2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 離婚続き | トップページ | メリー »

2005年12月23日 (金)

授業終了

世の中の学生たちと同じように、ウメの学校も今日から冬休みに入りました。1月はそれぞれ実習に行く期間なのでクラスのみんなと会わなくなる。2月にはもう卒業研究の追い込み、とあわただしくすぎていきそうな予感がする。

2年間ずっと受けてきた授業スタイル「少人数でのろうの先生の授業」は12月で終わり。若干の補講は残っているものの、終わってしまうとなんだか寂しい感じがする。この2年間で手話の実力は上がったのだろうか。

考えてみれば、手話を全く知らないで入ってきた人もいるわけで、その人に比べるとウメの成長なんてほんのわずかではないかと思ったりもする。それでも自分の中で「何か」はわからないが、確実に成長はしているような気がする。成長の度合いなんて人それぞれ、他人と比べtること自体がナンセンスだと考えた方がいい。

ろうの先生に直接自分の手話について指摘してもらえる機会、これは卒業してしまうとそうやすやすと味わえるものではない。今は字面で書いていてもそのありがたみがわかっていないかもしれないが、卒業してからあの「授業」の大切さがわかるのではないかと思う。

幸いウメは卒業後も手話を使う職場で働けることになった。これからは自分の力で自分を成長させていかなければいけない。指摘してくれる人はそうそういない。ここからがウメの手話人生の始まりー♪と言ってしまってもいいかな。

先生の中でウメはどのようにうつっていたのだろうか。せっかくなら悪いイメージでも記憶に残っていたほうがいい。「あぁ、あんなうるさいやつがいたな。」でもかまわない。23人の中の1人であるよりは。今後就職した後も何かの機会でお会いすることも多いだろう。そのときに「手話うまくなったねー」って言われるよりも、そのようなことを感じさせずにスムーズに話が出来るようになれたらいいな。

« 離婚続き | トップページ | メリー »

国リハ学生生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 離婚続き | トップページ | メリー »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: