2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 金がいいです! | トップページ | 特別な検診 後編 »

2005年10月22日 (土)

特別な検診 前編

週末の金曜日。学校をお休みして都内の病院へ。なぜに都内の病院まで出かけたのかというと、「頸肩腕検診」をしなければいけなかったからだ。手話通訳者の職業病といわれる病気で、今回就職先から頸肩腕検診もしてください、と言われたのではるばる都内の病院まで出かけたというわけなのである。

都内の病院、というと、ウメは白い巨塔のような大病院を想像していたのだが、ついた病院は昭和時代の白い巨塔のようなちょっとレトロな感じが漂う病院だった。(失礼)

まず問診票を記入。頸肩腕の問診表は、手話通訳をしていてつらいことや体の痛みがあるかどうかを聞かれた。いやー、まだ手話通訳をしていないんですが・・・、まあ手話だけの学校生活はつらい・・・なんてことは書かずに記入終了。

最初は通常の入社時検診。尿検査(電車に乗っているときからずっと我慢していた)・聴力検査・心電図検査をこなす。心電図検査の時からドキドキしてしまい、見事に「緊張してます?」とバレてしまった。はい、緊張しています。次に視力検査。そして血圧測定。でましたよ、160が。高い高い。「血圧をはかるといつも緊張してしまうんです」と言うと、備考欄に「緊張」と書いてくれました。

そして血液検査。今回は左手、ちょっと痛かった。先週血を採られたばかりだったのにまたかーと思いながら我慢。

そして特別な検診へとつづくのである・・・。

« 金がいいです! | トップページ | 特別な検診 後編 »

ウメのこと」カテゴリの記事

コメント

こっくりこっくりには気をつけないと。
毎週月曜~金曜はこっくり注意報発令中です。

通訳者によってすんなり入るか入りにくいかもありますぞ。気がついたらこっくりこっくりなんてこともあったりして。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 金がいいです! | トップページ | 特別な検診 後編 »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: