2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 自信はあるけど・・・ | トップページ | 秩父夜祭 »

2005年12月 2日 (金)

相棒

卒業研究の相棒であるEさん。とってもきれいなおねえさん。

もともとEさんが進めていた「笑い」の研究にウメが合流させてもらった。本当に感謝しています。

この「笑い」の研究は、ろう者と聞こえる人では人間関係を良くする為にとる笑いの戦略が違うのではなかろうか・・・という疑問から始まったもの。

ゆっくりではあるが2人になったことでじっくり進んでいる。

これから発表に向けてどんどん大変になっていくが、がんばりましょう。

« 自信はあるけど・・・ | トップページ | 秩父夜祭 »

国リハ学生生活」カテゴリの記事

コメント

日本だけですね。
外国の文化まで入れてしまうと研究が・・・。

「Train Gone Sorry」なるほど・・・。
CLなんてなかなか聴者は笑えないですよね。
笑うよりもそれが何であるかを把握するので
精一杯だったりして。

これに他国の文化が入ったら国によって遅れても誤らない、開き直る、よって笑うといったケースもでてきそうですね。日本だけにしぼるのかな?あ、余計なお世話か。

難聴者の場合、分かったふりして聞こえる人と同じと思われたいというケースもありますね。

アメリカのろう文化の一つとしてイデイオムがあります。ことわざのなかに「Train Gone Sorry]といいます。これは何かしゃべってて皆が笑ってたり「え?なになに?」と後で聞きなおしたときに使うことわざで聴文化にはありません。「意味は電車が行っちゃった。ごめんね。」です。
そういわれたら『あ~、悔しい。もう一回言ってよ。」とせがみます。

よく英語の発音のジョークもありますがろう者は笑えませんね。ろう者で笑えて聴者で笑えないのはやっぱりCLでしょうか。目で養われているろう者にすぐ理解できても聴覚に頼って生活し、目に頼る割合がろう者と比較的に低い聴者にとってCLから伝わる面白さの密度が薄いように思いますけど。

姫さん、ありがとうございます。

現在、色々なシュチュエーション、例えば友達との待ち合わせに遅れた時、友達に謝る時に笑うか・・・とか、状況を作ってろう者に手話でインタビューしてます。
それを分析して進めていくつもりですが、なかなか難しそうです。
難聴者の場合は、聴こえたふりをして笑うことで、その場の雰囲気を和ませようとするんでしょうかね。
また、聴者だけが笑っていてろう者は笑えない・・・、またその逆のエピソードも随時募集しています。

当面の目標は今月下旬に控えている一次締め切りです・・・。ああこわ。

卒論すすんでますか?なにか質問があったらいつでも言って下さいね。難聴者が聞こえる人に分かったふりをする「笑い」もテーマのうちに入ってるのかな?

タイムリーなコメントありがとうございます。
こういう場面でも笑い方って違うんですね。

つ笑い方が違うんだ・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自信はあるけど・・・ | トップページ | 秩父夜祭 »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: