ー♪


一本の木がせわしないウメの日常を癒してくれました。

たまには

今日は(も)帰りが遅かったのだが、リビングに弟がいたのでいつもとは違って手話で話し掛けてみた。

ニヤニヤする弟、どうやらウメが真面目な話を手話でするのが面白いらしい。

聞こえないこと、ろう、難聴、手話、口話…兄弟でこんな真面目な話をしたのは初めてかも。

弟はニヤニヤしながらもちゃんと答えてくれた。ヤツはヤツなりに色々考えているんだな、と改めて思った。

障害の受容…そんな大きなものを受け止められているんだなと感心した。
たまにはこういう真面目な会話もいいもんだ。胸につかえていたものが一つ落ちた気がする。

ちなみにウメが口話で話すのと手話で話すのどっちがいいと聞いたところ、「口話」と即答。ウメの手話はまだまだらしい。精進せねば。


そんな彼もその数分後にはプロ野球ニュースに夢中。テレビに向かってしゃべっている。


たまにはこんな会話も悪くない。

てんてこまい

専門学校というものはこんなに忙しいものだったのか。
入学して1年たった今そう思う。
専門的な技術を身につけるところならなおさらである。
それを今ウメは実感し始めている。

まだまだこんなものではないのだろうが。
ウメは忙しくなると妙に落ち着きがなくなってウロウロしてしまう。
もうそろそろ堂々としなければいけない年頃なのだが・・・。
今日も教室と教室の間を行ったり来たり。

でもこんな状況を楽しんでいるウメもいるのでした。

2005年4月19日 (火)

実家に感謝

写真が暗くてわかりづらいかもしれませんが、今日のウメの朝食。
これにトースト1枚も食べてます。

実家に出戻って以来、朝からしっかり食事をとる生活です。なんて健康的。

今日は特に豪華、季節のデザート付き…家族に感謝…。ウメは幸せ者です。

あっあともう一つおかずがありました。母の愚痴。

そんな会話ができることにも感謝…。

もっとがんばれgoo

ここ最近夜の10時を過ぎるとgooブログが更新できない状態に陥っている。
昨日はあまりにも更新されていなかったので2回投稿してしまった。

ウメもウメでせっかちだが、gooにはもっと頑張って欲しいものだ。

2005年4月18日 (月)

イントネーションとか

手話にもイントネーションというものがある。イントネーションとは日本語で言えば抑揚とでも言うのだろうか。(違ったりして)

日本語を口で話す時も一本調子で話されるよりも抑揚があったほうが聞きやすい。
とっても良い例なのが小泉首相。
初期の頃と現在とではまるで話し方が変わってしまった。政治に対する姿勢が無くなったわけではないだろう。しかし説得力がてんで違う。
そう思う方は少なからずいらっしゃるのでは?

話を手話に戻して。
手話のイントネーションはどうやってつけるのか?
それを今まさに学んでいるわけだが、手の動きや、表情などで作るようだ。
手の動きで言えば「はり」と「ゆるみ」。
これがないと手話が手話で無くなってしまうようだ。
手話を学ぶウメ達にとってこれはやっかいなもの。
どちらが欠けてもだめなもので、なおかつ話に応じて出さなければならない。
人生には「はり」や「ゆるみ」の時期はいやでも訪れるだろうが、学習者にとっての手話ではそうはいかない。

面白いもので日本語を話すのと手話を話すのとでイントネーションが似ているのだ。
まさになんというか「話す」と言うのは自分を出すということなんだとつくづく感じる。

しかし、通訳は話し手の意図を確実に伝えなければいけないので自分を出してはいけない。
これが「無標」というやつだ。わかりやすくいうと「黒子」…わかりやすくないか。

そこのところが通訳の難しさであり、醍醐味でもあるのかも。
学校の同期を見ていると今そこの壁にぶつかっている人が多いようだ。
手話のイントネーション、そして「はり」、「ゆるみ」、「無標」…。ベルリンの壁のようにいつか崩壊してくれないだろうか。


ウメはどうかって?ぶつかってないつもりで壁が見えてないだけです。

丸文字

ウメの手書きの文を見たことがある方ならお分かりだろうが、ウメはかなりの丸文字である。
右下がりのかなり日本人的ではない字。
小学三年のころからで、はじめてみた人は女性が書いた文字みたいだと言う。
自分でも実は気に入っているところもあるのだが、二十代の男が書くような文字ではないと思う。
さすがにギャル文字とまではいかないが、大人の男になるためには直すべし。
最近ではパソコンやケータイばかりで手書きの文字を書くこともなくなってきてしまった。ふと書くと漢字が……どこへいってしまったのかしら〜。

みなさんにも機会があったら写真でご覧いただいてどこをどう直したらいいかご享受いただきたいものです。

もらってください

大学一年の頃から何気なしに持っているこのカード。

もしウメに何かあってもお役に立てるものは提供したいと思って持ち続けてます。
でも家族には話してません。悪いことしているわけじゃないのに、こういうことって言いにくいものですよね。

もちろんウメだってこの黄色いカードに救われることがあるかもしれません。

今後脳死になったとしても何十年後には助かるかもしれません。
たとえそんな世の中になったとしても、このカードは持っていたいと思います。

駆け込み

駆け込み乗車、あぶないとはわかりつつもみなさんやったことはあるだろう。

特にウチの近くのような中途半端な郊外では、昼間は電車が15分に1本とか20分に1本とかなんてものだ。

次の電車をお待ち下さいと言うのなら本数を増やしてくれーというのは贅沢だろうか。

ここまで書いておきながらウメはあまり駆け込み乗車をしない。
だいたい乗る予定の電車の時間より大幅に早くついてしまい、前の電車がこれまたいいタイミングで来て、あっ走っちゃおうかな〜なんて感じである。
これも同罪か。

都心のように数分おきに来てくれれば走りませんよー。

人間というのは本当にワガママだ。いや、ウメだけか。

そういえばうちの近くの駅ではもうすぐ電車が来るときの放送で「駆け込み乗車はお止め下さい」と言う。
イヤ、アンタ。その時点でホームで待っている人は走りませんからー。

多分啓発の意味も込めているのだろうが謎だ。


教室への駆け込みはしないようにと思ったウメでした。

雨ニモ負ケズ

本日晴れて愛車レッツ君の走行距離が15000kmを突破しました。
とは言っても中古で買ったのでウメとの走行距離は2500kmくらい。

考えてみるとそれでもすごいことだ。東京〜大阪間を2往復はしている。
幸い、前のオーナーさんが大事にしてくれていたのがレッツ君は大きなトラブルもなく、今日も元気に駅までの5.5kmを駆け抜けてくれた。

雨ざらしにも耐え、夏の暑い陽射しにも冬の寒さにも耐え、レッツ君は健気に頑張るのだ。


ウメもレッツ君に負けてられない。

2005年4月17日 (日)

好きな男嫌いな男

先日、女性誌の「anan」で好きな男ナンバーワンが今年も「キムタク」だと発表された。
一方「テレビブロス」の調査で、嫌いな男ナンバーワンが発表された。
(わざわざ嫌いな男を調査してどうするのかとも思うのだが。)そう、今話題の「ホリエモン」だ。
それにしてもホリエモンは32歳にしては老けている。

ウメ個人的にはキムタクはキライ。しゃべり方とか。
ウメ個人的にはホリエモンは好きでもキライでもない。花田勝に似てるなーとしか思わない。

どちらになりたいかといえばホリエモンかな。お金持ちになりたい。
キムタクはかっこいいんだけどなーって感じ。同性に好かれにくいタイプだと思う。
とはいいつつどっちにもなりたくないんだけどね。

ウメはウメ。こんなヤツを好きになるかキライになるか。
それは皆様次第でございます。

浅ーく広ーいもの知り博士

「知らぬが花」ということわざがあるが、
ことに手話通訳の世界においては、知らないことはない方がいいのではないかと思う。
手話通訳が必要とされる場面は今後どんどん増えていく。
通訳者はその場面に応じて通訳を求められる。当たり前といえば当たり前。

でもそのことについて少しでも知っていないと通訳の質はとたんに下がってしまう。
例えば、パソコン講座の通訳をしたとしたら、
パソコン用語は名前と大まかな意味くらいは押さえておかなければいけないだろう。
しかーし、人間というのは限界があります。
全てにおいて知識人になるのは到底無理。

ならどうすればいいのか。
浅ーく広ーく学ぶ、コレにつきる。
言葉だけ聞いたことがあるというだけでも違う。
言うのは簡単だが、浅く広くとは言ったもののなかなか難しい。

通訳者になるって大変そうです。(なんかコレばっかり)

太陽の道

ウメの住んでいる川越の中心街は土日になるとにぎわっている。
その中心となるのがクレアモール。
厳密に言えば2つの商店街に分かれているのだが、ここでは
まとめてご紹介する。ホームページはこちら。
ホームページではライブカメラもあるので是非一度川越を歩く人々の流れを見て頂きたい。
どこかで聞いた話なのだが、地方都市の中では日本で一番人が通る商店街だとかなんとか。
情報があやふやですいません。

今でこそクレアモールという名前が付いているが、
真の川越住民はクレアモールとは言わない。
そう、「サンロード」という。(例:ちょっとサンロードの黒田書店行ってくるわ。)
そしてさらに川越の達人は「新富町商店街」という。
ここには若者だけではなく、年配向けのお店もまだ残っている。
さらに川越駅と本川越駅を結ぶ道なので常に人がいるのだろう。
しかし、夜は残念ながら物騒になることもあるらしい。

我々川越市周辺住民にとって「川越に行く=サンロードにも行く」といっても過言ではないかも。

本来の役割?

ウメのコンポ。パイオニア製。
購入したのはーえーとだいたい3年くらい前。
MP3も聞くことができて、DVDプレーヤーにもなるなかなかのもの。

パイオニア製と言えば以前、CDがなんと同時に25枚入るスペシャルな
コンポを持っていた。当然25枚もCDを持っていないわけで、
レンタルで借りてきたシングルCD(当時8cm)をダーッと入れて、
1曲目だけMDに録音してくれるというすばらしい機能を活用したものだ。
今ももっている人いるのかなあ。

さて、このコンポ、先ほどDVDも見られると書いたが、
実はコレでDVDを見たことがない。
もともと映画のDVDとかをレンタルして見ることはあまりしないのだが、
なんとなく見られた方がいいかなと思って買ってしまった。

今ではラジオ(しかもFMナック5とTBSラジオだけ)と、
たまーにパソコンのスピーカー代わりだけ。
MDなんてここ最近入れたことがない。壊れているわけではないのに。
こういうところがもったいないんだよなー。
ちゃんと活用しないと。

日曜日の午後

いつの間にか意識が失われていた。
とはいっても寝てしまっただけ。
今日もまたお昼ご飯がない・・・。食べそびれる。

仕事をしているならともかく、学生のくせにこんなに寝ていてはいけないはず。
そろそろ宿題をはじめないと・・・。

« 2005年4月10日 - 2005年4月16日 | トップページ | 2005年4月24日 - 2005年4月30日 »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: