2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 見ないっつーの! | トップページ | 同窓会、どうしようかい »

2005年9月 4日 (日)

脳、あるある

今「発掘!あるある大辞典2」で脳についてやっている。あるある大事典と言えば、紹介されたものがスーパーで売れに売れて大変になるあの健康番組だ。最近では春雨がいいというように放送されたらしく、スーパーから春雨が消えた。

何でも会話というものは脳の6人衆を活性化させるのだそうだ。しかし、会話をしていても脳が働いている人とそうでない人がいるらしい。たとえば「バナナ」についての説明を10秒間で5つ以上言える人は脳が働いている方だ、ということらしい。もちろん、手話通訳をするには会話中にも脳が活性化している人の方がいい。

考えてみれば、手話通訳は脳が働きそうな感じがする。右脳から左脳までフル回転。「衰えたあなたの脳を若返らせることができるんです!」なんて言っている場合ではない。衰えている暇はない。まさに脳の活性化には最適。

母は「女は大丈夫よね。○○さんと何時間も電話で話せるものね。」・・・、それとこれは違うと思うんですけど・・・。

« 見ないっつーの! | トップページ | 同窓会、どうしようかい »

テレビ・ラジオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129387/5785989

この記事へのトラックバック一覧です: 脳、あるある:

« 見ないっつーの! | トップページ | 同窓会、どうしようかい »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: